デンタルチームジャパン 医院HP

福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-15 ライオンズマンション博多第15大京ビル2階
インプラントは、もとの健康な歯のような噛み合わせを取り戻すために開発された技術です。入れ歯や差し歯、ブリッジなどは、顎の骨と密着していないため、見た目や噛む力はもとの健康な歯のようには戻りません。インプラントはチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に被せ物を被せる治療です。しっかりした固定を得られるため、もとの健康な歯のように噛むことができます。
  • クチコミ 虫歯等でほとんどの歯がなくなり、入歯で長年過ごしてきたの… >>>クチコミ一覧
住所 812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-15
ライオンズマンション博多第15大京ビル2階

地図 地図を見る
電話番号 092-483-4618
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 月〜金曜 9:00〜13:00 / 14:30〜19:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日 ※日・祝の診療日はお問い合わせください
アクセス JR鹿児島本線、篠東線、博多南線
福岡市地下鉄空港線 『博多駅』 より徒歩7分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
デンタルチームジャパンのアクセス
デンタルチームジャパンの院内紹介

JR各線、福岡市地下鉄空港線『博多駅』より徒歩9分で、当クリニックにご来院いただけます。エントランスはガラス張りになっており、院内の様子がうかがえます。患者様に気持ちよくご来院いただけるよう、明るく清潔な環境づくりに努めています。


当クリニックの受付です。スタッフ一同、明るくお迎え致します。インプラント治療について疑問や不安がございましたら、どんな細かなことでもお気軽にご相談ください。


受付がお済みになりましたら、こちらの待合室でお待ちください。木の素材感を生かした、温もりと清潔感のあるお部屋になっております。また、シーリングファンを天井に設置するなど、空調にも気を配っております。


充実した設備を導入した、インプラント治療用の診療室です。大きな窓から自然光が差し込む、明るく、開放感のあるお部屋で、心地よく治療を受けられます。


当クリニックでは、治療や手術の後でお疲れの患者様にも配慮し、リカバリールームを設けております。仮歯の調整中や、麻酔が覚めるまでの間、こちらでごゆっくりお過ごしください。


患者様とじっくりお話するため、専用のカウンセリングルームを備えています。どの治療法が、より患者様に適した治療法なのかを、患者様と一緒になって考えていきます。

デンタルチームジャパンの診療案内

インプラント治療について

◆インプラントとは?

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛めて、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント補助手術

インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントをしっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。


▲ インプラントを埋め入れる土台の顎の骨にはある程度の厚みが必要です。

GBR (骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレンと呼ばれる骨造成用の人工の皮膜を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。

インプラントを埋め入れるためには、顎骨の幅が、7〜8ミリ程度あることが望まれており、最低でも6ミリ以上の骨幅が必要になります。患者様の顎骨がその条件を満たしていない場合、GBRを行うことでインプラントの埋め入れができる場合があります。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の底を押し上げ、そこに骨の代わりとなる材料(骨補填材)を流し込み、インプラントを埋め入れるためのスペースを作る治療方法のことをいいます。

歯を失ってしまうと、それを支えていた周りの骨が痩せ細ってしまい、上顎の上にある骨の厚みが薄くなってしまいます。上顎の骨があまりに薄くなると、インプラントを埋め入れた際にインプラントが骨を突き破ってしまい、しっかりと固定することができなくなります。
このような場合には、インプラントをしっかりと埋め入れるために、サイナスリフトにより上顎の骨の厚みを増やす必要があります。

ソケットリフト

サイナスリフト同様、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトは歯が生えていた部分の側面の歯茎を切開し、骨補填材や移植骨を充填しますが、ソケットリフトでは歯の生えていた部分(これからインプラントを埋め入れる穴)から少しづつ充填していきます。サイナスリフトと比較すると傷口が小さいため、処置時間が短く痛みや腫れもより少ない治療法とされています。

インプラント症例

症例1 歯を1本失った場合(前歯)のビフォーアフター

術前   術後

前歯を失った部分にインプラントを埋め入れました。インプラント治療は歯のない部分だけに対して行うことができるため、ブリッジのように隣の健康な歯に負担を掛けることはありません。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

症例2 歯を1本失った場合(奥歯)のビフォーアフター

術前   術後

歯を失った奥歯の部分にインプラントを埋め入れました。この場合も、健康な歯はそのままに、歯を失った部分のみを補うことができます。インプラントにより元の健康な歯のような噛み合わせを取り戻すことができました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

インプラントQ&A

Q:インプラントの治療費はどれくらいかかりますか?

