インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィス 医院HP

神奈川県横浜市西区岡野1-12-17 ニッセイビル5階
インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィス
院長 : 水木 信之
院長 : 水木 信之
コンピュータによる安全なインプラント治療により、患者様にやさしい、腫れない、痛みの少ない、短期間で噛めるインプラント治療をご提供致します。インプラント治療で歯を回復させることにより、「おいしい食事、素晴らしい笑顔、楽しい語らい」を取り戻すことができるでしょう。健康でハッピーな人生を送る支援をさせていただきます。
相談室ボランティアドクター >>相談への回答一覧はこちら

医院情報

住所
220-0073
神奈川県横浜市西区岡野1-12-17 ニッセイビル5階

詳しい地図はこちら
電話番号
0120-980-448(フリーダイヤル・新患受付)
045-306-7548

※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
045-306-7547
診療時間
月・火・水・金曜 9:30〜13:30 / 15:00〜19:00
土曜 9:30〜13:30 / 14:30〜18:30
休診日
木曜・日曜・祝日
アクセス
各線 『横浜駅』 より徒歩4分

医院サービス

  • 休日診療を行っています
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場はありません
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームを完備しています
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内です
  • 症例画像を掲載しています
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープを完備しています
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
セカンドオピニオン / 無料カウンセリング / 予約制
お支払い
分割払い
外国語対応
英語

ニュース

2016.07.15
2016年7月30日(土) インプラント無料講演会(本贈呈あり)
2016.05.02
2016年5月21日(土) インプラント無料講演会(本贈呈あり)
2016.03.24
2016年4月23日(土) インプラント無料講演会(本贈呈あり)

ニュース一覧

クチコミ

2016.06.21
清潔で、スタッフの方々親切で大変感じの良い病院だと思います。
2016.05.09
インプラントの最初にヒーリングスペースに案内されて不安感が薄らぎました。
2016.02.18
いつも迅速かつ誠実に対応下さり、全てお任せです。スタッフの方々も明るく活気にあふ…

クチコミを読む

最近回答した相談

2016.06.01
初めまして。 現在上顎前歯6本と下顎前歯7本が残っ…
2016.04.18
前歯1番を、1ピースのインプラントにして、治療済みなので…
2016.01.18
20年程前にインプラントしましたが、ぐらつきが気になり診…

回答一覧

アクセス

院内紹介

インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィス

インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィスの治療設備・環境

手術環境
無影灯 / マイクロスコープ / レーザー治療器 / 診療モニタ
検査環境
デジタルレントゲン / CT / コンピューターガイドシステム / 3DCAD/CAM
滅菌機器
オートクレーブ / 手術用空気清浄ユニット / ディスポーザブル

診療案内

インプラントとは

インプラントとは

はじめにインプラントの構造を説明しておきましょう。現在、多くの方に普及しているインプラントの構造は、上部(人工歯冠といいます)、上部と下部をつなぐ役割を果たす支台部(アバットメントといいます)、そして歯槽骨に埋め入れているため外からは見えない下部(人工歯根またはインプラント体といいます)から成り立っています。

そしてインプラントが「第三の歯」、あるいはより天然歯に近い歯といわれるゆえんは、この人工歯根を歯槽骨(顎の骨)のなかに埋め入れ、その上に人工歯冠を固定させるところにあるでしょう。

インプラント治療をおおまかにまとめると、何らかの原因で失われた歯の歯槽骨部分に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め入れ、これが歯槽骨と結合・安定した段階で支台部を取り付けその上に人工歯冠をはめ込むというのがアウトラインになります。

入れ歯と違って、自分の歯と同じような感覚で用いることのできる人工の歯、それがインプラント治療で得られる効果なのです。

インプラントナビゲーションシステム

インプラントナビゲーションシステム

インプラントナビゲーションシステムとは、コンピュータ技術によるインプラントのリアルタイム手術を可能としたナビゲーションシステムです。

口腔内を画面を見ながら、適切な位置に患者様の負担にならないようにインプラントを埋め入れることを可能にしたシステムです。インプラントナビゲーションシステムは、歯科医師が適切で安全なインプラント手術を行うために開発された誘導システムです。

