尾澤歯科医院 高輪診療所 医院HP

東京都港区高輪3-23-14 シャトー高輪205
院長 : 尾澤 文貞
院長 : 尾澤 文貞
当院では今から30年以上前、昭和51年より「インプラント(人工歯根)」の技術を取り入れ、噛み合わせ全体を改善する治療を行ってきました。健康で長生きするには、先ず歯の噛み合わせを治してから正しい食生活、運動療法を行うことが大切です。健康が気になる方は一度当院で噛み合わせの検査をしてみませんか?
住所 108-0074
東京都港区高輪3-23-14 シャトー高輪205

地図 地図を見る
電話番号 03-3443-3076
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 03-3441-2608
診療時間 平日 9:30〜13:00 / 14:00〜18:30
土曜 9:30〜13:00 / 14:00〜17:30
休診日 金曜・日曜
アクセス JR各線品川駅 京急本線品川駅
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
尾澤歯科医院 高輪診療所のアクセス
尾澤歯科医院 高輪診療所のアクセスマップ
尾澤歯科医院 高輪診療所の院内紹介

当院は、JR各線品川駅・京急本線品川駅より徒歩3分の所にございます。噛み合わせと全身の健康を考慮した歯科治療を心掛けております。


ご来院されましたら、まずは受付にお越しください。当院スタッフが明るくお出迎えいたします。分からないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。


受付が済みましたら診療のお時間までこちらの待合室でお過ごしください。患者様のリラクゼーションを考え、一人掛けの椅子をご用意しております。


当院の診療室です。インプラント治療に対応するため、手術灯・医療用レーザーなど充実した設備を導入しております。インプラント治療に加え、全身を考えた噛み合わせ治療を行うことで身体のバランスを改善いたします。


当院では、放射線量が従来のものに比べて1/4〜1/10で済むデジタルレントゲン装置を導入しております。これにより、患者様のお身体への負担も軽減することができます。安全な治療をお受けください。


レーザーは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の殺菌や、外科手術用のメスとして多岐にわたり利用されております
通常のメスでの切開では、出血が多く縫合しなければなりませんでしたが、レーザーは切開と同時に止血、殺菌もしますので傷が早期に回復し、鎮痛・消炎にも効果があるといえます


・経絡・臓器機能測定器(AMI)
AMIは手足の指先などに電極をあて現在の健康状態だけではなく、体質や将来どのような疾病になりやすいかなども知ることができます。「気」の流れを測定することにより、歯の噛み合わせと全身の状態も分かります。原因不明の不定愁訴(明確な原因がないのに身体の不調を訴えること)や自律神経失調症でお悩みの方にも利用されるシステムです。



・アルファトロン
人間の正常な脳波や細胞には微弱な低周波磁気が存在しており、この磁気が人体の健康維持に欠かせない働きをしていることは欧米各国の大学の研究によっても実証されています。従って、この磁気と同じ周波数の磁気を出す医療機器「アルファトロン」の威力は大きく、生体の免疫機能を向上させ術後の回復を促進させます。


・量子共鳴分析器(QRS)
生体にもともとある自然治癒力を引き出すことを目的に、髪の毛一本から健康状態を測定することができます。その測定した値を良質の水に転写し、その水を飲むことで自然治癒力を活性化させることができます。

・デジタルレントゲン
当院では、口腔内のレントゲン画像をデジタル化し、その画像をレントゲン室脇に設けたパソコンで患者様にも見ていただけるようになっております。その技術と経験を活用し、デジタルレントゲンシステムを導入し患者様への症状の説明を始めとした治療行為に役立てております。

尾澤歯科医院 高輪診療所の診療案内
インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付けて噛み合わせを回復する治療法です。
埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。取り付ける人工の歯も、患者様に合わせて一本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットと従来の治療のデメリット

インプラントのメリット
・入れ歯のように外れない。
・外れないため話しやすい。
・天然歯との違和感がほとんどない。
・天然歯と同じようにしっかりと噛むことができる。
・しっかりと噛めることにより、正しい噛み合わせが保てる。
・入れ歯やブリッジのように、他の歯に負担が掛からない。
従来の治療のデメリット
義歯(入れ歯)
・歯を失った場所は次第に骨吸収が起こる。その上、入れ歯に均等な力が伝わらないとさらに骨吸収が進み、あごの骨がやせてくる。
・入れ歯を引っ掛ける健康な歯に過大な力が掛かり、健康な歯の寿命を縮めてしまう。
・しっかりと噛めないので、味覚に影響が出る。
・入れ歯が動くことにより、発音に影響が出る。
ブリッジ
・治療の際に両側の歯を削る必要がある。
・土台となっている両側の歯に過度の負荷が掛かるため、その歯の寿命を縮めてしまう。

インプラント治療と噛み合わせ治療を行った症例
欠損部にインプラントを植立し、噛み合わせ治療を行い、長期にわたり健康を持続されている患者様の症例です。

治療前 パノラマレントゲン画像

治療後 パノラマレントゲン画像

治療前 上顎には義歯しか入らない
と言われていた

治療後 上顎の臼歯部に骨を増殖し、
インプラントを植立

治療前 下顎

治療後 下顎

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。


尾澤歯科医院 高輪診療所のスタッフ紹介

院長紹介

噛み合わせを考慮した全身的医療のご提供


院長:尾澤 文貞

歯の噛み合わせが健康に大きな影響があることはご存知でしょうか? 例えば、突然やってくる脳障害、高血圧、低血圧、腰痛、自律神経失調症、強い鬱症状、不眠症など。その原因が分らないことも多いのですが、歯の噛み合わせが大きく影響している場合もあるのです。
一般の医療はこれらの症状を根本的に治すのではなく、ただ、症状を軽くするための薬に頼っているだけのケースも多いのです。この医療法によりますと改善されるのは1割、中には悪化するものもあると言われ、改善されないのは8割あると言われています。この医療法だと薬漬け、検査漬けになるので、その人の自然治癒力を下げてしまうのです。ですから、人間の元々ある自然治癒力を引き出す治療、その中で歯の噛み合わせを考えたインプラント治療は非常に大切なのです。
では、どのような噛み合わせが健康に影響するのでしょうか? 一番目に、「噛み合わせが左右どちらかにずれている人」。2番目に「前の歯が強く当たって奥の歯で強く噛めない人」。3番目に「奥の歯がない人」。4番目に「噛み合わせが低すぎるまたは高すぎる人」。最後に「左右どちらかがなくて入れ歯が入っている人」。以上5項目のうち一つでも当てはまるものがあれば、噛み合わせと全身を考えた当院のような歯医者さんに来ていただきたいと思っております。

経歴

1955年 東京医科歯科大学卒業
1994年 南カリフォルニア大学院にてPh.D学位取得

所属学会など

日本歯科東洋医学会 顧問
日本全身咬合学会 副理事長

>> 詳しい内容はこちら


この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!