北大阪インプラントセンター まつもと歯科 医院HP

大阪府吹田市山田東2-1-1
※梅田・なんば・豊中・神戸に医院があります。
総院長 : 松本 正洋
総院長 : 松本 正洋
「患者様に貢献できなければ我々の存在価値はない。歯科治療を通じ、患者様の人生を幸せにすること。」を理念に掲げ、インプラント治療を中心とした歯科医療サービスをご提供しております。グループ医院のドクター全員で患者様の症例を議論し、知識・技術を結集した治療計画をご提案しております。インプラント治療を分かりやすく解説した動画もございますので、ぜひご覧ください。
相談室ボランティアドクター
インプラント情報 22,000本以上(1989年〜2016年7月末現在)

医院情報

住所
565-0821
大阪府吹田市山田東2-1-1
※梅田・なんば・豊中・神戸に医院があります。

詳しい地図はこちら
電話番号
0120-933-821(フリーダイヤル)
0120-505-589(相談専用ダイヤル)
06-6878-4500

※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
診療時間
月〜土曜 9:00〜13:00 / 14:00〜20:00
【治療に関する電話相談時間】
月〜日曜 9:00〜20:00
休診日
日曜・祝日
アクセス
【電車】阪急千里線 『山田駅』、地下鉄御堂筋線 『千里中央駅』、JR東海道線(京都線) 『岸辺駅』
【お車】桃山台、吹田インター
駐車場完備

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造ではありません
  • キッズスペースがあります
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応は行っておりません
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションはありません
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制ではありません
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)はありません
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
お子様のお預かり対応 / エレベーター / 無料カウンセリング
お支払い
クレジットカード取り扱い / 分割払い

クチコミ

2015.03.07
抜歯をしましたが、まず麻酔が全く痛くなくてビックリしました。その後の腫れも全くあ…
2014.11.13
総院長のM先生に手術していただきました。左下の奥歯で骨もしっかりしていると説明を…
2013.11.29
地域で古くからある医院で家族でお世話になっています。ブリッジがぐらぐらし出したこ…

クチコミを読む

アクセス

院内紹介

北大阪インプラントセンター まつもと歯科の治療設備・環境

手術環境
レーザー治療器 / 麻酔器 / 生体情報モニタ / ホワイトニング機器 / インプラントモーター
検査環境
虫歯検査器 / CT / 口腔内CCDカメラ
滅菌機器
スリッパ滅菌ディスペンサー / オートクレーブ / ディスポーザブル

診療案内

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントとは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込むテクニックです。数年前までは、難しいテクニックとされてきましたが、当クリニックでは多くの手術を行っており、信頼できる技術をご提供しております。

抜歯即時インプラントのメリット

  • 抜歯した直後は身体の治癒力が高まるため、傷口や抜歯した部分の骨の回復が早いです。
  • 抜歯してから、傷口が回復するのを待っていると骨の吸収が起こり痩せてしまいますが、抜歯と同時にインプラントを埋め入れた場合は骨の吸収がほとんど起こりません。
  • インプラントを埋め入れるために歯茎を切ったり・めくったりしないため、手術が身体に与える負担を大きく軽減することができます。
  • 治療の期間がかなり短くなります。
  • 抜歯と一緒に行うので、通院の回数が減り、患者様の肉体的、精神的な負担も軽減されます。

抜歯即時インプラントのデメリット

特にデメリットはありませんが、顎の骨の状態によっては抜歯即時インプラントを行えない場合があります。元々の歯の病巣がかなり大きい場合や、歯周病が進んでいる方も注意が必要です。

抜歯即時インプラントの治療例

抜歯即時インプラントの治療例(治療前) 【治療前】
左下の第一大臼歯(奥歯)がバイ菌で感染し、炎症を起こしています。治療不能のため、抜歯即時インプラントを計画しました。
 
抜歯即時インプラントの治療例(インプラント埋め入れ直後) 【インプラント埋め入れ直後】
抜歯をすると同時にインプラントを埋め入れました。しっかりと、骨の中に固定されています。黒く見えてるところは、現時点で骨のないところです。この部分に骨ができてきます。
 
抜歯即時インプラントの治療例(インプラント埋め入れから4ヵ月後) 【インプラント埋め入れから4ヵ月後】
上部構造(被せ物)がきれいに入りました。歯を抜いてから4ヵ月後には治療が終了します。非常にスピーディで患者様も納得されています。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

少ないインプラント本数で安定した噛み心地のAll-on-4[オール・オン・フォー]

All-on-4[オール・オン・フォー]

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋め入れる手術のことです。その日に固定式の仮の歯を入れますので、すぐに噛むことができますし、機能面だけではなく審美的にも自然です。また、入院の必要はございません。当院では安全なインプラントシステムと歯科用CT解析により、上顎に対してもご納得いただけるAll-on-4[オール・オン・フォー]治療を実施しています。

All-on-4[オール・オン・フォー]の治療例

総入れ歯で感じていた悩みも、All-on-4ならこんなに快適に!