手術をリアルタイムに誘導する「ナビゲーションシステム」

手術をリアルタイムに誘導する「ナビゲーションシステム」

コンピュータを用いて手術をより精密なものにするナビゲーションシステムです。まだ一般的に普及しているわけではありませんので、簡単にその仕組みを解説しましょう。

分かりやすく、かいつまんでいうと、手術前の診査・診断で得られた患者様の顎骨のCT画像データを、多平面及び立体の情報に変換し、それを基に、歯科医師が立てた治療計画そのままに、モニタ画面を見ながらリアルタイムで手術が進められるという装置です。

実際の手術中には、ナビからの指示に従って、歯科医師は安全に手術を進めることができます。インプラントを埋め入れる位置・深さ・角度をナビが詳細を表示してくれますから、歯科医師は画面上でドリルの位置を確かめつつリアルタイムで手術を行えます。

インプラント埋め入れガイドによる治療

計画通りに手術をガイドする

インプラント治療計画において、CT撮影した画像を多平面及び立体的にコンピュータ解析して診査・診断することの有効性については前述しました。このシステムはさらに進化し、治療計画の立案だけでなく、シミュレーションしたとおりの適切な位置に、インプラントの埋め入れをガイドすることもできるようになりました。

まずCT撮影した画像を基に、埋め入れのシミュレーションを行い、そのデータを基にCAD/CAM(設計・製造)により、レーザーを用いて患者様自身の顎骨の解剖学的模型とインプラント埋め入れガイドというものを光造形により作製します。当院使用のドリルガイドには、インプラントを埋め入れる部位にドリルを規制するためのガイド溝がつくられており、それに沿って治療計画どおりにインプラントを埋め入れることができるのです。これにより安全に、そして短時間にインプラント手術が行えるようになってきました。

切開なしの手術で、わずか二時間で咀嚼[そしゃく]が改善した例

Bさんは56歳の男性で、7年前から上下顎とも総入れ歯になりました。入れ歯の調子が悪く、日常生活に支障をきたし、常に安定剤をつけておかないと、人と話をすることもままならないという状態でした。インプラントの存在を知り、ぜひ受けてみたいと思いました。

Bさんは「一日でも早く何でも噛めるようになりたい」と強い希望を訴えました。幸いなことに、上下顎ともに骨の厚みと高さは十分にあり、患者様の同意を得て「即時負荷インプラント治療」を行うことになりました。

1.下顎に当院使用のドリルガイドを固定 2.切開せずガイドに沿ってインプラント窩を形成 3.即時にインプラント義歯を装着 4.後のX線写真
1.下顎に当院使用のドリルガイドを固定 2.切開せずガイドに沿ってインプラント窩を形成 3.即時にインプラント義歯を装着 4.後のX線写真

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

即時インプラント治療

一本欠損を即時負荷インプラントで審美的に治療した例

Aさんは30歳男性で、半年前に某歯科医院にて上顎左側第一小臼歯を抜歯しており、そこにインプラント治療を希望されて来院しました。術前の診査・診断により、骨の陥凹が少なく健全な歯肉で覆われており、患者様の希望も考慮して切開しない手術による即時インプラント治療を計画しました。

笑気麻酔と局所麻酔後、切開をせずにドリルで歯肉から歯槽頂まで直接ドリリングし、歯肉パンチで周囲歯肉を歯槽頂部まで除去しました。次に、ドリルを用いてインプラントを埋め入れる穴を形成した後、「一回法一ピース」インプラントを埋め入れ、一定のトルクをかけて締め付けました。一定のトルクをかけられたことで、即時に仮歯を装着して即時負荷を行いました。ここまで手術から仮歯装着までの時間は約30分で、今まで半年間歯の無かった部位に即時に歯が入りました。

インプラント手術後4ヵ月に最終的な補綴[ほてつ]治療を行いました。補綴治療は、天然歯の治療と同様にシンプルであり、専用のバーを用いて最終形成を行い、歯の型取りを行い、技工所で審美的なセラミック冠を製作し、口腔内に仮のセメントを用いて装着しました。

