医療法人宝歯会 かじわら歯科 小児歯科医院 医院HP

福岡県北九州市若松区下原町1-1
院長 : 梶原 浩喜
院長 : 梶原 浩喜
当院では、地域と密着し、それぞれの患者様との出会いを大切にしながら『患者様の身になって』考え、誠実で真心ある歯科医院を目指しています。歯周病予防・虫歯治療・小児歯科をはじめ、インプラント、再生治療はもちろん、訪問歯科診療・障害者歯科診療とすべての方に快適な歯科診療を提供できる様、歩み続けています。

医院情報

住所
808-0005
福岡県北九州市若松区下原町1-1

詳しい地図はこちら
電話番号
093-771-8604
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
093-771-8614
診療時間
平日 9:00〜13:00 / 14:30〜20:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜13:00 / 14:00〜17:00
休診日
年中無休
アクセス
【交通機関でお越しの方】
JR筑豊線 『若松駅』(若松市民会館前)より北九州市営バスにて15分
JR九州線 『戸畑駅』 より北九州市営バスにて25分

【お車でお越しの方】
JR各線・北九州モノレール 『小倉駅』 より若戸大橋若戸トンネル経由20分
JR九州線 『戸畑駅』 より若戸大橋若戸トンネル経由15分
専用駐車場 25台完備

医院サービス

  • 休日診療を行っています
  • 夜間診療を行っています
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースがあります
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームを完備しています
  • 無料相談は行っていません
  • 完全予約制ではありません
  • セカンドオピニオンは受付けていません
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔は行っていません
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)はありません
  • インプラント治療歴10年以上ではありません
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません

クチコミ

医療法人宝歯会 かじわら歯科 小児歯科医院のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

診療案内

インプラント治療の流れ

【STEP 1】 口腔内の撮影、検査・診断、治療計画の立案

口腔内の撮影、検査・診断、治療計画の立案

まずは患者様のお口の中を撮影し、口腔内の検査・診断を行います。そのデータをもとに治療を行うにあたっての治療後の状態も見据えた治療計画を立てていきます。

十分なカウンセリングをもとに、患者様お一人おひとりに合った適切な治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明致します。

【STEP 2】 手術 - 局部麻酔

手術 - 局部麻酔

治療計画が決定したら、手術日を決めて治療を開始します。(今回ご紹介する手術は基本術式の二回法になります)まずはインプラントを埋め入れる箇所に局部麻酔を行います。次に埋めれる箇所の歯茎を必要なだけ切開し、骨を整形していきます。

【STEP 3】 手術 - 顎の骨に穴を開ける

手術 - 顎の骨に穴を開ける

埋め入れる方向を確認したのち、事前に決めた深さまでインプラント専用のドリルにて骨に穴を開けていきます。その後、再度深さと方向を確かめ、事前に決めた太さまで穴を広げます。

【STEP 4】 手術 - インプラント体の埋め入れ

手術 - インプラント体の埋め入れ

滅菌されているインプラント体を先ほど開けた穴に埋め入れます。次にそのインプラント体上部にカバースクリューというネジを取り付けます。その後、歯茎を閉じて縫合します。

(※カバースクリューとはインプラント体を埋め入れたあと、インプラント体の上部に装着するネジになります。ネジで蓋をすることにより、インプラント体の中に歯茎や骨などが入り込むことを防ぎます。)

【STEP 5】 インプラント体と骨の結合待ち

インプラント体と骨の結合待ち

埋め入れたインプラント体と骨が結合するのを待ちます。通常の抜歯と同じように痛み止めの薬をお出ししますが、抜歯に比べて痛みが少ないと感じる患者様も多くいらっしゃいます。

周りに見える前歯などが対象の場合は、仮歯を入れます。およそ 3ヵ月〜4ヵ月ほどの期間をおき、骨と結合するまで待ちます。(インプラントの種類や埋め入れる箇所、方法によっては期間は異なります)

【STEP 6】 手術 - 人工歯の土台の取り付け

手術 - 人工歯の土台の取り付け

インプラント体と骨との結合が確認できたのち、インプラント体に取り付けていたカバースクリューを外し、歯茎の形を整えるための一時的な土台、アバットメントと呼ばれるものを装着します。

