リョウデンタルオフィス 医院HP

東京都杉並区西荻北3-32-12 西荻クリニックファームB1-C

院長 : 高橋 良多
院長 : 高橋 良多
当院は、西荻窪駅北口から徒歩3分の場所に位置し、インプラント治療を中心に小児歯科、矯正歯科、審美歯科治療、むし歯・歯周病治療などを行なっております。予約制をとることで、会話プラス治療による時間をかけた診療スタイルにしており、患者様に不安や疑問を残さない治療を心掛けております。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
  • クチコミ とにかく丁寧でした。 そして恐怖をとりのぞいてくれたの… >>>クチコミ一覧
  • 相談室 上顎殆ど歯がなく入れ歯がうまくかみ合わず、隙間が出来て食… >>>相談室一覧
住所 167-0042
東京都杉並区西荻北3-32-12 西荻クリニックファームB1-C

地図 地図を見る
電話番号 03-6903-2605
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 月・木・金曜 9:30〜13:00 / 14:30〜19:30
水曜 12:00〜21:00
土・日曜 9:30〜13:00 / 14:30〜17:30
休診日 火曜・祝日
アクセス JR中央線 / 総武線・東京メトロ東西線 『西荻窪駅』 徒歩3分
駅前商店街の立地で人通りが多く、目の前にバス停 『西荻北3』 があります。
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
リョウデンタルオフィスのアクセス

リョウデンタルオフィスの院内紹介


当院は、西荻窪北口より徒歩3分のクリニックファーム地下1階にございます。歯科治療を通して、生まれ育った杉並区、武蔵野市の地域の皆様に貢献できればと考えております。


当院にお越しくださいましたら、受付をお済ませください。当院のスタッフが笑顔でお迎えいたします。受付がお済みになりましたら、待合室のソファにお掛けになりしばらくお待ちください。ウォーターサーバーもございますのでお気軽にご利用ください。


待合室横にはキッズスペースもご用意しております。お子様連れの患者様はどうぞ気兼ねなくご利用ください。ぬいぐるみなどもご用意し、お子様が楽しんで来院できる環境作りを心掛けております。


診療室は、お隣の患者様からは見えないように、仕切りを設置しております。ホワイトと木目を基調にして、治療をなさる患者様が出来るだけくつろげるような空間づくりを心掛けております。


当院では、イエローのユニットが設置された、個室のオペ室もご用意しております。オペ室には、手術の際ドクターの手元と患者様のお口元を照らす無影灯も設置しております。カウンセリングを重視して、ご説明をきちんと行なったうえでの治療を心掛けております。


X線撮影装置には、ドイツ製のデジタルレントゲン装置を採用しております。照射される放射線量は従来のものより抑えられ、患者様のお身体への負担を軽減します。


当院では、パウダールームもご用意しております。鏡も設置しておりますので、診療後のお口や身だしなみのご確認など、お気軽にご利用ください。患者様がいつでも使用しやすいよう、清潔に保つことを心掛けております。

リョウデンタルオフィスの診療案内

インプラント治療の流れ

手術用ガイドについて

ショートインプラントについて

骨を殆ど削らないインプラント

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、自分の元の健康な歯のように強い力で噛めるようになります。見た目も元の健康な歯とほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

従来の治療法

入れ歯

入れ歯は人工の歯と一緒に歯茎の部分も作ってあります。材料はさまざまで、形も値段もかなり幅があります。部分入れ歯などの場合は、前後に揺れることが無いように左右の自分の歯に金具を取り付けて固定します。

メリット
歯がたくさん無くなった場合にも対応できる。
健康な歯を削る必要がない。
保険治療を行なうことができる。
(保険外の入れ歯もあります。)
デメリット
取り外して手入れをする必要がある。
異物感がある。
固い物が噛みにくい。
発音がうまく出来ない場合がある。
顎の骨が痩せる場合がある。

ブリッジ

ブリッジとは、歯が無い部分の左右に橋を架けるイメージの治療法です。歯が無い部分が1〜2本程度の時に主に使われます。
歯が抜けた部分が一本の場合、3つくっついた人工の歯(歯の根っこの部分がないもの)を用意します。そして、無くなった歯の左右の自分の歯を凸の形に削り、3つくっついた人工歯の両端の裏側を同様に凹の形に削り、それぞれをくっつけるのです。それにより、歯が無い部分を歯があるようにみせる治療です。

メリット
固定式なので、違和感が少ない。
元の健康な歯と同様に自然な仕上がりになる。
保険でも治療を行なうことができる。
デメリット
両隣の歯を削らなければならない。
支えになる両隣の歯の負担が大きい。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

インプラント治療を行なうにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てる必要があります。
十分なカウンセリングをもとに、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明いたします。

STEP2 人工歯根を埋め込む

歯の根の代わりとなる人工歯根(「フィクスチャー」ともいいます)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。
埋め込むのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行ないます。

STEP3 人工歯根が骨と結合するのを待つ (3ヶ月〜6ヶ月)

埋め込んだ人工歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
患者様によって個人差はありますが、およそ3ヶ月〜6ヶ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて人工歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行ないます。
人工歯根がしっかり結合したことが確認されたら、調整の済んだ上部構造を取り付けます。

STEP5 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行なっていきます。

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の元の健康な歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

ページの先頭へ戻る

リョウデンタルオフィスのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 高橋 良多

私の地元でもある杉並区、武蔵野市というエリアで地域貢献をさせていただくべく、西荻窪北口のクリニックファーム地下一階に開業いたしました。
私は学生の頃からアジア太平洋歯科学生会議の役員などを歴任し、国際的な知見を養い、現在も海外の歯科学術大会にアンテナを延ばしております。常に、アメリカ・ヨーロッパの治療方法を取り入れ、皆様に還元していこうと思っております。
また、患者様の生活のクオリティ向上のため、むし歯や歯周病にならないよう予防に重点を置き、治療が必要であれば、なるべくお待たせしない、ストレスの少ない治療をご提案していきたいと思っております。

院長経歴
日本歯科大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学歯学部附属病院 スペシャルケア外来に入局
有病者全身管理学 専攻
インプラントセンターにて勤務
>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!