佐藤歯科 医院HP

神奈川県川崎市川崎区駅前本町 1-2 鈴庄ビル6階
佐藤歯科
院長 : 佐藤 太郎
院長 : 佐藤 太郎
当院は 『川崎駅』 近くにございます。患者様へより良いインプラント治療を提供できるよう患者様の立場に立って、カウンセリングを行います。笑顔を絶やさない雰囲気を欠かさないように心掛けております。お子様連れの患者様でも目の届くところで治療を行うことが可能です。歯のお悩みやご相談など、お気軽にご相談ください。
相談室ボランティアドクター

医院情報

住所
210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町 1-2 鈴庄ビル6階

詳しい地図はこちら
ブログ
川崎駅前 佐藤歯科のブログ
電話番号
044-222-6480
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
044-222-6423
診療時間
平日・土曜 10:00〜18:45
休診日
水曜・日曜 (祝日も診療しております)
アクセス
JR各線 『川崎駅』、京浜急行電鉄 『京急川崎駅』 より徒歩約3分

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室はありません
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースがあります
  • 駐車場はありません
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応は行っておりません
  • 女性医師はおりません
  • CTはありません
  • オペ室はありません
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内です
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)はありません
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページがあります
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
お支払い
クレジットカード取り扱い / 分割払い

クチコミ

佐藤歯科のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

佐藤歯科

佐藤歯科の治療設備・環境

検査環境
デジタルレントゲン

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
ほかの歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント治療の安全性

1. インプラント本体

インプラント本体は純チタンでできており、埋め入れ部分(骨に埋まる部分)の表面にハイドロキシアパタイトのコーティングがなされています。純チタンは生体親和性が高く、拒否反応が起こりにくい金属で、溶けにくく、アレルギーを起こすこともありません。ハイドロキシアパタイトは骨を構成する要素の一つですので骨との親和性が高いです。

2. 手術

手術

骨に穴をあけて埋め入れる手術なので恐怖を感じる方も少なくありません。しかし手術中は麻酔を利かせますので痛みはほとんどありません。術後の痛みも「まったくない」とはいえませんが、痛み止めを服用することによって軽減されます。中には痛み止めを服用しない方もいるくらいです。たとえばインプラント一本の埋め入れ手術は、「抜歯」とほぼ同じくらいの外科的侵襲です。

3. 長期的な予後

インプラントはお手入れが悪ければご自分の歯と同様に歯周病にかかって動くようになってしまう場合があります。しかしお手入れさえしっかりしていただければ、10年〜15年と持つといわれています。

インプラント手術方法 一回法と二回法

インプラント治療には、一回法と二回法という、二種類の手術方法があります。大きな違いは歯肉を切開する手術を一回行うか、二回行うか、という点です。どちらの治療法を選ぶかによって、治療期間が変わってきます。それぞれに特徴があり、当クリニックでは患者様の状態によって治療法を使い分けています。

一回法について

一回法について
  1. アバットメント一体型のインプラントを埋め入れます。
  2. その上に被せ物を取り付けます。
メリット
手術回数が1回で済むので精神的、身体的負担が少ない。
治療期間が短い。
デメリット
養生期間中に誤って噛んでしまわないように気を使う必要がある。

二回法について

二回法について
  1. 麻酔をかけ、歯茎を切開しドリルで骨に穴を開けます。
  2. インプラントを埋め入れます。噛まないようにして2ヵ月、治癒期間を置くことで骨とインプラントが結合します。
  3. 通常の歯を被せるのと同様に型取りをし、冠を作り被せます。
メリット
養生期間中に感染を起こす危険性が少ない。
誤って噛んでしまいインプラントが動いてしまう危険性が少ない。
骨量が少ない、あるいは骨密度が薄い症例に適している。
デメリット
2次手術は最初の手術に比べれば外科的侵襲が少ないが、麻酔は必要。
治療期間が2週間程度長くなる。

インプラント補助手術について

歯を失ってしまうと、支えていた周りの骨が痩せ細り、上顎と上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の間にある骨の厚みが薄くなってしまいます。インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントが上顎洞の底を突き破ってしまい、しっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞の側面から上顎洞の底の粘膜を押し上げ、そこにできたスペースに骨の代わりとなる骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を詰めることで、インプラントを埋め入れるために必要な骨の厚みを増やします。骨の厚みが5mmもない場合や広範囲で骨を増やす必要がある場合に行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同じく、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトとの違いは、上顎洞の側面ではなく、インプラントを埋め入れる部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰めることです。この方法は、サイナスリフトよりも傷口が小さくて済み、インプラントの埋め入れと同時に行うことが可能です。ただし、骨の厚みが最低でも5mmは必要であり、広範囲に骨を増やす場合には適しません。

