医療法人親和会 ヒサドメ歯科 医院HP

鹿児島県霧島市国分野口東1159
理事長 : 久留 克彦
理事長 : 久留 克彦
鹿児島県霧島市の歯科医院、ヒサドメ歯科では患者様のお口に関わるすべてのお悩みにお応えするとともに治療方法を詳しく説明し、「美しく、健康的な歯をいつまでも」を目指して治療を行っております。生涯にわたる健康をサポートするため、1歯単位でなく、1口腔単位で総合的な治療をご提供致します。
相談室ボランティアドクター
ガイドデントのインプラント10年保証対応医院

医院情報

住所
899-4341
鹿児島県霧島市国分野口東1159

詳しい地図はこちら
電話番号
0995-46-8866
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
診療時間
平日 9:00〜13:00 / 14:30〜19:30
日・祝日 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
学会・研修会などでやむを得ず休診となる場合もございますので、ご確認の上ご予約お願い致します。
休診日
お問い合わせください
アクセス
JR日豊本線 『国分駅』 から徒歩15分
■車をご利用の方
県道472号線沿いのBooksリリーズとなり「吉野家」の裏です。(駐車場有り:28台収容)
■バスをご利用の方
Cityバスをご利用の方は、松木北バス停でお降りいただきますと便利です。松木バス停より医院まで徒歩5分です。
鹿児島交通バスをご利用の方は、ソニー国分前バス停でお降りいただきますと便利です。ソニー国分前バス停から医院まで徒歩にて7〜8分となります。

医院サービス

  • 休日診療を行っています
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープを完備しています
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページがあります
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応しています
医院体制
セカンドオピニオン / 無料カウンセリング / 予約制 / 治療計画書
お支払い
クレジットカード取り扱い / 分割払い

クチコミ

医療法人親和会 ヒサドメ歯科のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

医療法人親和会 ヒサドメ歯科の治療設備・環境

手術環境
マイクロスコープ / レーザー治療器 / 生体情報モニタ / 診療モニタ / ホワイトニング機器
検査環境
デジタルレントゲン / CT / 3DCAD/CAM
滅菌機器
オートクレーブ / ディスポーザブル

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

笑う・話す・食べる ライフスタイルは口元の健康から

歯科医療の進歩により、以前は入れ歯やブリッジで補っていた歯(永久歯)をインプラント治療にて、機能及び審美を回復できるようになりました。生き生きとした表情や笑顔を取り戻し、健やかなライフスタイルをご提案致します。

インプラント治療の大きな特徴は、自分の歯と同じように機能回復できるということです。入れ歯のガタつきや違和感、ほかの歯を削って治療を行うブリッジなど、ほかの歯への負担を軽減させることができます。当院では、以下のコンセプトのもとにインプラント治療をご提供しております。

  • 歯を失うリスクを最小限に考える治療に取り組んでおります
  • 1歯単位ではなく、1口腔単位で適切な治療法をご提案致します
  • 噛む機能だけでなく、笑顔や美しさ、健康を取り戻すことができます

より良いインプラント治療をご提供するために

インプラント治療にもいろいろな治療法があります。治療法にもその時代によって潮流があり、それは国内にとどまらず国際的にも刻々と変化しています。当院の患者様には、常に新しい治療をご提供していきたいと考えています。可能な限り多くの国内外の学会、研修会に参加し、世界レベルの治療をご提供していくために、時間と費用をかけて学び続けることは歯科医師として当然の責任だと思います。

快適な治療を受けていただくために

生体情報モニタ

生体情報モニタ

手術中は、生体情報モニターを使用し、脈拍・血圧・呼吸・酸素飽和度などの全身状態を厳重に監視しながら薬の量の調整・管理を行います。

生体情報モニタの導入により、高血圧や心臓疾患を始め、全身疾患をお持ちでインプラント治療に不安を抱かれている患者様にも、これまで以上に快適な治療を受けていただくことができるようになりました。

手術の管理

手術の管理

手術に使用する機器はすべて滅菌済みのものを使います。滅菌されたパックに入っているものを患者様ごとに使用します。機器だけでなく、治療箇所に触れる可能性のあるものはすべて滅菌されたものを利用しています。

また、執刀医が手を洗うブラシや白衣もすべて滅菌してあるものを使います。患者様に見えない部分でも細心の注意を払っています。

執刀医は特別な決まった順番・方法で手を洗い、白衣・手袋を着けていきます。

執刀医の外に出ている部分、すなわち患者様に触れる部分は滅菌されていなければならないからです。
執刀医は慎重に白衣を受け取り、外側に来る部分に触れないように袖を通し、助手に着せてもらいます。執刀医が菌に触れることを防ぐため、助手に着せてもらいます。
手術の管理

