いづみや歯科 医院HP

埼玉県狭山市富士見1-28-21
院長 : 俵木 勉
院長 : 俵木 勉
いづみや歯科は、充実したインプラント治療を身近なものとして、患者様に提供させていただくことを目標としております。担当分野に対する深い見識を持った歯科医師とスタッフとが、力を合わせてチーム医療を行えるようになっており、様々なご希望に応えられる歯科医院です。また、当院は歯科医師臨床研修施設として、厚生労働省の指定を受けており、歯科治療だけでなく、研究・教育も行っております。
相談室ボランティアドクター >>相談への回答一覧はこちら

医院情報

住所
350-1306
埼玉県狭山市富士見1-28-21

詳しい地図はこちら
電話番号
04-2957-1818
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
お問合わせ 診療予約
診療時間
月・火曜 9:00〜13:00 / 14:30〜20:00
水・木・金・土曜 9:00〜13:00 / 14:30〜18:30
休診日
日曜・祝日

■夏期・冬期休診日有
アクセス
西武新宿線 『狭山市駅』 東口より狭山郵便局方面へ徒歩8分
駐車場はセブンイレブン共用12台、いづみや歯科1階2台完備

医院サービス

  • 休日診療は行っていません
  • 夜間診療は行っていません
  • 個室診療室があります
  • カウンセリングルームがあります
  • バリアフリー構造です
  • キッズスペースはありません
  • 駐車場があります
  • カード・ローンがご利用可能です
  • 英語対応が可能です
  • 女性医師がいます
  • CTを完備しています
  • オペ室を完備しています
  • 入院設備はありません
  • 3Dシミュレーションを完備しています
  • リカバリールームはありません
  • 無料相談を行っています
  • 完全予約制です
  • セカンドオピニオンを受付けています
  • 駅徒歩5分以内ではありません
  • 症例画像を掲載しています
  • 静脈内鎮静麻酔を行っています
  • マイクロスコープを完備しています
  • 院内技工(ラボ)を併設しています
  • インプラント治療歴10年以上です
  • 費用ページがあります
  • ガイドデントのインプラント10年保証対応していません
医院体制
エレベーター / セカンドオピニオン / 無料カウンセリング / 急患随時 / 予約制
施設・機関
歯科医師臨床研修施設
外国語対応
英語

ニュース

2016.09.23
スマートフォン版・インプラントネット新規掲載しました。

ニュース一覧

クチコミ

いづみや歯科のドクターやスタッフの方の情報や、クリニックの雰囲気・サービスについて感じたことなど、様々な情報をお待ちしています!

クチコミを投稿する

最近回答した相談

2015.03.27
お伺いしたいのですが、 去年秋、ノーベル・バイオケア・…
2014.10.15
はじめまして。下顎に牛の骨の成文が入ったものを使うことに…

回答一覧

アクセス

院内紹介

いづみや歯科の治療設備・環境

手術環境
無影灯 / レーザー治療器 / 生体情報モニタ / 診療モニタ
検査環境
デジタルレントゲン / CT / コンピューターガイドシステム
滅菌機器
オートクレーブ / 手術用空気清浄ユニット / ディスポーザブル

診療案内

インプラント治療について

インプラントの構造

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋入し、そこに人工の歯を被せることで、天然歯とほとんど同じ状態まで、噛む力を回復させる治療法です。

インプラントは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感や話しにくさに悩まされることはありません。硬いものがしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット
しっかりと食べ物を噛める
食べ物の味を楽しめる
発音の邪魔にならない
優れた耐久性がある
健康な歯を削る必要がない
デメリット
外科手術が必要になる
糖尿病などの全身疾患を患っている場合、治療を受けられないケースがある
治療期間が長い

インプラント治療の流れ

STEP1 カウンセリングとインフォームド・コンセント(説明と同意)

カウンセリングとインフォームド・コンセント

患者様の症状とそれを治療できるいくつかの治療方法を、過去の症例と治療例をご覧いただきながらご説明致します。患者様のご希望と歯科医師としての見解を踏まえた上で、治療方針と治療方法を決めていきます。

STEP2 CTによる精密検査

CTによる精密検査

口腔内の検査(虫歯や歯周病の有無など)や噛み合わせ、患者様の身体の状態を、デジタルレントゲンなどを使用して総合的に診査・診断します。
その後、歯科用CTを使用して、インプラントを埋入する部位の骨量が十分かどうか、骨質は適切かどうかを検査致します。そしてCT画像を用いてコンピュータによる治療シミュレーションを行い、手術を行います。

