宮本歯科 医院HP

東京都中央区銀座3-2-12 全研ビル3階
宮本歯科
院長 : 宮本 庸一
院長 : 宮本 庸一
銀座並木通りの歯科医院です。審美的な歯科治療やインプラント治療および歯周病について詳しくわかり易く説明しております。口腔内CCDカメラなどを使った十分なコンサルティングやコンピュータによるシミュレーションを行なうなど、より良い設備と技術で患者様にご納得いただけるような治療を心掛けております。どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
  • クチコミ 完全予約制だからなのか、待ち時間も少ないし、他の患者さん… >>>クチコミ一覧
住所 104-0061
東京都中央区銀座3-2-12 全研ビル3階

地図 地図を見る
電話番号 03-5250-7282
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
FAX 03-5250-7283
診療時間 10:00〜13:00 / 14:30〜19:00
休診日 土曜・日曜・祝日
アクセス JR各線有楽町駅 東京メトロ有楽町線有楽町駅 徒歩5分  東京メトロ丸の内線銀座駅 徒歩1分  東京メトロ日比谷線銀座駅 徒歩2分  東京メトロ銀座線銀座駅 徒歩3分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
宮本歯科のアクセス
宮本歯科の院内紹介

当院は、銀座駅C8出口から徒歩1分のところにございます。エントランスは明るく、清潔感がありオシャレな雰囲気を演出しております。


受付では、歯の悩みを抱える患者様に不安を感じさせないよう、笑顔と親切を心掛けた対応で患者様をお迎えいたしております。不安や疑問などございましたら、ぜひご相談ください。


明るく暖かみのある待合室では、落ち着きのあるインテリアと音楽や映像、そして診療室からの音の遮断を行うことで、痛みや治療への恐怖感やストレスなどを少しでも柔らげられるよう配慮しております。


各ユニットをパーティションにより独立させることでプライバシーの確保を行い快適な歯科治療をお受けいただけます。抗菌性内装材、滅菌対応ユニット、口腔外バキューム、器具滅菌システム、滅菌パック、ディスポーザブルグローブ、ディスポーザブルコップ、エプロンなどの使用により院内感染予防にも細心の注意を払っております。


カウンセリングではコンピューターによる診査、診断及び治療のシミュレーションを行い、治療計画書(治療内容、期間、費用など)を作成して十分にご検討していただくことで治療内容を十分理解した上での歯科治療を始めることができます。

宮本歯科の診療案内

インプラント治療を成功させる為には

インプラント治療に限りませんが治療を成功させる為には事前の診査や診断がとても大切です。インプラント治療を安全・精密に行うためには顎(あご)の骨の状態を詳しく調べることが非常に重要です。

例えば上顎(上あご)の場合、上顎洞という空洞のような部分(下図の赤色の部分)があるため、骨が薄くなっている部分があります。


この部分にインプラント治療を行う場合、上顎洞の下部までの骨の厚みを詳細に把握して上顎洞へ穿孔(突き抜けること)ないようにインプラントを入れなければなりません。

もし、骨の厚みが充分でない場合はGBRや骨移植、ソケットリフトやサイナスリフトという方法で骨の厚さを増やす方法を併用しなければならない場合もあります。

また下顎(下あご)の場合も、下顎管という所に下歯槽神経という太い神経が骨の中を通っています。

この部分にインプラント治療を行う場合も下歯槽神経(下顎管)までの骨の厚みを詳細に把握し、下歯槽神経を傷つけないようにインプラントを入れなければなりません。

術前CT撮影と3Dシミュレーションソフトによる診断

◆レントゲン写真だけでは情報量不足

レントゲン写真でも大体の診断はつきますが、レントゲン写真は立体的な骨の形を平面で表したものですので骨の厚みを詳しく測ることは出来ません。

右図のように、レントゲン写真では、全体の様子がぼんやりとしかわかりません。CT画像の場合は、それぞれの断面をはっきりと確認することができます。

◆CT撮影と3Dシミュレーションソフトでより安全インプラント治療

インプラント治療を行なう前ににあごの骨のCT(Computed Tomography)撮影を行ない、そのデータをもとに3Dシミュレーションソフトを使ってインプラント埋め入れのシミュレーションをした上で治療計画を立てています。
CT撮影と3Dシミュレーションソフトによって骨の厚みや幅、上顎洞や下顎管の位置などはもちろん、骨の硬さなどレントゲン写真では得られない情報も事前に得られるため、より詳細なな診断が可能になり、安全にインプラント治療が行なえるようになりました。

また、患者さんへのカウンセリングの際も、3D画像を使った分かりやすい説明が可能になり、納得してインプラント治療をお受けいただくことができるようになりました。

静脈内鎮静法で快適なインプラント治療

インプラント手術時に歯科麻酔医の全身管理のもと、静脈内鎮静法と局所麻酔を併用することでインプラント手術に対する不安や手術時の痛み、時間の経過などを感じることなく、快適にインプラント手術を受けることが可能です。

手術中は患者さんの意識はあり(少しボーッとした状態で)、ご自分での意思表示やこちら側の呼びかけに対しても答えることが可能です。時間の経過の感覚はあまり無く、1〜2時間の手術が、20〜30分程度で終わったように感じられます。

◆静脈内鎮静法によるインプラント手術時の注意事項

1.午前中に治療を受けられる方は、当日の朝起きてから治療が始まるまで食べたり飲んだりしないでください。午後から治療を受けられる方は、治療前6時間前までは食事をしても結構です。
お腹の中を空にしておくことが一番大切ですので必ずお守りください。

