石井歯科クリニック 医院HP

岡山県岡山市中区門田屋敷2-2-10
石井歯科クリニック
院長 : 石井彰夫
院長 : 石井彰夫
当クリニックでは、患者様との十分な対話が重要と考えています。
治療や病気に対する不安や恐怖心を取り除くため、診療室でも治療前後を通じて、インフォームド・コンセント(説明と同意)に時間をとるようにしています。
スタッフ一同、笑顔で対応させていただきますので、宜しくお願いいたします。
住所 703-8275
岡山県岡山市中区門田屋敷2-2-10

地図 地図を見る
電話番号 086-272-7544
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 平日 9:00〜13:00 / 14:30〜19:00
(土曜日は18:00まで)
休診日 木曜・日曜・祝日
アクセス バス利用 / 市内電車東山行き『門田屋敷』電停より徒歩1分
タクシー利用 / 岡山駅より10分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム 無料相談
完全予約制 セカンドオピニオン 駅徒歩5分以内 症例画像あり
静脈鎮静麻酔 マイクロスコープ 院内技工(ラボ)併設 治療歴10年以上
費用ページあり インプラント10年保証  
石井歯科クリニックのアクセス
石井歯科クリニックの院内紹介

当クリニックは、各線岡山駅より市内電車東山行き、『門田屋敷電停』より徒歩1分の場所に位置しております。 専用駐車場も完備しておりますので、お車の方も気兼ねなくお越しください。


ご来院されましたら、まずは受付にお越しください。担当スタッフが、明るい笑顔で丁寧に対応いたします。できる限りスムーズなご案内ができるように努めております。


落ち着きのある色でコーディネイトされた待合室です。受付をお済ませになったら、こちらのソファにおかけになってお待ちください。準備が整いましたら、お呼びいたします。


光のあふれる診療室は仕切りで区切られ、患者様のプライバシーが守られております。快適に診療をお受けいただくために、治療に際しての希望や不安などがございましたら、スタッフまで気軽にお声をおかけ下さいませ。


当クリニックでは、インプラント治療専用のオペ室を完備しています。設備の整った「専用のオペ室」でインプラント治療することで、
・清潔なエリアにすることによる感染防止対策
・広い空間、オペ室専用のユニット、医療機器を整備
以上のことにより、術者、アシスタントに無駄・ストレスの少ない安全な治療が行なえます。


「CT」とは、コンピューターを駆使して、人体の輪切り(断面)写真を撮影できる機器です。精密で高画質であるため、多くの情報量を得ることが可能です。
CT画像は、顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに、骨密度の診査にも利用できます。
インプラント治療においては、術前検査、埋め入れ位置の確認、術中、術後評価に有効活用されます。
また、短時間で撮影でき、X線照射量が「医科用CT」の約1/10なので患者様への負担も少なくなります。

石井歯科クリニックの診療案内

インプラント治療について

◆インプラントとは?

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることなく、硬いものがしっかりと噛めて、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

歯を失った場合の治療法の種類

人工歯根を顎の骨の中に埋め入れる「インプラント」

歯のない部分をインプラント治療で補います。インプラント治療は歯のない部分だけに対して行なうことができ、他の歯には負担を掛けません。入れ歯やブリッジで治療する際のデメリットを克服するものです。見た目も自然で、天然歯に近い力で噛めるため、硬い物を食べても問題なく噛むことができます。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

失った歯の両隣の歯を削る「ブリッジ」

歯のない部分をブリッジで治療するものです。ブリッジは前後にある健康な歯を大きく削る必要があり、土台となる歯には大きな負担がかかり、結果的に土台となっている歯の寿命を短くしてしまいます。また、ブリッジが駄目になる時には多くの歯を一気に失ってしまう危険性があります。

メリット
固定式なので、違和感が少ない。
もとの健康な歯と同様に自然な仕上がりになる。
保険でも治療を行なうことができる。
デメリット
両隣の歯を削らなければならない。
支えになる両隣の歯の負担が大きい。

残っている歯にバネを掛け安定させる「入れ歯」

歯のない部分を入れ歯で治療するものです。入れ歯の安定性を得るために、ばねを反対側まで伸ばす必要があります。ばねの掛けられた歯は揺さぶられるような動きを受けるため、大きな負担となります。ばねが掛かるため、見た目も悪く、軟らかい食べ物しか噛めなくなります。

メリット
歯がたくさん無くなった場合にも対応できる。
健康な歯を削る必要がない。
保険治療を行なうことができる。
(保険外の入れ歯もあります。)
デメリット
取り外して手入れをする必要がある。
異物感がある。
固い物が噛みにくい。
発音がうまく出来ない場合がある。
顎の骨が痩せる場合がある。

症例

1歯欠損(左下)標準埋入

矯正治療後に、先天性欠如部位(左下4番)へ
のインプラント埋め入れを計画しました。
必要最小限の歯肉の剥離を行い、骨量を確認した後、
1回法によるインプラント埋め入れ。
2ヵ月後、骨との強固な結合をISQ値[インプラントの安定指数]にて確認の後、 上部構造作製に取り掛かりました。
セラミックによる上部構造(被せもの)を作製、装着しました。
6ヵ月後のメインテナンス時の咬合面観です。
前歯部分の矯正後のリテイナー用のワイヤーは除去しました。
頬側面観です。隣在歯との歯肉ラインの調和、
連続性が十分保たれています。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

インプラント治療と一言にいっても、ケースバイケースで、さまざまな手技が必要になってきます。下記リンクに、代表的な異なる手法で行われた当クリニックのケースを閲覧しました。インプラント治療を成功に導くためには、術者の知識、技術、経験はもちろんのこと、設備、チーム医療など総合力が求められます。

>>その他の症例はこちら

ページの先頭へ戻る

石井歯科クリニックのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 石井 彰夫

当クリニックの5つの特徴

  • X線照射量の少ない歯科用CTの完備
  • 専用のオペ室を完備
    (院内感染予防の徹底、清潔、不潔の明確化)
  • 全身管理、鎮静下による患者様にとって、より良い治療
  • 開院年数15年、難症例にも対応
  • 多くのインプラントをご用意

インプラント治療は歯が欠損した場合の選択肢として、非常に予知性の高い治療法です。当クリニックは、「歯科用CT」の完備、感染予防を徹底するために「専用のオペ室」での処置や「静脈内鎮静法」によるオペなど、患者様にとってより良い環境、設備をご用意しています。
どうか、一度当クリニックのカウンセリングをお受けになってみてください。

院長経歴
1989年 徳島大学歯学部卒業
  岡山大学歯学部第二補綴科入局
1990年 同局文部教官助手
1993年 倉敷市水島中央病院歯科医長
1995年 岡山市にて「石井歯科医院」開院
2007年 「石井歯科クリニック」に改名
岡山大学歯学部歯科麻酔科在籍

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!