こちらを装着後、さらに1〜2週間ほど期間を設け、今度は人工歯を装着するためのアバットメントと交換します。

【STEP 7】 手術 - 人工歯を装着

手術 - 人工歯を装着

一度、仮歯を装着して調整したのち、調整の澄んだ人工歯を装着します。周りからみても天然の歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりにしていきます。

【STEP 8】 メインテナンス

メインテナンス

手術が終わった後は、半年から1年に1回ほど、定期的なメインテナンスを行い、患者様の歯の状況を把握し、インプラントのトラブルが起きないようにします。

インプラント治療症例

当院での基本的な術式

【治療前】

治療前

▲ こちらは矯正治療を併行して行っている患者様の口腔内写真です。
左下の黄色の円の所にインプラントを埋入します。

【治療中】

治療中1

▲ テンプレートを装着した画像です。
テンプレートを装着して埋入位置を確認し、決められた位置に埋入できるようにします。

治療中2

▲ マーキングドリルにて粘膜、そして皮質骨までマーキングをします。
埋入をするためにこの工程がとても重要です。

治療中3

▲ ドリルにて最終的なインプラント体を埋入するホールを作ります。
トライアルガイドという仮のインプラントを使い、最終的に埋入するインプラント体の方向、長さなどを確認します。

治療中4

▲ 当院ではすべての症例にPRPセットを使用した再生療法を取り入れています。
自家血より作製したPRPをインプラント埋入前に注入します。
PRPとは血小板を高濃度に濃縮したもので、インプラント体と骨との結合を早める効果があります。

治療中5

▲ インプラント体を埋入します。マーキングに合わせて埋入し、
レントゲン写真で規定の箇所に埋入されたかを確認します。
最後の締めは手でしっかりと行います。

治療中6

▲ インプラント体の上部をはずし、カバーキャップを装着します。
再度カバーキャップの状態をレントゲンにて確認します。

治療中7

▲ 先程の自家血より作製したPRPの残りの部分はPPPとして使用します。PPPメンブレンを挿入し、縫合を行います。
その後PPPジェルを注入します。PPPは粘膜の早期の治癒に大きな力を発揮します。

治療中8

▲ 黄色の円の箇所にインプラントを埋入しました。左がインプラント体を埋入した時点のレントゲン画像、
右がインプラント体に陶製の被せ物を装着した後のレントゲン画像です。

【治療後】

治療後

▲ 被せ物を装着した後の口腔内写真です。矯正治療も終了しています。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

【当院でよくある症例】 インプラントとマグネットコーヌス義歯を併用した症例

【治療前】

治療前

▲ 早期の治療終了と審美性を両立させるために、インプラントとマグネット義歯を併用した当院でよく行う症例です。
こちらは治療前の口腔内写真です。

【治療後】

治療後

▲ 下顎はインプラントを使用しますが、歯周病がかなり進行した方の場合などは
上顎にマグネットコーヌス義歯を装着することにより、審美性を損なうことなく治療がスムーズに行えます。
この症例では下顎にインプラントを6本埋入しています。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

スタッフ紹介

院長 : 梶原 浩喜

院長 : 梶原 浩喜

患者様へのメッセージ

インプラント治療をはじめて15年になります。はじめたころに比べ、インプラント治療に関する機器・材料の周辺環境は著しく発展しています。しかしながら、インプラント治療において大事なことは決まったことを決まった通りに当たり前のように徹底して行うことであると認識しています。CTなどの周辺機器を精密に使いこなし、安心安全な治療を行っていく所存でございます。

さらに当院では治療前の患者様に対するご説明、また治療後のお付き合いを大事にしております。なぜならインプラント治療期間よりも治療後のお付き合いの方が長いためです。何かご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

経歴

1988年
鹿児島大学 卒業
1992年
医療法人宝歯会 かじわら歯科医院 設立

所属学会・資格

  • 歯学博士
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 会員
  • 厚生労働省 臨床研修指導医
  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 会員
  • 特定非営利活動法人 日本臨床歯周病学会 ペリオインプラント認定医
  • 特定非営利活動法人 日本顎咬合学会 認定医
  • 日本大学松戸歯学部 生化学・分子生物学講座 研究員

メディア掲載

  • 『インプラントYEAR BOOK 2008』(Quintessence別冊)
  • 『Quintessence DENTAL Implantology 2013年 NO.1』

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!