手術には執刀医・オペナース・助手1〜2名があたります。この時、執刀医とオペナースは清潔、助手は不潔と呼ばれます。決して助手が汚いというわけではありません。執刀医とオペナースが無菌状態なのに対し助手は細菌のある場所に触れたりするためです。
たとえば、滅菌済みのパックの外側には細菌がついているため、執刀医やオペナースは開けられません。助手がパックの中身に触れないように開け、無菌状態の中身を執刀医やオペナースに渡すのです。勿論、不潔である助手は患部に触れる可能性のある機器には一切触れることは許されません。
当院の衛生管理へのこだわりは数えあげればキリがありません。しかし、私達はこれが当然であり必要なコトだと考えています。すべては手術の成功のためです。こうした衛生面の管理は執刀医だけでなく、優秀なサポートスタッフによって成り立っています。

専用オペルーム

専用オペルーム

当院では、インプラント治療のための専用オペ室を設けています。
完全個室で、ゆとりのあるスムーズなオペが行える設計がされており、クリーンな環境が保たれています。
オペ室には、大型液晶モニタが2台設置されていて、手術中でもレントゲン写真とCTスキャンデータを確認しながらオペを行うことができます。

インプラント治療後のメインテナンス

インプラント治療後のメインテナンス

どうして定期健診を受けなければならないのか?

天然歯を失った結果として、インプラントを使用した機能回復治療が必要になりました。治療が終了しても口腔内には、天然歯を喪失させた原因が潜在的に残っています。
さらに、その原因はインプラントへも影響を与えます。具体的には、歯周病原性菌によるインプラント周囲炎、過大な力による骨吸収、そして、天然歯の変化、喪失に伴う力学的バランスの不調和と、口腔内は治療後も荒波にさらされています。

歯科疾患は慢性疾患タイプの病態を示すといわれてきましたが、まさに治療終了時には、患者様にとっても、長いマラソンのスタートに立ったにすぎないわけです。
患者様の年齢が若く、う蝕で歯を喪失した口腔内にインプラント補綴を行うような非常にリスクの小さい場合と、過大な力と歯周病が絡んで多数歯を喪失した50歳代のリスクの大きな患者様を比較すると、予後には当然大きな差があります。自己管理と歯科医院で定期的に変化を見つけ対応をすることを両輪として機能させないと、長期的な安定は望めないのです。

患者様は何に気をつければよいのか?

治療後に起きる大きな変化として以下の問題があります。それゆえ、セルフケア(クリーニング、ナイトガードの装着など)と、プロフェショナルケアや噛み合わせのチェックなどを目的とするメインテナンスが、良好な経過のためには必須です。

  • 感染によるインプラント周囲炎
  • 過大な力による骨結合の喪失、骨吸収・破損

こんな症状が出た場合には、すぐ連絡を

インプラントの場合、天然歯とは異なり、明らかな痛みや腫れなどは、末期になるまで感じられません。噛み合わせの微妙な変化などによる影響を放置すると、再手術となってしまうこともあります。以下のような変化を感じたら、すぐに担当医と連絡をとってください。

  • 噛むとインプラントがカタカタいう感じがする
  • ブラッシング時に歯肉に痛みを感じる
  • 顔を洗う時などに、インプラント部を押さえると痛みがある
  • しみる感じがする

医療法人親和会 ヒサドメ歯科の治療サービス

手術の種類
骨造成治療
手術環境
3D CADCAMを利用した治療
使用インプラントメーカー
ブレーンベース / アストラテック / ストローマン / 京セラ / Zimmer / Innova
その他のサービス
歯周病治療 / インプラント再治療相談

費用

インプラント治療費用について

インプラント治療は自費治療(保険適用外)になるため、どうしても費用が高額になってしまいます。そのため治療を敬遠してしまう方が多いのは事実です。しかし、本物の歯のような噛み心地や自然な見た目が手に入るインプラント治療は保険治療では行えません。インプラント治療に費用がかかるのは、美しく噛み心地に優れた歯を手に入れるためのものだとお考えください。当院では費用について患者様にご納得いただいてから治療に取りかかれるよう、十分なご説明を行っています。

費用に関するご説明

インプラント治療にかかる金額は、患者様のお口の状態や埋め入れるインプラントの本数によって変わります。
当院では何よりもまず患者様自身にご納得いただくために、患者様のお口の状態や治療法や料金の内訳について詳しくご説明しています。どんな理由でどんな治療を行い、何にいくらかかるのかをすべて丁寧にお伝えしますので、気になることはお気軽にご質問ください。治療を行うのは、しっかりとご納得いただいた後です。