1.歯肉パンチで周囲歯肉を除去 2.ドリルでインプラント窩を形成 3.インプラントの埋め入れ
1.歯肉パンチで周囲歯肉を除去 2.ドリルでインプラント窩を形成 3.インプラントの埋め入れ
4.即時に仮歯まで装着 5.最終的なセラミック冠の装着 6.術後のX線写真
4.即時に仮歯まで装着 5.最終的なセラミック冠の装着 6.術後のX線写真

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

インプラントネット治療説明

インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィスは、インプラントネットの治療説明コンテンツに協力しています。

インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィスの治療サービス

手術の種類
フラップレス手術 / 即日インプラント / 入れ歯を利用したインプラント
手術環境
3D CADCAMを利用した治療

スタッフ紹介

インプラントセンター横浜・ミズキデンタル第2オフィス

院長 : 水木 信之

院長 : 水木 信之
  • 医療法人社団信和会 ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 理事長・院長
  • 横浜市立大学医学部口腔外科学講座 臨床教授
  • 医学博士・日本口腔外科学会専門医
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 専門医

「より良い治療技術と誠意あるおもてなし」

コンピュータによる安全なインプラント治療により、患者様にやさしい、腫れを抑えた、痛みの少ない、短期間で噛めるインプラント治療をご提供致します。

「ハッピースマイル&ナイスエイジング ! 」

インプラント治療で歯を回復させることにより、「おいしい食事、素晴らしい笑顔、楽しい語らい」を取り戻すことができると考えております。

皆様の笑顔とすばらしい人生のために、より良い歯科医療をご提供致します。

経歴

1985年
日本歯科大学歯学部卒業
横浜市立大学医学部口腔外科学講座入局
1986年
横浜市立大学大学院医学研究科(口腔外科学専攻)入学
1990年
横浜市立大学大学院医学研究科(口腔外科学専攻)修了
医学博士授与
米国マイアミ大学医学部 免疫学・口腔外科学講座 フェロー留学
1991年
横浜市立大学医学部口腔外科学講座助手
1995年
横浜市立大学医学部口腔外科学講座講師
高度先進医療インプラント治療主任
横浜市立大学医学部附属病院リスクマネージャー兼任
2000年
横浜市在外研究員として補完代替医療視察に米国NIH等留学
2001年
横浜市立大学医学部口腔外科学講座 非常勤講師
横浜市立大学医学部口腔外科学講座 臨床助教授
2004年
ミズキデンタルオフイス 開院
2005年
横浜市立大学医学部口腔外科学講座 臨床教授
2006年
中国同済大学附属上海第十人民病院 顧問
2007年
医療法人社団信和会 理事長就任
ミズキデンタル第二オフィス・インプラントセンター横浜 開院
2008年
日本歯科大学附属病院 口腔インプラント診療科 臨床講師
2009年
ミズキデンタルセンターオフィス 開設
横浜市立大学大学院医学研究科 顎顔面口腔機能制御学 客員准教授
2011年
中国・上海 YODE Dental Center 顧問
2014年
国際口腔インプラント会議 理事

>>詳しい内容はこちら

所属学会・役職など

  • 日本歯科大学インプラント診療科 臨床講師
  • 中国同済大学付属上海第十人民病院 顧問
  • 公益社団法人 日本口腔外科学会 専門医・指導医
  • 国際口腔インプラント会議 理事
  • 日本補完代替医療学会 理事 認定学識医
  • 女性のための抗加齢医学研究会 理事
  • 内閣府認定NPO法人アクティブ倶楽部 理事
  • 公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会 指導医
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 専門医
  • 一般社団法人 日本顎関節学会 会員

>>詳しい内容はこちら

著書


■NHK出版

インプラント治療で快適、 安心。
−美しい歯とよい噛み心地を取り戻すために−

水木信之著

  • 2003年12月 全国発行
  • 2005年7月 第2刷増刊
  • 2006年7月 第3刷増刊
  • 2007年7月 好評につき第4刷増刊

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!