のかりや歯科 医院HP

東京都墨田区東向島2-47-13
院長 : 野苅家 清
院長 : 野苅家 清
当院では、患者様とのコミュニケーションを大切に考えております。診療においても十分な説明を行い、ご納得いただいた上で治療を進めて参ります。お子様から、年配の方までお気軽にお越しいただける、地域に密着した皆さまのホームドクターとして日々診療しております。
住所 131-0032
東京都墨田区東向島2-47-13

地図 地図を見る
電話番号 03-3610-6374
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 03-3610-6374
診療時間 9:30〜13:00 / 14:30〜19:00
休診日 日曜・祝日
アクセス 東武伊勢崎線曳舟駅 東武亀戸線曳舟駅 徒歩1分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
のかりや歯科のアクセス
のかりや歯科の院内紹介

東武伊勢崎線・亀戸線 曳舟駅より徒歩3分のところにございます。黄色いビルが目印です。
エレベーターがございますので車椅子の方も気兼ねなくご来院いただけます。


ご来院されましたら、まずは受付へお越しください。受付スタッフが丁寧にご対応いたします。当医院では患者様のニーズに合わせてさまざまな治療を行っております。分からないことなどございましたら、受付スタッフまでお気軽にお尋ねください。


アロマの香りが漂う落ち着いた雰囲気の待合室です。診療時間までごゆっくりとお待ちください。


大きな窓に面した明るい診療室です。それぞれの診療スペースを十分確保しておりますので圧迫感なく診療をお受けいただけます。それぞれの診療ユニットの間には大きなパーテーションを設けておりますので、プライバシー面にも配慮されております。


当院の個室診療室です。患者様にご納得いただける安全なインプラント治療を行うため充実した医療機器を備えております。


当院では一般的なX線撮影装置に比べて放射線量が少ないデジタルレントゲンを採用しております。放射線量を減らすことで、患者様に対しての負担を軽減することができます。撮影したレントゲンは各ユニットごとにデジタル画像にてご説明いたします。


生体情報モニター(上)
術中の患者様のお身体の状態を安全・細やかに把握するための「生体情報モニター」を導入しております。血圧、脈拍、酸素飽和度などを監視します。

レーザー(下)
当院では患者様それぞれの症例に合わせて炭酸ガスレーザー・YAGレーザーなど4種類のレーザーを使い分けております。

3Dシミュレーションソフト
CTで撮影した3D画像を基にインプラント手術の術前シミュレーションを行います。患者様へのご説明も、画面上で分かりやすく行うことが可能です。

オステル
音叉の原理でインプラントの共振周波数を分析することで、より詳細なデータとしてインプラントの骨に対する固定度を測定する装置です。インプラント埋め入れ初期の状態からその後の状態の経過まで把握することができ、より長いインプラントの安定が見込めます。

のかりや歯科の診療案内

インプラント治療と従来の治療法

インプラント

インプラント治療は失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付け、噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためガタついたりせず、自分の天然の歯のように強い力で噛めるようになります。見た目も天然の歯に近くなります。

メリット
固定式なので違和感が少ない
見た目の上で自分の歯と同じ様に見える
他の歯を削る必要がない
デメリット
外科手術が必要
構造上、清掃が困難になる場合がある
保険外の治療である

入れ歯

入れ歯は、人工の歯と一緒に人工の歯茎の部分も作ってあります。材料は現在様々で、形も値段もかなり幅があります。部分入れ歯などの場合は、前後に揺れることが無いよう左右の自分の歯に金具を取り付けて固定します。

メリット
歯がたくさん無くなった場合にも対応できる
健康な歯を削る必要がない
保険治療を行う事ができる
(保険外の入れ歯もあります)
デメリット
取り外して手入れをする必要がある
異物感がある
固い物が咬みにくい
発音がうまく出来ない場合がある
あごの骨がやせる場合がある

ブリッジ

ブリッジとは、つまり歯に橋を架けるのです。
これは歯が無い部分が1〜2本程度の時に主に使われるます。
歯が無い部分の左右に橋を架けるイメージで、たとえば歯がぬけた部分が一本の場合に、3つくっついた歯の様なものを用意します。(この時は歯の根っこの部分がないものです)そして、ぬけた左右の自分の歯を凹凸の組み合わせの凸の様に削り、同様に凹の形に3つくっついた歯の両脇の裏側を削り、それぞれをくっつけるのです。それにより、歯が無い部分をあるようにみせる治療です。

メリット
固定式なので、違和感が少ない
天然の歯と同じ様に自然な仕上がりになる
保険でも治療を行う事ができる
デメリット
歯を削らなければならない
支えになる歯への負担が大きい
のかりや歯科のスタッフ紹介

院長紹介


院長:野苅家 清

当院では、患者様の気持ちを第一に考え診療を進めておりますので「歯医者が初めて!」というお子様でも気兼ねなくご来院いただけます。患者様の意向を尊重し、納得していただける説明を心掛けております。

治療後の歯で生まれる新しいライフスタイルは大きく人生をも変えることでしょう。皆様が笑顔で生活できるようになることが私達スタッフの喜びです。どんな些細なお悩みでもお気軽にご相談ください。


所属学会
  • 日本歯周病学会会員
  • 日本小児歯科学会会員

>> 詳しい内容はこちら


この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!