鈴木歯科医院 医院HP

東京都中央区築地7-5-3 紀文第一ビル3階
理事長兼院長 :  鈴木 久史
理事長兼院長 : 鈴木 久史
一生涯おいしく食べ、思い切り笑い、健康に過ごしていただくために、皆様の歯の健康をサポートさせていただきたいと考えております。コミュニケーションを大切にしたカウンセリング、充実した設備による納得のインプラント治療を行っております。歯でお悩みのことがございましたら、どうぞ気軽にお問い合わせください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。
相談室ボランティアドクター

医院情報

住所
104-0045
東京都中央区築地7-5-3 紀文第一ビル3階

詳しい地図はこちら
電話番号
03-3545-1616
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
03-3545-1609
診療時間
月・火・水・木曜 9:30〜13:00 / 14:00〜20:00
金曜 9:30〜13:00 / 14:00〜18:00
土曜 9:30〜13:00 / 14:00〜16:00
休診日
日曜・祝日
アクセス
東京メトロ日比谷線 『築地駅』 1番・2番(築地本願寺方面)出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線 『新富町駅』 4番(築地本願寺方面)出口より徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 『築地市場駅』 A1(築地市場方面)出口より徒歩4分

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室はありません
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造ではありません
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場はありません
  • カード・ローンはご利用できません
  • 英語対応は行っておりません
  • 女性医師がいます
  • CTはありません
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談は行っていません
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内です
  • 症例画像を掲載しています
  • 静脈内鎮静麻酔は行っていません
  • マイクロスコープを完備しています
  • 院内技工(ラボ)はありません
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
エレベーター / セカンドオピニオン / 急患随時 / 担当制 / コンシェルジュ対応 / 予約制 / 治療計画書 / 公費負担医療 / 電子カルテシステム
施設・機関
大学病院提携
各種健診
歯科健康診断 / 口腔内検査 / 歯周病検診
お支払い
保険診療 / 自費診療 / 分割払い

クチコミ

鈴木歯科医院のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

鈴木歯科医院の治療設備・環境

手術環境
無影灯 / マイクロスコープ / レーザー治療器 / 超音波外科装置(ピエゾサージェリー) / 麻酔器 / 生体情報モニタ / 診療モニタ / ホワイトニング機器 / インプラントモーター
検査環境
コンピューターガイドシステム
滅菌機器
オートクレーブ / ディスポーザブル

診療案内

インプラント治療とは

インプラントの構造

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
ほかの歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

当院のインプラントへのこだわり

インプラントへの3つのこだわり

■歯茎との調和がとれている審美的なインプラント
審美性を考慮した設計と、細やかな仮歯調整でより美しいインプラントを実現します。周囲から気付かれないよう、目立たないインプラントで、思い切りの笑顔を。

■しっかりと噛むために設計されたインプラント
骨の状態や噛み合わせを考慮して、緻密に設計されたインプラント。数多くあるインプラントメーカーから適切なものを選び、かたい食べ物もしっかり噛めるようになります。

■手入れがしやすいインプラント
ブラッシングのしやすいインプラントで「インプラントはメインテナンスが面倒」というイメージを払拭していただきたいと思っております。手軽なメインテナンスで長期間安定、衛生的な口腔内を保ち安全にご使用いただけます。

インプラント手術について

インプラント手術について

「手術が恐い」というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かりますが、手術に伴う痛みは親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えてください。患者様の状態や治療範囲によって個人差がありますが、麻酔をしてだいたい1〜2時間で手術は終わります。手術後の腫れについても2〜3日経てばほとんどの方が治まるようです。

痛みを抑えた治療のために

痛みを抑えた治療のために

当院では、患者様の痛みをできる限り抑えるために『笑気吸入鎮静法』という、笑気ガスを使用した鎮静法を行っております。鼻にマスクをあて、鼻から酸素:笑気=7:3位の割合で吸入します。笑気ガスを使用することで浅い眠りの状態になるため、恐怖心が少なくなり痛みも鈍感になります。また、時間間隔も鈍ることから治療が早く終わったように感じるのもメリットです。
笑気吸入を停止すれば、いつでも速やかに鎮静状態から回復します。治療終了後は、数分で帰宅することができます。

少ないインプラント本数で安定した噛み心地

All-on-4[オール・オン・フォー]とは?