保証制度について

当院では、インプラントの外科手術が行われた後に当該インプラントが破損した場合、インプラント体を含む再手術、及び上部構造の修復に要した費用を保証致します。

上記保証の内容につきましては、当院の定期検診、メインテナンス管理中である必要があります。また、重大な不注意や事故、外傷などによる破損などは、有料治療とさせていただくこととなります。詳しい内容は当院へご確認ください。

スタッフ紹介

医療法人親和会 ヒサドメ歯科

理事長 : 久留 克彦

理事長 : 久留 克彦

患者様へのメッセージ

社会の役に立つ仕事がしたいと思い歯科医師になり、東京歯科大学卒業後20年以上がたちました。日々来院される患者様にとって、常により良い歯科医療を求めて当院では医療技術の向上と医療機器の充実に努めております。

Esthetics(審美性)−Function(機能)、Structure(構造力学)−Biology(生物学的恒常性)を満たし、Predictability(予測可能)で、Longevity(永続性)のある治療を目指し、日々の臨床に取り組んでいます。

歯科医療技術とホスピタリティーを大切にして、複数の歯科医師のチームアプローチにより、ご納得いただける歯科医療や予防治療を目指しております。

学会、研修会、歯科医師会、社会奉仕活動も多忙で、ほとんど休みがない状態ですが、たまの休日は読書、サーフィン、ドライブなどを楽しんでいます。

略歴

  • 東京歯科大学 卒業
  • 千葉県の歯科医院にて勤務医・分院長を経て、1992年 医療法人親和会 ヒサドメ歯科を開院

所属学会・資格

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会
  • 特定非営利活動法人 日本顎咬合学会

>>詳しい内容はこちら

副院長・歯科医師 : 阿部 隼人

副院長・歯科医師 : 阿部 隼人

患者様へのメッセージ

話すこと、食べること、笑うこと、口元に関するお悩みは日々の楽しみを多く奪ってしまいます。それらを回復するために努力していくのが歯科医師の務めであると考えています。

「人と契らば濃く契れ」を信条に、患者様のお話を真摯に受け止め、楽しい毎日を取り戻すお手伝いができるように診療を行っています。どんな些細なお悩みでも遠慮なくご相談ください。

略歴

  • 鹿児島大学歯学部 卒業
  • 鹿児島大学附属病院にて1年間勤務
  • 2009年から医療法人親和会 ヒサドメ歯科に勤務

>>詳しい内容はこちら

副院長・歯科医師 : 谷口 憲司

副院長・歯科医師 : 谷口 憲司

患者様へのメッセージ

小さい頃から「何か人の役に立てる職業に就きたい」と考えていました。どんな小さなお口の悩みでも気軽にご相談いただければと思います。皆様に安心して診療を受けていただくために、丁寧な説明と治療を心掛け、一人一人のお口の中から全身を健康に維持していくため、最善の治療をご提供させていただきます。

略歴

  • 鹿児島大学歯学部 卒業
  • 鹿児島大学付属病院にて1年間勤務
  • 鹿児島大学大学院(口腔外科)に2010年12月まで在籍
  • 2011年1月から医療法人親和会 ヒサドメ歯科に勤務

>>詳しい内容はこちら

副院長代理・歯科医師 : 藤本 奈名枝

副院長代理・歯科医師 : 藤本 奈名枝

患者様へのメッセージ

お口の中は、実は体内で最も細菌の多い部位です。ですから、痛みや不快感を一部分に限局して感じる場合でも、その原因や治療計画を考える際には、お口の中を一単位として総合的にとらえることが大切です。私たちは、患者さまお一人お一人の健康の回復・維持そして増進のお手伝いをして参ります。また小さいお子様や歯科治療に対して恐怖心を強くお持ちの方でも、気兼ねなく心配事や相談を打ち明けられ、安心して通院できる環境作りも心がけております。

略歴

  • 鹿児島大学歯学部 卒業
  • 鹿児島大学附属病院にて1年間勤務
  • 2006年から医療法人親和会 ヒサドメ歯科に勤務

>>詳しい内容はこちら

歯科医師 : 權 相豪

歯科医師 : 權 相豪

患者様へのメッセージ

お口の健康はすべての健康の源です。患者様がさらによく噛め、話せ、そして思い切り笑える、そんな口元を目指してみなさんの健康づくりのサポートをさせていただきます。鹿児島大学附属病院大学院 矯正科博士課程に在学しているので、歯並びについてのお悩みもお気軽にご相談ください。治療中は少しでも落ち着いて治療を受けていただけるようにコミュニケーションを大切に、やさしく丁寧を心掛けて治療致します。

略歴

  • 鹿児島大学歯学部 卒業
  • 鹿児島大学附属病院大学院 博士課程在学中

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!