医療法人社団 弘誠会 サンシャイン歯科 医院HP

香川県高松市多肥下町1562-15
院長 : 松原 弘樹
院長 : 松原 弘樹
私たち高松市サンシャイン歯科は、歯科医院をこれまでのような「痛い・行きたくない」というイメージではなく、患者様が「喜んで・楽しく・行きたくなる」イメージにしたいと考えています。そのため、高松市サンシャイン歯科は「予防」を第一に考えます。あなたの大切な歯を削って詰めるのではなく「守ること」こそが私たちの使命だと考えています。インプラントは手術が必要になりますので、不安を感じる患者様もいらっしゃると思いますが、十分に滅菌管理された専用の手術衣・手術器具を用いて、専用のオペルームでより適切な手術を行っておりますのでご安心ください。
相談室ボランティアドクター

医院情報

住所
761-8075
香川県高松市多肥下町1562-15

詳しい地図はこちら
電話番号
0120-12-8241(フリーダイヤル)
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
087-815-0118
診療時間
平日 9:30〜12:30 / 14:30〜18:30
土曜 9:30〜12:30 / 14:30〜17:30
休診日
日曜・祝日
アクセス
高琴電鉄琴平線 『太田駅』 より徒歩9分

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースがあります
  • 駐車場があります
  • カード・ローンはご利用できません
  • 英語対応は行っておりません
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制ではありません
  • セカンドオピニオンは受付けていません
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔は行っていません
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)はありません
  • インプラント治療歴10年以上ではありません
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
お子様のお預かり対応 / 無料カウンセリング

クチコミ

医療法人社団 弘誠会 サンシャイン歯科のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

医療法人社団 弘誠会 サンシャイン歯科の治療設備・環境

手術環境
無影灯
検査環境
CT

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根(フィクスチャー)を埋め入れ、そこに人工の歯(上部構造)を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
ほかの歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

CT完備・安心の設備

インプラント手術について

インプラント治療においてCT 診断は非常に有効です。インプラントの手術をする上で顎の骨の中の重要な血管や神経がどのように走っているのかが分かっていることが重要です。また、歯と顎の骨の 3次元的(立体的)な位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできなかった詳細な情報を得ることができます。

従来のレントゲン診査では、得られる情報量がとても少なくて、術者の感性、感覚、経験といった要素が診断を大きく左右していました。それに加えて、CTによる診断をするということは、骨の形態や重要な臓器、血管・神経の走り方を術前に把握するということであり、より適切な治療を行うために非常に大切です。

歯科用CTにできること

歯科用CTを使用することにより、インプラントの術前診断はもとより、歯周病診断における歯槽骨欠損部の病態の把握、再生療法の経過観察や効果判定、根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯牙及び歯根破折の診断、 う蝕(虫歯)の診断などあらゆる診断が可能になります。そのほか、口腔外科領域では顎関節、上顎洞などの病変の診断などさまざまなことに使用が可能です。

患者様にとっては事前に病気の詳細が分かることや、 インプラントにおける手術野の状態が細かく把握できることによって、より安心できる適切な治療が受けられるようになります。最近では、CTで撮影したデータをもとに顎骨の複製の模型をつくり(この模型ではCT上で構築された血管や神経、重要な臓器なども再現しています)、あらかじめインプラントの手術前にこの模型で手術をしてみることにより、事前シミュレーションができ、より良い手術が行えるようになります。

従来のレントゲンと歯科用CTの違い

一般的にX線画像とは立体物をフィルム画像に焼き付けたものを指すことが多く、前後の像が重なって写ってきます。 これを読影という方法で重なった画像の影の濃淡でその立体的形を予測していくのです。 したがって2次元画像は、その部位の形態を診断していくのに想像の域を脱しないということです。

いい換えれば、「2次元画像による診断」とはレントゲンフィルムに写ったものそのものではなく、想像による 術者の頭の中の立体画像だということです。そのため、より適切な診断は不可能で、診断する術者(歯科医師)の臨床経験や読影能力に大きく左右されます。一方、CTの場合は写った画像からの想像ではなく、そのものがそのまま3次元の立体画像として見えるので診断のばらつきが少なく、 誰が見ても同じ画像であることから経験や読影能力による診断の差が少なくなります。 そのため、今後CTを活用することにより、より適切な治療が行えるようになります。

インプラント治療の流れ

STEP1 カウンセリング・治療計画

カウンセリング・治療計画

患者様に、安心して治療を受けていただくために、治療手順、治療期間、治療費、長所短所などについてご説明致します。
問診、触診、X線またはCTや模型を使用し、患者様一人ひとりに適した治療計画をご提案させていただきます。

