にしがみ歯科医院 インプラントクリニック 医院HP

東京都西東京市ひばりが丘北4-4-20 土屋ビル1階
にしがみ歯科医院 インプラントクリニック
院長 : 西上 王明
院長 : 西上 王明
インプラント治療を開始する前に十分な説明を行い、患者様にご納得していただいてから治療を進めていきます。手術の際の痛みに不安を感じている患者様もいらっしゃると思いますが、当院では表皮麻酔や電動麻酔装置を使いながら、できるだけ痛みを伴わない努力を致しております。不安なくインプラント治療を受けられるような医院作りに励んでいます。
住所 202-0002
東京都西東京市ひばりが丘北4-4-20 土屋ビル1階

地図 地図を見る
電話番号 042-439-8475
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 月・火・木・金曜 9:30〜13:00 / 14:30〜20:00
土曜 9:30〜13:00 / 14:30〜18:00
休診日 水曜・日曜・祝日
※祝日のある週の水曜日は診療致します。
アクセス 西武鉄道池袋線『ひばりヶ丘駅』北口から徒歩4分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
にしがみ歯科医院 インプラントクリニックのアクセス
駐輪場完備
にしがみ歯科医院 インプラントクリニックの院内紹介

西武池袋線『ひばりヶ丘駅』北口、一番通り商店街の中に当院がございます。レンガ造りの外壁が特徴です。医院名を記した看板も出ておりますので、すぐにおわかりいただけます。


来院されましたらまずは受付までお越しください。当院スタッフがお迎え致します。
受付を済ませましたら、待合室でお待ちください。待合室は広めに作っておりますので、落ち着いてお待ちいただけるものと思います。


小さなお子様が退屈しないよう、受付の隣にキッズスペースを設けています。お子様の世話などで忙しく、普段なかなか治療を受ける機会がない方も、是非ご来院ください。


診療室内の各ユニットの間はパーテーションで仕切っています。隣の患者様を気にすることなく治療を受けていただけます。ユニットにはモニタを備え付けておりますので、撮影したレントゲン画像を確認しながら、分かりやすく説明を行うことができます。


より安全なインプラント治療のためには、患者様の顎の詳細なデータが重要です。当院では患者様の顎の状態をお調べするために、デジタル式のパノラマレントゲンを導入しています。X線照射量が従来に比べ1/5と軽減されているので、患者様のお身体への負担が少ないのが特徴です。


電動麻酔装置
痛みの少ない治療のために、細い針でゆっくりと麻酔を注入できる電動の麻酔装置を使用しています。

歯科用レーザー
痛みが少なく、様々な治療で幅広く利用できる、歯科用レーザーも導入しています。

バキューム装置
歯や入れ歯を削る際に発生する粉塵[ふんじん]などを吸引する装置です。


治療前後の歯磨きや、お化粧直しの際などには、こちらのパウダールームをご利用ください。当院は充実した治療を提供する場であるのはもちろんのこと、患者様に気持ちよく利用していただける環境作りにも配慮しております。

にしがみ歯科医院 インプラントクリニックの診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。

インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造、その間を連結する支台部分の、3つの部分から構成されています。

固定式であるためガタついたりせず、見た目も元の健康な歯とほとんど変わりません。健康な歯を削ることなく治療が可能で、元の健康な歯のように強い力で噛めるようになります。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

最初に症状を確認し、患者様が今現在抱えている悩みや問題などをお聞きします。また、インプラント治療の概要やメリット・デメリットを説明します。

検査・治療計画

レントゲン検査をはじめとした術前検査を行います。また、治療の流れを説明し、患者様と話し合いながら治療計画を立てていきます。

人工の歯根を埋め入れる

局部麻酔を行い、顎の骨にチタン製の人工の歯根を埋め入れる手術を行います。
埋め入れるのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。

結合期間 (3ヵ月〜6ヵ月)

埋め入れた人工の歯根と顎の骨が結合し、安定するまで待ちます。患者様によって個人差はありますが、およそ3ヵ月〜6ヵ月の期間が必要となります。
結合期間の間は、仮の義歯を使用しますので、食事などは通常通り行えます。

上部構造(歯の形となる部分)の装着

仮の上部構造を用いて人工の歯根と骨との結合具合の確認と、最終的に取り付ける上部構造の調整を行います。
人工の歯根がしっかり結合したことが確認されたら、調整の済んだ上部構造を取り付けます。
ここまででインプラントを装着する治療は完了です。

メインテナンス

一連のインプラント手術が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の健康な歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

インプラント症例

術前   術後

歯を3本失った患者様。歯を失った部分に人工の歯根を埋め入れ、元の自然の歯のように噛めるようになりました。

※治療結果には患者様によって個人差があります。

ページの先頭へ戻る

にしがみ歯科医院 インプラントクリニックのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 西上 王明

当院では、インプラント治療の前に充実したカウンセリングを行い、一人ひとりの患者様に適した治療を提供致しております。

お口の健康が全身の健康と密接につながっていることを患者様とともに認識し、インプラント治療を通じて、健康の改善や、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上のお手伝いをさせていただきたいと思います。

インプラント治療によって歯を取り戻した素敵な笑顔、そして年を重ねてもおいしく食べられる喜びが「生きる喜び」になることを、治療を通じて患者様から教えていただきました。そのことを糧とし、一人でも多くの患者様に、より充実した医療を提供できるよう努力をしてまいります。

院長経歴
2001年 奥羽大学歯学部 卒業
明海大学PD埼玉歯科診療所 入局
2003年 グリーンタウン歯科 入局
2008年 吉祥寺セントラルクリニック 入局
2009年 にしがみ歯科医院 設立

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!