つじむら歯科医院 医院HP

神奈川県伊勢原市小稲葉2204-1
つじむら歯科医院
院長 : 辻村 傑
院長 : 辻村 傑
つじむら歯科医院で行なうインプラント治療は、必ず事前にCT(X線断層撮影)をお受けいただき、綿密な設計、準備のもと実施いたします。インプラント治療終了後も予防のためにご来院いただくことにより、生涯にわたり当院で入れたインプラントが機能できるようにしていきたいと考えております。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
インプラント情報 定期的に"歯の予防ブログ"を更新しているのでホームページもご覧ください。
  • クチコミ 歯槽膿漏によりなくした歯をインプラントにしました。 も… >>>クチコミ一覧
  • 相談室 約10年前に前歯6本をブリッジ(内1本は差し歯)にしてお… >>>相談室一覧
住所 259-1122
神奈川県伊勢原市小稲葉2204-1

地図 地図を見る
電話番号 0120-01-8214(フリーダイヤル)
0463-95-8214

※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 9:00〜13:00 / 14:30〜18:30
土曜 9:00〜14:00
休診日 日曜・祝日
アクセス JR東海道線平塚駅 小田急小田原線伊勢原駅
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
つじむら歯科医院のアクセス
駐車場もございますので、お車でもお越しいただけます。

つじむら歯科医院の院内紹介

受付は明るく柔らかな雰囲気ですので、これまでの歯科医院とは違うイメージになっております。また、患者様が明るく元気な気持ちになれるよう、笑顔でスタッフがお迎えいたします。


待合室は白を基調としたおしゃれな空間を作ることで、患者様にくつろいでいただけるようになっております。室内に差し込む柔らかい自然光が患者様の不安を和らげてくれます。


診療室に入られる際、退出する際、隣の患者様が気にならないようになっております。他の患者様の目線を気にしないで、治療を受けていただけるようになっております。


当院では歯科予防を目的とした予防専用の個室(ケアルーム)を4室ご用意いたしております。診療とは別に予防の為だけの個室なので、ご納得いただけることでしょう。


他の方に聞かれたくないようなお口についての悩みや心配、不安など、専任のカウンセラーがご相談承ります。どんな些細な内容でもお話をお聞かせ下さい。


待合室奥に、ビューティースペースがあります。こちらでは、診療前の歯ブラシや治療後のお化粧直し、治療した箇所の確認など、患者様の美の追及の場として、ご利用下さい。


デジタルレントゲンを採用しております。被曝線量は通常のレントゲンのわずか20%です。また、モニターで拡大してご覧いただけるので、分かりやすくなっております。

つじむら歯科医院の診療案内

インプラント治療について

インプラント治療は失ってしまった自分の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、天然の歯のように強い力で噛めるようになり、見た目もほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント手術について

「手術が恐い」というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かりますが、手術に伴う痛みは親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えてください。患者様の状態や治療範囲によって個人差がありますが、麻酔をしてだいたい1〜2時間で手術は終わります。手術後の腫れについても2〜3日経てばほとんどの方が治まるようです。

インプラント補助手術

インプラントを埋め入れる際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントをしっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋め入れることができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。


▲ インプラントを埋め入れる土台の顎の骨にはある程度の厚みが必要です。

GBR (骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨移植材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上に特殊な人工の皮膜を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋め入れるために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフトとは上顎の骨の厚みが足りない場合に行なう治療法です。上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の底を押し上げ、そこに骨の代わりとなる材料(骨補填材)を流し込み、インプラントを埋め入れるためのスペースを作る治療方法のことを言います。

歯を失ってしまうと、それを支えていた周りの骨が痩せ細ってしまい、上顎と上顎洞の間にある骨の厚みが薄くなってしまいます。あまりに薄くなると、インプラントを埋め入れた際にインプラントが上顎洞の底を突き破ってしまい、しっかりと固定することができなくなります。
このような場合には、インプラントを埋め入れるために、上顎と上顎洞の間の骨の厚みを増やす必要があります。

治療後のメインテナンス

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の天然歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

ページの先頭へ戻る

つじむら歯科医院のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 辻村 傑

現在つじむら歯科医院では当院に来院されている患者様の口腔内の健康を生涯に渡り、維持・増進していくために適切な診断のもと、フィンランド式の予防医学を取り入れスタッフ一同、来院された患者様にワクワクしていただけるような診療室づくりを目指し、日々診療に従事しております。
診療実績としましても、従来型の診療と比較し、現在では歯を削る量も三分の一にまでに減らすことができ、当院で予防を受けられている患者様の歯の寿命を伸ばすことができるようになっております。この予防を中心とした診療環境をさらに、発展させていくために以前より計画していたヘルスケアクリニックを道路向かいに新設し、現在の診療所から2004年末に移転、2005年1月6日にオープンいたしました。
これからもつじむら歯科医院は患者様の口腔内の健康から全身の健康へと、お手伝いができるようにチーム一丸となって、日々進化してまいりますので、どうぞ宜しくお願いします。

院長経歴
1993年4月
神奈川歯科大学 卒業
海老名市 しのはら歯科医院 勤務
1995年4月 つじむら歯科医院 開業
1997年11月
医療法人社団 つじむら歯科医院 開設
>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!