米須歯科医院 医院HP

沖縄県沖縄市松本4-18-2
米須歯科医院
院長 : 米須 敦子
院長 : 米須 敦子
◆2006年 琉球大学医学部/医学博士
当院では、トータルトリートメント(総合的な治療)をコンセプトに診療を行なっております。患者様のQOL(Quality Of Life=生活の質。当院では、よく笑い・よく話し・よく噛めることと位置づけております)を高めるためのトータルサポートを、スタッフが患者様と一丸となり行なっていきたいと考えております。
  • クチコミ はっきり言って、他の歯医者へは行く気がしない。いつも最新… >>>クチコミ一覧
住所 904-2151
沖縄県沖縄市松本4-18-2

地図 地図を見る
電話番号 098-939-6123
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 098-939-6123
診療時間 月・火・水・金曜 9:00〜12:00 / 14:30〜18:00
木・土曜 9:00〜12:00
休診日 日曜・祝日
アクセス 琉球バス交通「美里高校入り口」 バス停留所より、徒歩3分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
米須歯科医院のアクセス
米須歯科医院の院内紹介

当院ではエントランスにスリッパをご用意いたしております。ご来院いただきましたら、お履物からスリッパへ履き替えてお上がりください。


当院にお越しいただきましたら、まずは受付にお声掛けください。スタッフが笑顔で患者様をお迎えさせていただいております。


受付がお済みになりましたら、待合室でお待ちください。診療のご準備が整いましたらお声掛けさせていただきますので、各種雑誌やテレビをご覧になってお過ごしください。


診療室ではドクターや衛生士が患者様のお口のご健康をお守りするために、治療にあたらせていただきます。治療に際してご不明な点がございましたら、お気兼ねなくご質問ください。

米須歯科医院の診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、自分の天然の歯のように強い力で噛めるようになります。見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

インプラント治療を行なうにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てる必要があります。
十分なカウンセリングをもとに、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明いたします。

STEP2 人工歯根を埋め込む

歯の根の代わりとなる人工歯根(「フィクスチャー」とも言います)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。
埋め込むのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行ないます。

STEP3 人工歯根が骨と結合するのを待つ (3ヶ月〜6ヶ月)

埋め込んだ人工歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
患者様によって個人差はありますが、およそ3ヶ月〜6ヶ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて人工歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行ないます。
人工歯根がしっかり結合したことが確認されたら、調整の済んだ上部構造を取り付けます。

STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行なっていきます。

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の天然歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

マグネットデンチャーによる入れ歯治療

患者様ご自身の残っている歯と入れ歯に磁石を埋め込み、その磁石の力によって入れ歯を固定します。

歯根が少しでも残っていれば、歯根の中に土台となる金属を装着します。また、入れ歯の中にも磁石を装着して、磁力により入れ歯として機能させます。

特に、患者様ご自身の歯で残っている歯が少ない場合には、金具で入れ歯を固定すると支えている歯に負担がかかり、すぐに総入れ歯になってしまう可能性があります。そのような場合は、磁石を使った入れ歯である「マグネットデンチャー」であれば、残っている歯の負担も軽く、強度も上がります。

取り外しの入れ歯でも、より安定した入れ歯をお考えの患者様は、ぜひご相談ください。

アキシオグラフ検査による噛み合わせ治療

アキシオグラフ検査とは、コンピュータ解析によって、顎の動きや噛み合わせを検査するシステムです。測定した顎の動きをコンピューター上で再現し、治療方針の決定に役立てます。

噛み合わせは、口腔環境や全身にさまざまな影響を与えています。 この噛み合わせというものは、顎の運動と密接な関係にあり、上下の歯と顎関節、筋肉が複雑に作用し合っています。長い年月をかけて慢性化された悪い噛み合わせは、治療も大変です。

私どもスタッフは、生涯を通してお付き合いができ、より長く患者様の口腔環境をメインテナンスできる医院でありたいと思っております。

ページの先頭へ戻る

米須歯科医院のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 米須 敦子

  • 2006年 琉球大学医学部/医学博士

◆当院のコンセプト
当院では、トータルトリートメント(総合的な治療)をコンセプトに掲げ、診療を行なっております。

顎の関節を考慮した頭頸部【とうけいぶ】(首から上のすべてのこと)の筋バランス(姿勢)の良い噛み合わせを、生涯を通じたお付き合いの中で行なわせていただければと思っております。

そうすることで、患者様のQOL(Quality Of Life=生活の質。当院では、よく笑い・よく話し・よく噛めることと位置づけております)を高めるためのトータルサポートを、スタッフが患者様と一丸となり行なっていきたいと考えております。

院長経歴
1987年 明海大学歯学部 卒業
1991年 米須歯科医院 開院
2006年 琉球大学医学部にて博士号取得

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!