A:一人ひとりの患者様の歯並び、骨格が違うように、施術内容も金額も変わります。しっかりとしたカウンセリングを行い、納得できる治療を心掛けています。まずはお気軽にお問い合わせください。

Q:ブリッジとインプラントではどちらが良いですか?

A:ブリッジは両側の健康な歯を削らなくてはなりません。健康な歯を2本削って、被せ物にセラミックを入れた場合、一本の治療に300,000円程度かかってしまう場合もあります。
また、顎の骨痩せや健康な歯への負担を考えると、ブリッジはお勧めできない場合があります。

Q:年齢制限はありますか?

A:15歳未満の患者様にはインプラントを行いませんが、高齢の方への治療例としては、84歳の方にインプラント治療を行った例がございます。

Q:どんな人でもできますか?

A:健康状態が著しく悪い、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症、顎の骨がとても少ないといった患者様には治療できない場合があります。

Q:金属アレルギーは大丈夫ですか?

A:インプラントにはチタンという金属が使われています。チタンは骨と結合する性質を持ち、身体との相性がとても良い金属です。そのため、アレルギーは少なく、安全です。

Q:手術は痛くないですか?手術と聞くとどうしても慎重になってしまうのですが

A:麻酔をしますので、痛くありません。眠ってしまわれる方もいます。また、人工の歯根を埋め入れる顎の骨には神経がないので痛みを感じることはありません。インプラント治療を受けられる患者様が慎重になるのは当然のことと思います。当院では患者様がご納得されるまで対応させていただきます。

Q:自分の骨の量に不安があるのですが、インプラントはできますか?

A:骨密度について心配される方はぜひご相談ください。部分的な骨密度から、平均的な骨密度まで分かります。

Q:食べ物で気をつけるものはありますか?

A:特にはありませんが、被せ物の種類によっては、硬いものを噛まれた時に破損することがごくまれにあります。氷などはあまり噛まれない方がよいかもしれません。

ページの先頭へ戻る

デンタルチームジャパンのスタッフ紹介

インプラント医育成名誉指導医:朝波 惣一郎

インプラント医育成名誉指導医:朝波 惣一郎

患者様のための治療を

歯を失うと、生活の中でさまざまな不便な状況が起こりえます。 もし歯を失うことになってしまった場合、インプラント治療が大きな力を発揮します。歯を失ってしまったからといって すべてを諦めるのは早いです。当院では、チーム医療という新しい形で、あなたの失った歯をサポートすることをお約束致します。

経歴
・現)国際医療福祉大学 客員教授
・前)国際医療福祉大学三田病院 歯科口腔外科 教授
・元)慶応義塾大学医学部歯科口腔外科 准教授
所属学会・資格
・公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会 理事・指導医
・公益社団法人 日本口腔外科学会 監事・口腔外科専門医・指導医
・一般社団法人 日本有病者歯科医療学会 理事・指導医

>> 詳しい内容はこちら

インプラント医育成指導医:金山 健夫

インプラント医育成指導医:金山 健夫

歯を失ってしまい、インプラント治療を選択された方、「手術前と同じくらい、よく噛め、おいしく食事がとれること」を目標に一緒にがんばりましょう。インプラント治療は外科治療の側面を併せ持ちます。いろいろなホームページを調べて自分の歯を任せても大丈夫と考えられる先生、歯科医院を探してもらえればと思います。そして、色々とお調べになられた結果、当院を選んでいただければこれに勝る幸せはございません。チームスタッフ一丸となって、より良い治療を行うことをお約束致します。

経歴
1997年 北海道大学歯学部 卒業
2001年 北海道大学大学院 修了
・現)国立がん研究センター中央病院 非常勤医師
名古屋市立大学病院 非常勤歯科医師
・前)名古屋市立大学大学院医学研究科 口腔外科学分野 助教
・元)名古屋大学大学院医学研究科 再生医療専修科 医員
北海道大学歯学部 歯科補綴学講座 助手
所属学会・資格
・公益社団法人 日本補綴歯科学会 専門医・指導医
・公益社団法人 日本口腔外科学会 会員
・公益社団法人 日本顎顔面インプラント学会 会員

>> 詳しい内容はこちら

院長:古賀 秀俊

院長:古賀 秀俊

当院ではインプラント治療を受けられた患者様に詳細な治療記録を明記したカードをお作りするなど、アフターケアも重視した治療を行っております。インプラント治療だけではなく、一般歯科治療を当院にご相談いただければと思います。口腔内の治療をトータルで考えるチーム医療で、お一人おひとりの患者様に適切な治療をご提供致します。

経歴
1989年 九州大学 歯科部 卒業

>> 詳しい内容はこちら

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!