スマイルオフィスデンタルクリニック 医院HP

北海道札幌市西区西野2条6丁目2-10 フェリス西野1階(山の手通りマンボウ沿)
スマイルオフィスデンタルクリニック
院長 : 越前谷 澄典
院長 : 越前谷 澄典
当クリニックのインプラント治療のコンセプトは、包括歯科診療に基づく長期的な機能性、審美性を兼ね備えたインプラント治療にあります。
術前には十分な説明を行ない、『患者様ご自身がご自分の治療法を選択しながら治療を進めていく』といった、患者様の自主性を最優先しております。
「インプラント」をお考えの患者様、まずは無料相談にてご相談ください。私たちは、常に「おもてなし」の姿勢で患者様を誠実にサポートし続けていきます。
住所 063-0032
北海道札幌市西区西野2条6丁目2-10 フェリス西野1階(山の手通りマンボウ沿)

地図 地図を見る
電話番号 011-668-6681
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 011-668-6981
診療時間 月曜〜金曜   9:30〜12:30 / 14:00〜21:00
土曜・日曜・祝日 9:30〜12:30 / 14:00〜18:00
休診日
年中無休
アクセス 地下鉄「琴似駅」バスターミナル 2番乗り場乗車 琴43 [中州橋行]
地下鉄「発寒南駅」バスターミナル 3番乗り場乗車 発43 [中州橋行]
地下鉄「宮の沢駅」バスターミナル 1番乗り場乗車 西21 [西28丁目行]
地下鉄「西28丁目駅」バスターミナル 2番乗り場乗車 西21 [地下鉄宮の沢行]
下車停留場:西野2条6丁目
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
スマイルオフィスデンタルクリニックのアクセス
スマイルオフィスデンタルクリニックの診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、天然の歯のように強い力で噛めるようになり、見た目もほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

歯科用CTによる詳細な術前診断

■詳細な3D画像で顎の骨を細部まで把握

インプラント手術では、CT撮影による3次元画像解析がとても重要です。レントゲン写真(2次元)では分からない、立体的な骨の厚みを把握し、顎の骨密度(骨の固さ、柔らかさ)を確認するためです。従来のレントゲンの限られた断面図とは違い、立体的に頭部のスキャニング処理をしますので、患部1部分だけではなく立体的に頭部の画像を撮ることができます。3D画像として立体的に骨の形態や奥行きを確認することができますので、これまでより細部に渡って患部を把握することができます。

■より適切な診断が可能

撮影した画像は表示を自由に動かし、角度もリアルタイムに変更することが可能です。位置や角度を変更することにより必要なデータを抽出することができます。
また、軟組織の状態も把握できるため、「歯根膜の状態を把握し歯が動かせるかどうか」も詳細に判断できるようになりました。インプラントだけではなく矯正や一般診療においても、患者様に細やかな説明が可能になり、よりいっそう快適な治療を行うことができる環境となりました。

インプラント手術について

「手術が恐い」というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かりますが、手術に伴う痛みは親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えてください。患者様の状態や治療範囲によって個人差がありますが、麻酔をしてだいたい1〜2時間で手術は終わります。手術後の腫れについても2〜3日経てばほとんどの方が治まるようです。

インプラント補助手術

インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントをしっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。


▲ インプラントを埋め入れる土台の顎の骨にはある程度の厚みが必要です。

GBR (骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨の量が足りない部分に骨移植材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の皮膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。
インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎の骨の厚みが足りない場合に行なう治療法です。歯を失ってしまうと、それを支えていた周りの骨が痩せ細ってしまい、上顎と上顎洞の間にある骨の厚みが薄くなってしまいます。そこで上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の底を押し上げ、骨の代わりとなる材料(骨補填材)を流し込んでスペースを作り、インプラントを埋め入れします。

スプリットクレスト

スプリットクレスト(骨を拡げる処置)法は、水平な骨の幅がおよそ3mm以下の狭い場合の手術方法となります。方法としては歯茎を剥離し、特殊な器具で骨に切り込みを入れます。そこにインプラントを埋め入れし、その骨でインプラントを挟み込みます。インプラントと骨との間のスペースは骨の代わりとなる材料(骨補填材)で満たし、歯茎を縫合します。およそ3〜4ヶ月で広げた骨が固まり、噛む力に耐えられる状態になります。

ALl-on-4について

All-on-4(オールオンフォー)とは、総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、最低4本のインプラントをバランスよく、骨に埋め入れする治療方法です。噛む力を広く均等に配分することによって、すべての人工の歯をしっかりと支えて固定します。その日に固定式の仮の歯を入れますので、その日から口元の美しさ、噛む機能を取り戻すことができます。症状によりますが、基本的に入院の必要はございません。

※顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもありますので、詳細は当院にてカウンセリングをお受け下さい。

ページの先頭へ戻る

スマイルオフィスデンタルクリニックのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 越前谷 澄典

患者様主体の医院であるために。
患者様におくつろぎいただき、より通院しやすい快適な空間になるように、まず「経営理念・基本方針」を明確にし、スタッフのチームワークを大切にしていこうと考えております。

経営理念 常に笑顔でいられること
診療方針 患者さまのための歯の治療
基本方針 1. 常に全力を尽くし、胸を張れる仕事をする
  2. 常に感謝の気持ちを持ち、心から分かり合える

上記をもとに、より安全で快適な『包括的歯科診療』(口の中全体を考えての診療)で、インプラント治療を行なっていくことを目標としております。

また、「患者様ご自身がご自分の治療法を選択しながら治療を進めていく」といったシステムで治療を進めてまいります。カウンセリングを大切にしておりますので、分からないことなどございましたらお気軽にご相談ください。「おもてなし」の姿勢で、常に患者様をサポートし、「感動」していただけるように努力してまいります。

院長経歴
  北海道医療大学 歯学部 卒業
  北海道大学 歯学部 予防歯科学講座入局
  医療法人社団ちだ歯科クリニック、はせがわ歯科(札幌市中央区)院長として勤務
2005年5月 E-スマイル歯科クリニック 開業
2006年12月 医療法人社団 スマイルオフィスデンタルクリニック 設立

所属学会等

  • 日本歯周病学会 会員
  • 臨床研修制度指導歯科医
  • 北海道医療大学保存学第一講座研究員(歯周病科)

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!