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

総入れ歯の悩み   All-on-4[オール・オン・フォー]で改善!
入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまって痛んだり、噛む力が十分に出ないため、固い物をうまく食べられないことがあります。さらに、入れ歯が歯茎を覆っていて食べ物の味を感じにくくなります。その結果、食事が楽しくなかったり、また栄養がしっかり取れなくなることもあります。 All-on-4は、顎の骨にしっかりと固定されているので、食べ物がはさまって痛むことはありません。総入れ歯に比べると、歯茎と接触してる面積が少ないので食事もおいしく感じます。その結果、食事が楽しくなり、食べ物をしっかり噛むことができます。
入れ歯ががたついて発音しづらかったり、入れ歯自体のにおいが気になって、人との会話が億劫になることがあります。また、入れ歯の手入れが面倒で、外出や旅行が控え目になり、人生の楽しみが減ってしまう可能性もあります。 All-on-4は固定されて動かないので、しっかり会話ができます。取りはずしの必要がなく、外出や旅行も気軽にできます。しっかり噛んで食事をすれば顎の骨も丈夫に保つことができ、 若々しい顔貌を保つことができるでしょう。人と会うことも楽しみになり、精神的にも充実します。

インプラント補助手術について

歯を失ってしまうと、支えていた周りの骨が痩せ細り、上顎と上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の間にある骨の厚みが薄くなってしまいます。インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントが上顎洞の底を突き破ってしまい、しっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(人工の骨や患者様自身の骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞の側面から上顎洞の底の粘膜を押し上げ、そこにできたスペースに骨の代わりとなる骨補填材(人工の骨や患者様自身の骨)を詰めることで、インプラントを埋め入れるために必要な骨の厚みを増やします。骨の厚みが5mmもない場合や広範囲で骨を増やす必要がある場合に行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同じく、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトとの違いは、上顎洞の側面ではなく、インプラントを埋め入れる部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰めることです。この方法は、サイナスリフトよりも傷口が小さくて済み、インプラントの埋め入れと同時に行うことが可能です。ただし、骨の厚みが最低でも5mmは必要であり、広範囲に骨を増やす場合には適しません。

インプラントネット治療説明

北大阪インプラントセンター まつもと歯科は、インプラントネットの治療説明コンテンツに協力しています。

スタッフ紹介

北大阪インプラントセンター まつもと歯科

北大阪インプラントセンター総院長 : 松本 正洋

北大阪インプラントセンター総院長 : 松本 正洋

患者様へのメッセージ

インプラント治療の安全性への関心が高まる中、当院にお越しいただくすべての患者様に対して、医学的に信頼できる治療のみを提供しております。1989年よりインプラント治療に携わってまいりました。

患者様の大切な天然歯を削らないため、そして守るため、自信と信頼のもとにインプラント治療を行っております。常に勉強を怠らず、患者様に新しい治療と、安全・信頼をご提供することをライフワークと考えております。治療に関する電話相談、メール相談を受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

経歴

1989年
国立長崎大学歯学部 卒業
1993年
北大阪インプラントセンター まつもと歯科(大阪府吹田市) 開設
1998年
医療法人真摯会 設立
2007年
米ハーバード大学医学部生涯教育課程(マサチューセッツ州) 研修生
I.A.A国際審美学会理事 就任
2008年
梅田クローバー歯科クリニック(大阪市北区) 開設
2009年
三宮クローバー歯科クリニック(神戸市中央区) 開設
2012年
なんばクローバー歯科クリニック(大阪市浪速区) 開設

>>詳しい内容はこちら

所属学会

  • I.A.A国際審美学会 理事
  • 日本歯周病学会 会員

歯科医師紹介

院長 : 山口 聡哉

院長 : 山口 聡哉

インプラント治療のなかでもAll-on-4[オールオンフォー]はすばらしい治療方法だと思っています。今まで入れ歯が合わず、不自由な生活を送ってこられた患者様がインプラント治療後すぐに固定式の歯で食事ができるようになり、数日すると笑顔でお話できるまでになります。

患者様に納得していただける治療ができ、感謝されるのは歯科医師冥利につきます。今後も患者様に感謝していただけるような治療を提供し続けていきたいと思います。無料相談を受け付けておりますので、インプラント治療をお考えの方はお気軽にご相談ください。

2002年 国立大阪大学歯学部 卒業

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!