かいもと歯科 医院HP

兵庫県神戸市北区有野中町2-16-25
かいもと歯科
院長 : 海本 一夫
院長 : 海本 一夫
かいもと歯科は、歯科医師(勤務ドクター)・矯正担当医・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手との綿密な連携を保つことで、患者様に納得の治療を提供しております。今一度自分の歯を見つめなおすきっかけとして、いつでもご来院下さい。
住所 651-1313
兵庫県神戸市北区有野中町2-16-25

地図 地図を見る
電話番号 078-982-7870
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 078-982-7871
診療時間 平日 10:00〜13:00 / 15:00〜20:00
土曜 9:00〜13:00
休診日 木曜午後・日曜・祝日
当院は患者様それぞれにより良い治療を常に行うために、予約制とさせていただいていております。
アクセス 神戸電鉄三田線岡場駅 徒歩5分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
かいもと歯科のアクセス
かいもと歯科のアクセスマップ
かいもと歯科の院内紹介

かいもと歯科は1994年1月に誕生し、10年を越えて参りました。常に最新の治療方法・技術を修得する努力を怠らず、一体となったスタッフとのチームプレーで治療に臨んでおります。皆様方のお越しを心よりお待ちしております。


来院されましたら、まずは受付にお越しください。当医院のスタッフが常に明るく患者様をお迎え致します。また治療に関するご質問、ご要望などがございましたら、お気軽にご相談ください。


暖色系を基調とした院内は自然光をとりいれた明るく広々とした空間です。常に清潔であるように院内の衛生面を注意し、初診・再診の患者様の不安・緊張を和らげて癒されるよう工夫しています。


お一人おひとりのスペースを十分にとった診療室です。診察はレントゲン写真、症例写真などをご覧頂きながら分かりやすく進めていきます。室内は常に細部まで清潔に保つことを心がけております。


個室にすることにより極力滅菌状態を保てるよう努力しています。手術衣や覆い布等は使い捨てのものを使用し、他の器具は滅菌処理を行なっております。また手術の準備や助手はすべて担当のスタッフがおこなっております。

かいもと歯科の診療案内
■インプラントをご存じですか?噛めるよろこびをもう一度

もし、あなたがご自分の歯を失ってしまったら、人前で美しい笑顔を見せることができるでしょうか。インプラントはそのような方のために、従来の入れ歯に代わる第三の自分の歯を回復することを可能にしました。 インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、それを土台に人工の歯を装着する治療法です。天然歯と変わらない外観と感覚を備えた人工歯を提供します。


治療前 治療後
■安全・納得のインプラント治療

●CT検査を用いたインプラント治療
CTとはコンピューター断層撮影(=Computer tomography)の略でX線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面像)で見ることのできる装置です。この装置を使えば、通常の歯科医院で撮影するX線(歯科用X線)画像とは違いインプラントを埋入する部位の骨の厚さや形そして骨質までを十分に確認できます。(もちろん、虫歯や歯周病の診断には歯科用X線は必須です)
インプラント治療においては、顎の骨の厚さや形を調べることが何よりも重要なポイントとなります。より安全で無理のない治療をもたらすX線診断方法なのです。

■オステルメンター(=Osstell mentor)共振周波数解析システム

オステルメンター共振周波数解析システムとは、埋入されたインプラントの安定度を非破壊的に測定する装置です。本体から発生するパルスを受け、埋入されたインプラントの共振周波数を計測し、そのデータを0〜100までの数値で表示します。今までは、X線像などで歯科医師が主観的にしかインプラントの安定度(骨との結合度)を判断できなかったのですが、この装置を用いることで客観的に数値としてインプラントの安定度を把握できるようになりました。 この装置にて、より安全・納得のインプラント治療がおこなえます。

■サイナスリフト法やGBR法をもちいたインプラント治療

インプラント治療を希望されている患者様で、「骨の厚みや高さが不足しているからインプラントは難しい・・・」と言われた経験はありませんか?骨が吸収されたために、骨の厚みや高さが不足している場合、通常のインプラント治療を行なうことが出来ません。しかし、骨を増やすことでインプラントが可能になります。「サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」や「GBR法(歯槽骨増大法)」など骨を増やす技術はいくつかあります。

しかし、これらの技術は非常に難しい治療といえるので、歯科医院によっては施術できない場合があります。当医院ではこれらの技術を利用したインプラント治療が可能ですので、一度当医院にご相談ください。

■両側下顎臼歯部欠損をインプラントにて再構成した症例

●治療前
しっかり食べ物が咬めないことと、顎関節症のだるい痛みを主訴として来院されました。臼歯部の欠損をインプラントにて回復し、咬み合わせも安定することでしっかり咬め、顎関節症も改善された症例です。

患者様は45才の女性です。臼歯部の咬み合わせの欠如による咀嚼障害および顎関節症と診断しインプラントを用い咬合再構成をおこない解決することにいたしました。

●治療中
下顎左右両側にインプラント埋入の手術をおこないました。両側同時に施術する場合でも約2時間程度の手術時間で痛みもほとんどありません。


●治療後
臼歯部での咬合もしっかり安定し何でも咬めるようになり、顎関節症の痛みも消失して大きな口が開けられるようにもなり、今ではカラオケに行くのが楽しみ・・・ といわれておりました。

※治療結果には、それぞれ個人差がございます。

かいもと歯科のスタッフ紹介
■院長紹介


院長:海本 一夫(かいもと かずお)

かいもと歯科では全スタッフが常に最新の治療方法・技術を修得する努力を怠らず、一体となったチームプレーで治療にのぞんでいます。"信頼と情熱"を医院のコンセプトに、個々の患者様にあった総合的な治療を実践しています。

■院長略歴

昭和57年 大阪歯科大学卒業後、大阪歯科大学口腔外科入局
平成6年 「かいもと歯科」開院
平成11年 ハーバード大学(ボストン)短期留学

>> 詳しい内容はこちら

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!