ライフ歯科・インプラントセンター 医院HP

大阪府大阪市中央区南船場4-4-3 心斎橋東急ビル2階
院長 : 大西 清知
院長 : 大西 清知
お口の中の状況は、見た目だけではわからないものです。お口の健康を保つには、定期的な歯科医院での受診は欠かせません。
「親切・丁寧」をモットーに、お口元の美しさを通じて皆様の人生や生活をより豊かにするお手伝いができればと考え、日々の治療に励んでおります。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
インプラント情報 無料相談実施中
住所 542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-4-3 心斎橋東急ビル2階

地図 地図を見る
電話番号 06-6282-4618
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 11:00 〜 19:30
土曜 11:00 〜 17:00
休診日 日曜・祝日
急患随時受付
アクセス 大阪市交通局大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅 大阪市交通局大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線心斎橋駅 3番出口直結
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
ライフ歯科・インプラントセンターのアクセス
ライフ歯科・インプラントセンターのアクセスマップ
地下鉄心斎橋駅 3番出口直結
1Fに「MaxMara」が入っているビルの2Fです。
ライフ歯科・インプラントセンターの院内紹介

当院は、1Fに「MaxMara」が入っている「心斎橋東急ビル」2階にございます。
地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」3番出口より直結しておりますので、雨の日でも、雨にあたらずにお越しいただけます。


院内は、ホワイトとブルーを基調とした明るく清潔感のあるレイアウトとなっております。
待合室のチェアはお一人掛けになっておりますので、お隣の方などを気にすることなく、快適にお過ごしいただけます。


各診療ユニットは、それぞれパーテーションで区切られておりますので、プライバシーも守られ、周りの様子も気になりません。また、前面が大きな窓になっておりますので、心斎橋の街並みをご覧いただきながら、快適な診療を受けていただけます。


こちらは、インプラント治療専用の個室手術室です。
手術においては、滅菌された器具を用います。 また、衛生管理を徹底しており、細菌による感染症等をシャットアウトしておりますので、快適に手術を受けていただけます。


当院では、患者様とのコミュニケーションを重視し、カウンセリングコーナーを設けております。患者様のお悩みやご希望等をしっかりと伺い、一緒に治療計画を立てて参ります。治療途中でも、少しでも気になることなどございましたら、お気軽にお尋ねください。


レントゲン写真は、歯の状態や骨格の様子等を知る上で、とても重要な資料といえます
当院では、CTスキャンのような断層撮影も行えるデジタルレントゲン機器を導入しております。
インプラント治療や歯周病の診断だけでなく、顎の骨の病気などの詳細も調べることができます。

左は、撮影したレントゲン写真です。このレントゲン写真を参考に、治療方針を立てます。また、スキャニングソフトによるデジタル処理により、鮮明な画像で、お口の中の状態を把握することができます。


顎関節運動検査システム』
オーストリアのスラビチェック教授が開発した、顎の運動を検査するシステムです。
顎の運動記録から、顎関節の状態や噛み合わせの位置を測定し、コンピュータ上で再現します。

『咬合器』
噛み合わせの状態を精密に、口外で再現できる装置です。顔の骨格の中で、歯がどこに位置しているのかを調べます。

超音波歯石除去装置
超音波の振動を利用し、先端に装着した刃先を使って歯石を粉砕除去する機器です。
歯周病治療に使用いたします。

ライフ歯科・インプラントセンターの診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の替わりに、顎の骨の中にチタン製の人工の歯根を埋め込み、その上にセラミックなどの人工の歯を装着することで歯を再生させる治療法です。
入れ歯やブリッジのように、周りの歯を損傷することなく、自身の天然の歯と同じように強い力で噛めるようになります。見た目も天然の歯とほとんど変わりません。
天然の歯に近い感覚を実現できるだけでなく、美しい外観も保つことができます。


インプラントの構造

▲ 顎の骨にインプラントを埋め込みます。   ▲ インプラントに上部構造(人工歯)を装着します。   ▲ 見た目も自然な状態に仕上がります。
※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

歯を失った経緯や、過去の治療経験など詳しくお聞きします。
特に全身状態については、他科の受診状況・服用中のお薬などをお尋ねします。十分なカウンセリングを基に、患者様それぞれに適した治療方法をご提案させていただきます。



STEP2 人工歯根を埋め込む

歯の根の代わりとなる人工歯根(「フィクスチャー」とも言います)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。埋め込むのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。



STEP3 人工歯根が骨と結合するのを待つ

開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。手術後1週間程度で抜糸し、埋め込んだ人工歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。個人差はありますが、処置後6〜12週間の治癒期間を経て骨に固定されます。



STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて、人工歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行います。
人工歯根がしっかり結合したことが確認されると、調整の済んだ上部構造を取り付けます。



STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。

手術が終わった時点で、すべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の天然歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

ライフ歯科・インプラントセンターのスタッフ紹介

院長紹介

院長:大西 清知

当院は、患者様を第一に考えた歯科医療を心掛けており、ご来院される患者様それぞれに適した治療やアドバイスをご提供させていただいております。
診療に関しましては、より良い設備と知識で「抜かない、削らない、痛みの少ない」治療を目標にしております。
当院のコンセプトは、“痛くないときに行く歯医者さん”。つまり、“痛くなる前に行く歯医者さん”です。歯が痛くなってしまってから治療を受けるのではなく、痛くないときからの定期的な検診を心掛けていただきたいのです。

皆様のお口の現状に合った、歯の健康維持の方針をご説明し、お口の健康を通じて、人生や生活をより豊かにするお手伝いができればと考えております。

院長経歴

1973年 大阪市生まれ
1998年 朝日大学歯学部卒業
1998年 大阪大学歯学部第二口腔外科入局
2000年 りんくう総合医療センター泉佐野市民病院へ出向
2002年 たけざわ歯科医院副医院長(京都市中京区 院長 竹澤保政先生)
2006年 『ライフ歯科』、『大阪ライフ・インプラントセンター』開設 (大阪 心斎橋)

所属学会

  • 日本口腔外科学会
>> 詳しい内容はこちら

スタッフ紹介

歯科衛生士:中野 都

最近、歯石除去やクリーニングのみの目的で歯科医院に来院される方が多くなっており、歯に関心を持っておられる方が増えてきていると、嬉しく思います。歯石除去と聞くと「痛い」「怖い」というイメージを持たれている方も多いと思います。そのイメージを覆したいと考え、痛みの少ない歯石除去を目指して日々努力しております。



歯科衛生士:髙田 麻弥

現場では毎日が勉強ですが、少しずつスキルアップしていることを実感しています。これからも、さらなるレベルアップを目指し、少しでも皆様のお役に立てればと思います。 どうぞ、よろしくお願いします。



歯科助手:川上 奈美

「歯医者さんは、怖くて痛い」というイメージがあると思いますが、「痛くなくても検診へ行こう!」と思っていただけるような歯科医院を目指して頑張ります。
皆様のご来院をお待ちしております。



歯科助手:西村 知佳

皆様の快適な通院をサポートいたします。
精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!