All-on-4(オール・オン・フォー)

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4〜6本のインプラント体をバランスよく骨に埋め入れる手術のことです。従来は多くの歯が失われた場合、たくさんのインプラントを埋め入れる必要がありました。しかし、All-on-4[オールオンフォー]では骨の量が多いところに効率的にインプラントを埋め入れ、骨の状態によっては手術をした直後に新しい仮歯を装着し、その日のうちから食事をすることも可能です。機能面だけではなく審美的にも自然です。また、入院の必要はございません。少数のインプラントで総入れ歯の状態から固定式の歯に変わり、当日から使えるようになるという治療法は、とても画期的で快適な治療法といえます。

  • 少ない本数のため費用の負担を軽減できる
  • 顎骨の状態が良い場合は、当日から自分の歯のように食事ができる
  • 固定されているため、気軽に会話を楽しめる
  • 治療回数・治療期間が短くて済む

All-on-4による症例写真

※治療結果は患者様によって個人差があります。

インプラント補助手術について

歯を失ってしまうと支えていた周りの骨が痩せ細り、顎骨の厚みが薄くなってしまいます。インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントが上顎洞の底を突き破ってしまい、しっかり固定することができません。このような場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞の側面から上顎洞の底の粘膜を押し上げ、そこにできたスペースに骨の代わりとなる骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を詰めることで、インプラントを埋め入れるために必要な骨の厚みを増やします。骨の厚みが5mmもない場合や広範囲で骨を増やす必要がある場合に行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同じく、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトとの違いは、上顎洞の側面ではなく、インプラントを埋め入れる部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰めることです。この方法は、サイナスリフトよりも傷口が小さくて済み、インプラントの埋め入れと同時に行うことが可能です。ただし、骨の厚みが最低でも5mmは必要であり、広範囲に骨を増やす場合には適しません。

そのほか

そのほか、スプリットクレストという、骨の高さはあるが幅が足りない場合に隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法など、患者様のお口の状態に合わせたより良い治療方法をご用意しております。

インプラント治療の流れと症例

右下奥歯1本をインプラント治療した一般的な症例をご紹介します。
治療内容や治療期間、治療費用などご参考にしてください。

右下奥歯1本のインプラント症例(術前) 右下奥歯1本のインプラント症例(術後)
▲ 術前   ▲ 術後

※治療結果は患者様によって個人差があります。

治療内容

  1. 術前CT検査
  2. インプラント埋め入れ手術 (ガイデッドサージェリーなし)
  3. 仮歯による機能面や審美面の調整 (即時負荷なし)
  4. セラミックによる上部構造(被せ物)の作製

治療期間

ブラッシング指導、CT検査などインプラント手術の準備を行う期間 約1ヵ月
インプラント埋め入れ手術(インプラントが骨と結合して安定するまで待つ期間) 約3ヵ月
仮歯を入れて調整(仮歯の調整を繰り返しながら審美面や機能面の確認をする期間) 約1ヵ月
最終的な型取りを行いセラミックのセット  

治療費用

右下奥歯1本のインプラント症例(術後)
CT検査 50,000円(税抜)
基本手術料 60,000円(税抜)
インプラント埋め入れ手術 180,000円(税抜)
人工歯の支台部分 20,000円(税抜)
プロビジョナル一式(仮歯) 20,000円(税抜)
被せ物 セラミック 130,000円(税抜)
合計 460,000円(税抜)

鈴木歯科医院の治療サービス

手術の種類
骨造成治療 / フラップレス手術 / 即日インプラント / All-on-4 / 入れ歯を利用したインプラント / 審美的なインプラント
手術環境
笑気麻酔 / レーザー治療
使用インプラントメーカー
ノーベル・バイオケア / ストローマン
その他のサービス
歯周病治療 / インプラントの撤去 / インプラント再治療相談

スタッフ紹介

理事長兼院長 : 鈴木 久史

理事長兼院長 : 鈴木 久史

患者様へのメッセージ

近年、インプラントは一般的な治療になりつつあり、歯を失った場合の選択肢として挙げられるようになってきました。これまでのインプラント治療は「骨に人工歯根を埋め入れ、その上に歯を取り付ける」といったように、歯が失われたスペースを埋めることが主目的とされてきました。しかし、インプラント技術が発展した現在では、審美性、機能性、清掃性を兼ね揃えたインプラントが求められるようになってきています。
当院では「天然歯のように美しく、よく噛めるインプラント」「天然歯のようにブラッシングがしやすく、長持ちするインプラント」といった患者様のご要望をできる限り実現するために、細やかなカウンセリングを行い、インフォームドコンセント(治療説明と患者様の同意)を重視し、より良い治療をご提供しております。

一生涯おいしく食べ、思い切り笑い、健康に過ごしていただくために、皆様の歯の健康をサポートさせていただきたいと考えております。歯でお悩みのことがございましたら、どうぞ気軽にお問い合わせください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

経歴

1984年
日本歯科大学 卒業
2000年
医療法人社団晃嶺会鈴木歯科医院 開業
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は1件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!