榎本歯科医院 医院HP

北海道北見市常呂町字常呂326
榎本歯科医院
院長 : 亀澤 千博
院長 : 亀澤 千博
患者様にご納得いただけるインプラント治療を行うためには、まず初診において、患者様のお口の中の健康状態を詳細に調べ、お伝えすることが重要であると考えています。その上で十分なカウンセリングを行い、それぞれのニーズに対して心から納得していただける治療を行っていきます。

医院情報

住所
093-0210
北海道北見市常呂町字常呂326

詳しい地図はこちら
電話番号
0152-54-2064
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
FAX
0152-54-2907
診療時間
月・火・木・金曜 8:30〜12:15 / 13:30〜18:00
水・土曜 8:30〜12:15
※毎週水曜、土曜の午後にインプラントの手術をしております。
休診日
日曜・祝日
アクセス
お問い合せください

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室はありません
  • カウンセリングルームはありません
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応は行っておりません
  • 女性医師がいます
  • CTはありません
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制ではありません
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像は掲載していません
  • 静脈内鎮静麻酔は行っていません
  • マイクロスコープはありません
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページはありません
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
無料カウンセリング

クチコミ

榎本歯科医院のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

アクセス

院内紹介

榎本歯科医院

榎本歯科医院の治療設備・環境

手術環境
無影灯 / AED / 超音波外科装置(ピエゾサージェリー) / 診療モニタ
検査環境
デジタルレントゲン

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

噛むときの力は想像以上に大きく、これに耐えうるために骨によるしっかりとした支えが必要になります。インプラントは天然歯と同様に、この環境に耐えられるように作られております。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット
自分の歯に近い構造で自分の歯と同じように噛むことができ、見た目も自然できれいです。
歯が失われたところのみの治療なので、ブリッジや入れ歯のように両隣りの歯を削り、傷めることがありません。
歯を失ったことによる食べ物の制限、不快感、精神的ストレスなど、様々な不満や問題を解消します。
噛む機能が回復し、バランスの取れた噛み合わせが可能になります。
天然歯と区別が難しいほど自然な仕上がりです。
デメリット
健康保険が適用されていないため、費用は自己負担となります。
外科処置が必要です。
重度の歯周病や全身的な疾患があるなど、人によっては適応することができない場合があります。

インプラント手術について

インプラント手術について

「手術が恐い」というイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かりますが、手術に伴う痛みは親知らずを抜いたときと同じ程度だと考えてください。患者様の状態や治療範囲によって個人差がありますが、麻酔をしてだいたい1〜2時間で手術は終わります。手術後の腫れについても2〜3日経てば、ほとんどの方が治まるようです。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

治療計画を立てる

インプラント治療を行うにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てる必要があります。
十分なカウンセリングをもとに、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明致します。

STEP2 人工の歯根を埋め入れる

人工の歯根を埋め入れる

歯の根の代わりとなる人工の歯根(「フィクスチャー」ともいいます)を顎の骨に埋め入れる手術を行います。
埋め入れるのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。

STEP3 人工の歯根が骨と結合するのを待つ (3ヵ月〜6ヵ月)

埋め入れた人工の歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
患者様によって個人差はありますが、およそ3ヵ月〜6ヵ月の期間が必要となります。

STEP4 上部構造(歯の形となる部分)の設置

上部構造(歯の形となる部分)の設置

仮の上部構造を用いて、人工の歯根と骨との結合具合を確認し、上部構造の調整を行います。その後、最終的に取り付ける上部構造を設置します。

STEP5 メインテナンス

メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP2〜4)が終わった後は、半年〜1年に1回ほどの定期的なメインテナンスを行っていきます。
手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の健康な歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

スタッフ紹介

榎本歯科医院

院長 : 亀澤 千博

院長 : 亀澤 千博

患者様へのメッセージ

当院では、昭和58年から25年間で、約650人の患者様へ1300本以上のインプラント手術をさせていただいております。

患者様にご納得いただけるインプラント治療を行うためには、まず初診において、患者様のお口の中の健康状態を詳細に調べ、お伝えすることが重要であると考えています。その上で十分なカウンセリングを行い、それぞれのニーズに対して心から納得していただける治療を行っていきます。また、健康な歯であり続けるためには、メインテナンスが重要です。そのために、患者様との末永いお付き合いを重ねていくことをモットーとしています。

経歴

1949年
女満別町生まれ
1974年
神奈川歯科大学 卒業
榎本歯科医院(常呂町) 勤務
1975年
榎本歯科医院(常呂町) 開業
2001年
医療法人社団博仁会 榎本歯科医院 設立

所属学会・資格

  • 北日本口腔インプラント学会 理事
  • 日本小児歯科学会 会員

>>詳しい内容はこちら

副院長 : 亀澤 初水

副院長 : 亀澤 初水

経歴

1979年
常呂町生まれ
2004年
昭和大学歯学部 卒業
昭和大学歯学部口腔組織学教室 助手
2006年
榎本歯科医院 勤務

所属学会・資格

  • 日本歯周病学会 会員
文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!