当院のポイント

母子同伴治療が可能

母子同伴治療が可能

当院では、お子様を診療室に同伴していただくことも可能です。小さなお子様を待合室に一人きりにしておく不安が無くなります。診療室には、お子様専用のいすを用意しております。

また、お子様を連れて出かけるとき、ベビーカーの置き場所に困ることも多いですが、当院では、診療室にお持ちいただくことが可能です。

徹底した衛生管理

ケミクレーブ

院内は徹底した衛生管理を行い、清潔感あふれる空間を心掛けております。治療に使用する器具は、一人ひとりの治療ごとに滅菌処置をしております。滅菌処置後、滅菌状態保護パックにて保管し、治療前に開封しております。患者様に安全なインプラント治療を提供するため、感染予防を強化しています。

当院で使用している滅菌機は、ケミクレーブといいます。一般的に使用される滅菌機であるオートクレーブは、高温高圧の水蒸気による滅菌を行います。一方で、ケミクレーブは、高温高圧のアルコールによって滅菌します。滅菌力が増強されています。

佐藤歯科の治療サービス

手術の種類
骨造成治療 / 入れ歯を利用したインプラント
その他のサービス
歯周病治療

費用

料金表

項目 内容 価格
インプラント 埋め入れオペ費用 150,000円(税抜)
上部構造(被せ物) 150,000円(税抜)
クラウン(被せ物) オールセラミック 169,524円(税抜)
メタルボンド 123,905円(税抜)
白金加金 109,800円(税抜)
14kpt 77,000円(税抜)
10kpt 52,571円(税抜)
歯周内科治療 治療費 6,000円(税抜)
検査費用 25,000円(税抜)(※希望者のみ)

※骨が足らない方は、サイナスリフト、ソケットリフトなどの付帯オペが別途かかる場合があります。

お支払い方法について

高額な自費診療の費用はカードによるお支払いが可能です。分割でのお支払いにも対応しておりますので、お支払方法に関しましてはぜひご相談ください。

保証について

保証制度

自費治療の被せ物(クラウン)・詰め物(インレー)・インプラント・入れ歯に関して、保証書を発行しております。日常生活で不具合が生じた場合、保証書をご持参いただけければ、当院において無料にて再治療を致します。
保証期間は、下記の通りとなります。ただし、口腔内の状況により保証期間が短くなる場合もございます。

インレーの脱離、破折 10年
クラウンの脱離、破折 5年
インプラント体の脱離、破折 10年
入れ歯の破損 3年
ブリッジの破損 5年

保証が適用にならない場合

  • 当院以外の歯科医院で治療を受けた
  • 診療時にまったく予測し得ない口腔状態の変化や外部要因による
  • 半年に1回以上定期検診を受診されなかった
  • 当院の指示事項を守らなかった
  • 日常のお手入れ不足による歯周病、虫歯が原因
  • 限度を超えた使用
  • 保証書を紛失した
  • 外傷により損傷した

※定期健診の費用は、保証に含まれていません。

スタッフ紹介

佐藤歯科

院長 : 佐藤 太郎

院長 : 佐藤 太郎

まず最初に、「歯を失ったままではなぜいけないのでしょうか?」人によっては、「一本くらい歯を失っても食事や会話に不自由がない」といわれる方もいます。確かに一本くらいですとすぐに「食事ができない!」などの困難は起きないようですが、欠損を放置しておくと歯並びが変化していき、ある日突然いろいろ不都合な症状が現れます。人間には抵抗力という不都合な状況に対抗する力を元々持っていますので、抵抗力によってカバーされているうちは症状は現れません。しかし、抵抗力によって抑えきれなくなったときに症状が現れてきます。「顎が開かない」、「前歯がぐらぐらする」などの症状が現れます。インプラント治療は欠損補綴(歯を失ったところを補う治療)の一つの方法です。歯槽骨に人工の歯根を埋め込み、被せ物を入れて歯の形にします。

歯を失ってお困りの方はお気軽にご相談ください。治療に関することが遠慮なく聞ける雰囲気を作る、これが大事だと思って仕事にあたっています。当院としては、医療は病気を治すのだけが仕事ではない、治療を通じて患者様を幸せにするのが仕事であると思っています。

経歴

1991年
九州大学歯学部 卒業
佐藤歯科 勤務
2003年
佐藤歯科 院長就任

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!