関内馬車道デンタルオフィス 医院HP

神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2階

診療案内

当院のインプラント治療の特長

1.リーズナブルな価格設定

リーズナブルな価格設定

当院では、インプラント費用を分かりやすくするために、CT撮影料金、インプラントスクリュー代、術後のお薬代金など、諸費用すべてを含んだ料金のご提示となっております。また、当院のインプラントは「利益追求型」ではございません。市場価格よりもリーズナブルな価格でインプラント治療を受けていただるよう努めております。まずは、お気軽に無料相談にお越しください。

2.リラックス麻酔で、できるだけ「痛くない・怖くない・腫れない」

リラックス麻酔で、できるだけ「痛くない・怖くない・腫れない」

テープ麻酔による局所麻酔と静脈内鎮静法を併用した「リラックス麻酔」を行っております。患者様は、眠ったような感覚でリラックスしながら、インプラント手術を受けていただくことができます。

このリラックス麻酔後は、院内に個室の「リカバリールーム」を設置しているので、回復するまでお休みいただき、ゆっくりとおくつろぎいただきながら、ご帰宅いただくことも可能です。

さらに、当院では「術後どうしても腫らしたくない」という方のケアも丁寧に行っています。術後の腫れ止めの飲み薬に加えて、ご希望により、術中に事前に腫れないための点滴を行うこともあります。ほかにも、抗生剤の点滴、お身体の免疫力を上げるニンニクビタミン注射なども行わせていただくこともあり、できるだけ腫れないインプラント治療に努めています。

3.歯科用CTを院内で撮影

歯科用CTを院内で撮影

一般的な歯科医院では、大きな病院やCTセンターなどに外部撮影依頼をすることが多いのですが、当院では院内に歯科用CTを設置しています。撮影した3Dの立体画像を元に、顎の骨の厚みや高さ・奥行き、触れてはいけない神経や血管の位置などを分かりやすく確認しシミュレーションをすることで、より適切にインプラント手術を行うことができます。

4.オペ室と滅菌・衛生管理の徹底

オペ室と滅菌・衛生管理の徹底

インプラント治療は当院専用の個室内で、清潔な環境のもとで行います。ドクターと周りをサポートするスタッフ間の清潔域・不潔域の区別、器具の滅菌・ドレーピングをきちんと行い衛生管理を徹底することで、術後の感染対策につながります。

そして、より厳格とされるヨーロッパ規格の「オートクレーブ」を使用し器具を滅菌することはもちろん、空気中のウイルスを除去する「高速ストリーマ除菌ユニット」も導入しています。

5.「光機能化インプラント」装置の導入

当院では、「光機能化インプラント」のための装置を導入しています。「光機能化インプラント」はチタン表面に紫外線を当てて、チタン素材を活性化させ、血液や歯周組織などとの親和性をよくするための装置です。これによりインプラント表面の「濡れ」が良くなり、骨結合率がより良くなることが分かっています。

当院では、すべてのメーカーのインプラント製品で、術前にこの「光機能化」を行い、適切なインプラント治療が行えるよう努めております。

6.骨造成・再生治療で「難症例のインプラントに対応」

大学病院に紹介されたり、ほかの歯科医院で手が付けられない重度・難症例の患者様もできるだけ診療していきたいという診療理念が当院にはあります。骨造成や再生治療、オールオンフォーなどに見られるボーンアンカードブリッジなどの技術を用い、難症例インプラント・術式に対応しております。ご安心いただき、当院を受診してください。

7.美容歯科治療・美容外科治療との連携

美容歯科治療・美容外科治療との連携

一般的な歯科医院でも、インプラント治療を導入するクリニックは増えてきましたが、インプラント以外のほかの治療技術との連携がうまく取れている医院は、それほど多くはないのが現状です。特に「美容歯科・外科治療とインプラント治療を総合的に考えられる歯科医院」は全国でもその数は多少限られます。

当院では、歯だけでなくお顔全体(顔貌)を考慮し、歯のデザイン性やお口元のほうれい線、セラミック矯正やガミースマイル、美容顎顔面口腔外科、歯の移植・再生など、患者様のご希望に沿って総合的なインプラント治療を行うことが可能です。

痛みの少ない治療の取り組み

関内馬車道デンタルオフィスでは、痛みの少ない治療の取り組みとして、主に、以下のような2種類の麻酔方法を行っています。

リラックス麻酔

リラックス麻酔

当院では、「静脈内鎮静法」と呼ばれるリラックス麻酔を導入しています。インプラント治療などの外科処置の際に、ご希望に応じて施術をさせていただきます。この麻酔法はセデーションとも呼ばれ、眠ったような感覚で治療を受けていただけます。麻酔後は、院内に個室の回復室「リカバリールーム」をご用意しています。そちらでしばらくお休みいただき、治療後もリラックスしていただいてからお帰りいただきます。

3ステップでのできるだけ痛くない麻酔

STEP1 表面麻酔テープ

表面麻酔テープ

麻酔の注射のチクッとした刺激を軽減するために、一般の外科でも使われているテープ状の表面麻酔を約5分間、歯茎に貼りつけます。歯茎の表面の感覚がなくなり、麻酔時における注射針の痛みをできるだけ抑えることができます。