2.マニキュアはしないでください。
コンタクトレンズもはずしていただきますのでケース等をご持参ください。

3.治療終了後、しばらく(30分〜1時間)休んでいただきます。

4.当日は車・バイク・自転車などの運転はできません。

ご納得いただける治療を行なうために

◆時間を掛けたコンサルティング

宮本歯科では患者さんの不安や不満を取り除き、より良い治療にするために口腔内CCDカメラやコンピューターシミュレーションなど使用し、判り易く充分に時間をかけたコンサルティングを行なっています。

◆トリートメントコーディネーターシステムの導入


▲トリートメントコーディネーター
宮本 秀子(みやもと ひでこ)
患者さんにとって歯科治療の専門的な部分をすべて理解することは簡単ではありません。普段あまりなじみのない歯科の専門的な説明などは1度聞いただけではなかなか理解できないものです。一通り説明を聞いた後も、どこか不安や疑問が解消されないままのことも多いのではないでしょうか?

トリートメントコーディネーターは、ドクターの視点ではなく患者さんの視点で一緒に考え、その方にとってのより良い治療方法を見つけていくのが役割です。もちろんドクターからの治療内容についての説明は従来どおり行ないます。ドクターへ直接お聞きになりたいことは、遠慮せずおっしゃってください。

トリートメントコーディネーターが初診時から治療終了までの間、治療に関することから費用やお支払いの方法に関することなどすべての質問に至るまでしっかりお答えします。

◆治療内容に対する自信

治療にかかる時間や回数は少し多くなる場合もあると思います。費用も(自費治療の場合)安いとはいえないかもしれませんが、ご来院いただければ、そこに費やす時間や費用が妥当なものであることをご納得していただけると信じております。安さや速さではなく、時間を掛けた手厚いフォローをしていく歯科治療を行ないます。

◆自費治療(保険外診療)の10年保証システム

宮本歯科では治療後も6ヶ月に1度の定期検診を欠かさずに受けていただくことを前提に自費治療(保険外診療)により製作したクラウンの破損(オールセラミッククラウン,メタルセラミックク ラウン,ゴールドクラウン)およびインプラント治療に関しては10年間の保証制度がございます。(インレー、アンレーに関しては5年間)

保証は10年ですが20年、30年、それ以上の長いお付き合いが出来ることを願って宮本歯科スタッフ一同、常に努力しております。

インプラント治療の流れ

STEP1 インプラント治療前の検査

インプラント治療を行なう前に診断用の歯型をとったり、全身状態についての問診や血液検査・レントゲン写真・CTスキャンなど必要な検査を行い、3Dコンピューターシミュレーションシステムを使ってインプラント埋入のシミュレーションをした上でインプラント治療に適した状態であるかどうかを判断します。

STEP2 治療計画

インプラント治療が可能であれば、今後の治療の方法やスケジュール、費用などについてお話し合いをした上で治療計画を作成します。
この際に疑問な点や治療に対するご希望などありましたら何でも御相談下さい。

STEP3 術前治療

インプラント手術を行う前に必要であれば、歯周病(歯槽ノウロウ)や、カリエス(虫歯)の治療、仮歯の製作などを行います。

STEP4 インプラント一次手術

麻酔担当医による静脈内鎮静法という方法を用いて恐怖感や痛みなどの苦痛を軽減し、局所麻酔下で、あごの骨の中にインプラント(チタン製の人工歯根)を埋め込みます。傷口は歯肉を縫い合わせて閉じられます。

1 2 3

STEP5 治癒期間

インプラントと周囲の骨との結合(オッセオインテグレーション)が得られるまで3〜6ヶ月、治癒期間を設けます。この間、必要に応じて定期検査が行われます。

STEP6 インプラント二次手術

局所麻酔下で歯肉を開いてインプラントと周囲の骨とのオッセオインテグレーションが得られたことが確認された後、アバットメントと呼ばれるインプラントとクラウン(歯の形をした部分)を連結するための中継ぎの役割をする部分をインプラントに取り付けます。

STEP7 印象採得(型とり)

二次手術の後、数週間おいてクラウンを作るための型をとります。
仮歯の製作なども行います。

STEP8 クラウン装着

セラミック又は金属製のクラウンをアバットメントに取り付けて完了です。

STEP9 メンテナンス(定期検査)

クラウン装着後、必要に応じ2週間〜1ヶ月後に検査を行います。
その後は、3〜6ヶ月おきに定期検査を行います。

ページの先頭へ戻る

宮本歯科のスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 宮本 庸一

歯科治療において一番大切なのは治療技術だと考えております。
私たち歯科医師は新しく、より良い技術を常に学び、診療設備や材料の充実にも努めなければなりません。

しかし、その技術や設備や材料を生かすためには歯科治療をはじめる前に詳細な診断を行うことが非常に重要です。

また歯科医師が診断や歯科治療を行ったとしても患者様がご自分の状態や治療の内容について十分理解されていなければ、治療の結果やそれに対して、納得することができないかもしれません
そこで宮本歯科では新しい設備の利用や、より良い治療の心掛け、治療をはじめる前の診査、診断と患者様へのコンサルティングを十分に行うことで患者様が納得できる治療効果をあげられるよう努力しております。

院長経歴
1987年 日本歯科大学卒業
都内歯科医院にて9年間勤務
1996年 中央区銀座にて宮本歯科開業
現在に至る
>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!