STEP2 人工の歯根を埋め入れる(一次手術)

人工の歯根を埋め入れる(一次手術)

口腔内清掃、初期治療を行い、歯の根の代わりとなる人工の歯根(「フィクスチャー」ともいいます)を顎の骨に埋め入れる手術を行います。
インプラントを埋め込む部分に十分な骨がない場合は、骨造成(骨を造る手術)を行います。

STEP3 人工の歯根が骨と結合するのを待つ (3ヵ月〜6ヵ月)

人工の歯根が骨と結合するのを待つ (3ヵ月〜6ヵ月)

埋め入れた人工の歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
口腔内の環境や骨の硬さ、大きさなどは人によって違うため、治療期間も人それぞれですが、およそ3ヵ月〜6ヵ月の期間が必要となります。

STEP4 人工の歯根に支台を連結させる(二次手術)

人工の歯根に支台を連結させる(二次手術)

顎の骨に埋め入れた人工の歯根に被せものをセットさせる支台(「アバットメント」ともいいます)を連結させます。※1回法術式の場合は行いません。

STEP5 インプラント義歯の装着

インプラント義歯の装着

被せものの色や形がほかの歯に合うように印象(歯型)を取り、インプラント義歯を試適、セット致します。

STEP6 メインテナンス

メインテナンス

インプラントを1日でも長く持続するためには、日頃から正しい方法で歯磨きやプラークコントロールを行い、お口の中を健康に保つことが重要です。また、1〜2ヵ月に1回のペースで、検診を受けることも忘れずに。

インプラント手術後のメインテナンスの重要性

インプラント手術について

歯科医院での定期健診は歯を長持ちさせるために、お口の健康管理として、とても大切なことですが、インプラントを入れた方は、よりいっそう丁寧なメインテナンスが必要です。残った歯や骨や歯周組織の状態、お口全体の衛生状態、全身の健康状態などを良好に保つことが、インプラントを長期にお使いいただくためには必要なのです。なぜなら人工歯根であるインプラントは神経が無いため自覚症状が出ません。

もし、インプラントにばい菌がついて化膿しても、すぐには気付かず、手遅れになってから気付くことが多いので、定期的なチェックが必要になります。指示された期間ごとに、インプラントの状態、その周りの歯茎の状態、噛み合わせなどをチェックし、同時にインプラントやお口全体のクリーニングを歯科衛生士が行っていきます。これらの定期健診をきちんと受けることによりインプラントが長持ちし、本当に快適なライフスタイルを手に入れることできます。

スタッフ紹介

院長 : 松原 弘樹

院長 : 松原 弘樹

精密で安心できるインプラント治療を行います。

当院では、予防をベースにした人にやさしい治療を目指しております。 カウンセリングを通じた丁寧な説明と患者様がいつでも相談しやすい雰囲気作りに努め、口腔外科医としてインプラント治療を担当しております。当院では、精密で安心できるインプラント治療を行います。

インプラントは手術が必要になりますので、不安を感じる患者様もいらっしゃると思いますが、十分に滅菌管理された専用の手術衣・手術器具を用いて、専用のオペルームでより適切な手術を行っておりますのでご安心ください。

また、当院ではCTを導入して、詳細に分析することにより、精密なインプラント治療が行えるよう心掛けております。今後も皆様のお役に立てるよう、患者様に誠意を持った治療を行い、日々努力と研鑽[けんさん]に励んでまいります。

経歴

1989年
九州歯科大学 卒業
歯科医師免許 取得
1993年
九州歯科大学大学院 卒業
歯学博士号  取得
1998年
やくり歯科 開設
2005年
サンシャイン歯科 開設
2007年
サンクリーン歯科 開設
2008年
アリス・インプラントセンター高松 開設
現在に至る

>>詳しい内容はこちら

歯科医師 : 鶴野 由布子

歯科医師 : 鶴野 由布子

いつまでもおいしくお食事ができるようサポートさせていただきます。

来院される患者様が、インプラント治療によっていつまでもおいしくお食事ができるよう、スタッフ一同サポートをさせていただきたいと思います。治療について分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

当院で治療された患者様が今後も素晴らしい人生を送ってもらえるよう、努めさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

歯科医師 : 河野 孝則

歯科医師 : 河野 孝則

患者様の“健口”づくりに貢献していきます。

当院では、虫歯や歯槽膿漏だけでなく、“お口の中全体”を治療することを心掛けております。誠実さと丁寧さをモットーに患者様の“健口”づくりに貢献していきます。今後も患者様とより良い信頼関係を築きながら、治療をしていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!