STEP2 針のない注射

針のない注射

当院では、針のない麻酔を導入しています。この針のない注射は、高圧力のジェット噴流が麻酔液を歯ぐきに浸透させる仕組みです。

当院では、麻酔の注射をする前に、この針のない注射、もしくは上記の表面麻酔テープを使い分けています。

STEP3 歯茎表面の感覚がなくなったら浸潤麻酔

歯茎表面の感覚がなくなったら浸潤麻酔

歯茎表面の感覚を感じなくなった段階で、必要に応じて33ゲージという数値の極細針を使った浸潤麻酔を行います。通常、歯科で使われる針の太さは27G(0.40ミリ)ですが、当院では極細の33G(0.26ミリ)を使用しています。

STEP1でご紹介した麻酔テープが効いているのでさらに痛みは少ないです。このとき、麻酔液はゆっくりと一定の量で注入していきます。また注射の前に麻酔液を人肌の温度に温めることで、麻酔時の痛みが軽減されます。

当院では、痛みのメカニズムを熟知しているドクターが、治療前の不安をなるべく少なくし、リラックスしていただいている状態で治療を行うよう心掛けております。

そのほかに取り扱っている治療について

関内馬車道デンタルオフィスでは、重度の歯周病の方を対象として専門外来を設けています。
再生治療や歯周外科治療、キレイなセラミック修復などで、噛み合わせを回復させていきます。

補綴治療・セラミック治療

補綴治療・セラミック治療

奥歯・前歯に適切なセラミックの被せ物をすることにより、見た目や噛み合わせを回復させます。この補綴治療の前には、歯を支える土台となる骨(歯槽骨)の治療を必ず行う必要があります。主に下記でご紹介する治療になります。

SRP(歯石除去)+ フラップ術(歯周外科)

重度歯周病の場合、基本的な最初の処置は、口腔内の「きれいなお掃除」にあります。お掃除後、歯肉が引き締まった状態になったら、歯石除去を繰り返し、咬合力に対して力を分散できるようにしてあげます。

水平性の骨吸収(全体的に骨が下がっている場合)には、まず骨が下がった原因となる深く入り込んだ歯石や細菌をきれいに除去し、歯周外科処置を行います。この場合、歯茎のラインは下がりますが、周囲の骨は少しずつ自然になっていきます。

ご希望により、下がった位置に合わせて、クラウンなどの被せ物の処置を併用し、審美的に見た目もキレイな歯周病治療を行うことが可能になります。

再生治療・骨造成治療

当院では、主に以下のような再生治療・骨造成治療を行っております。

歯周組織再生用材料

歯が生えてくるときに大切な働きをする特殊なたん白質の一種を主成分としたゲルです。歯周病で失った歯槽骨や歯根膜にあてがうことにより、骨の治療を促進させます。

このゲルは単独性の骨吸収(一部の骨が下がっている場合)には向いていますが、水平性の骨吸収(全体的に骨が下がっている場合)には不向きですので、症例を見極めて使用するようにしています。

骨補填材

安心できる国内産の骨補填材を併用し、歯周病で下がった骨の治療をすることがあります。

CGF(治癒促進のための自己血液ゲル素材)

遠心分離機を利用して、患者様ご自身の血液から治癒促進の元となる再生ゲルを作り出します。この再生ゲルを歯周病治療に併用することにより、骨や歯茎の傷の治癒を早める効果が期待できます。患者様ご自身の血液を使うので、より安全性があり、治癒が早まるのが特長です。

治療症例

上顎の前歯に2本のインプラント(40代男性)

上顎の前歯に2本のインプラントを埋め入れた40代男性の症例です。治療期間は約2ヵ月、総費用は約40万円ほどでした。

治療前 上顎の前歯に2本のインプラント 治療後 上顎の前歯に2本のインプラント
▲ 治療前   ▲ 治療後

※治療結果は患者様によって個人差があります。

親知らずの歯牙移植を同時に行った奥歯のインプラント(40代女性)

親知らずの歯牙移植を同時に行った奥歯のインプラント治療の症例です。患者様は40代女性で、治療期間は約3ヵ月、総費用は約20万+歯牙移植代でした。

治療前 親知らずの移植と同時に奥歯のインプラント 治療後 親知らずの移植と同時に奥歯のインプラント
▲ 治療前   ▲ 治療後

※治療結果は患者様によって個人差があります。

奥歯の抜歯即時1ピースインプラント+骨造成(50代男性)

奥歯の抜歯即時1ピースインプラント+骨造成の症例です。患者様は50代男性で、治療期間は約3ヵ月、総費用は約40万+骨造成代でした。

治療前 奥歯の抜歯即時インプラント+骨造成 治療後 奥歯の抜歯即時インプラント+骨造成
▲ 治療前   ▲ 治療後

※治療結果は患者様によって個人差があります。

関内馬車道デンタルオフィスの基本情報

住所
231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2階

詳しい地図はこちら
ホームページ
関内馬車道デンタルオフィス
ホームページを見て、医院や治療についてもっと詳しく知りましょう!
診療時間
月・火・木・金曜 11:00〜15:00 / 17:00〜21:00
土曜 11:00〜14:00 / 16:00〜19:00
休診日
水曜・日曜・祝日
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

アクセス

マップ 詳しい地図はこちら
モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!