より安全で詳細なインプラント治療を行うには、これらの精密検査が必要不可欠です。精密検査を行い、治療のリスクを軽減していきます。

STEP3 インプラントの埋入手術

インプラントの埋入手術

患者様の体調などの確認を行った上で、インプラント手術に入ります。
いづみや歯科では手術中の不安や苦痛を軽減させるため、笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法を導入しております。この鎮静法は大学病院の麻酔科の先生が行っています。

STEP4 治癒期間

治癒期間

手術後、インプラントと顎の骨がしっかりと結合するまで治癒期間を設けます。この期間には個人差がありますが、治癒が早い患者様の場合ですと3ヵ月程度で結合します。また骨の量を増やす手術を併用した場合は、通常6ヵ月の治癒期間が必要です。

STEP5 人工歯の装着

人工歯の装着

インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら、歯の型を採取します。そしてこの型を基に作成した人工歯を人工歯根の上に装着させます。以上でインプラント治療は終了です。

STEP6 メインテナンス

メインテナンス

装着した人工歯を長期間にわたって機能させるため、適切なホームケアと歯科医院での定期検診を心掛けてください。毎日のブラッシングや定期的な歯科クリーニング(約1〜3ヵ月に1度)などのメインテナンスを徹底することで、インプラントを末永く使用することができます。

 

インプラント補助手術について

歯を失ってしまうと、支えていた周りの骨が痩せ細り、上顎と上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の間にある骨の厚みが薄くなってしまいます。インプラントを埋入する際、十分な顎の骨の厚みがないとインプラントが上顎洞の底を突き破ってしまい、しっかり固定することができません。顎の骨が薄くてインプラントを埋入することができないといった場合には、GBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの顎の骨を増やす処置(骨造成治療)が必要になります。

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)

GBR(骨再生誘導法)とは、骨が足りない部分に骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を置いて、その上にメンブレン(特殊な人工の膜)を貼ることにより、骨の再生を誘導する治療法です。インプラントを埋入するために十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。上顎洞の側面から上顎洞の底の粘膜を押し上げ、そこにできたスペースに骨の代わりとなる骨補填材(患者様自身の骨や人工骨)を詰めることで、インプラントを埋入するために必要な骨の厚みを増やします。骨の厚みが5mmもない場合や広範囲で骨を増やす必要がある場合に行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトとは、サイナスリフトと同じく、上顎の骨の厚みが足りない場合に行う治療法です。サイナスリフトとの違いは、上顎洞の側面ではなく、インプラントを埋入する部分(上顎洞の底部)から底部の粘膜を押し上げて骨補填材を詰めることです。この方法は、サイナスリフトよりも傷口が小さくて済み、インプラントの埋入と同時に行うことが可能です。ただし、骨の厚みが最低でも5mmは必要であり、広範囲に骨を増やす場合には適しません。

インプラント症例

症例1:当院で初めてインプラント治療を受けていただいた患者様

治療前のレントゲン写真

症例1:治療前のレントゲン写真

1990年に、下顎にインプラント治療を希望されました。
当時インプラント1本の治療は予後が悪いと考えられていたので、右側はブリッジで修復し、左側のみインプラントを埋入する治療計画を立てました。

治療中の口腔内

症例1:治療中の口腔内

下顎左側にインプラントを埋入しました。

治療後のレントゲン写真

症例1:治療後のレントゲン写真

インプラント埋入時のパノラマレントゲンです。

治療後の口腔内

症例1:治療後の口腔内

当時、被せる材料はPGA(白金加工)を使用するのが良いと考えられていました。

治療後18年の口腔内

症例1:治療後18年の口腔内

2006年に右下小臼歯が折れたため抜歯し、その後インプラント治療を行いました。

治療後18年(2008年)のレントゲン写真

症例1:治療後18年(2008年)のレントゲン写真

治療後のレントゲン写真です。新たに埋入した右顎のインプラントはもちろん、以前埋入した左顎のインプラントもしっかりと機能しています。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

症例2:折れた前歯1本にインプラント治療をさせていただいた患者様

治療前の口腔内

症例2:治療前の口腔内

左上の1番目の前歯が折れて、失ってしまった患者様。

治療中の口腔内

症例2:治療中の口腔内

インプラントにアバットメント(被せ物との連結部分)を装着し、歯を被せる準備ができました。

治療後の口腔内

症例2:治療後の口腔内

セラミッククラウンを被せました。インプラント治療はブリッジと異なり、隣の歯を削らないで治療できるので、周りの歯に負担をかけません。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

症例3:歯が原因の上顎洞炎(蓄膿症)を治療した後インプラント治療させていただいた方

治療前の口腔内

症例3:治療前の口腔内

歯の治療が苦手だという患者様の治療でした。

治療前のレントゲン写真

症例3:治療前のレントゲン写真

臼歯の何本かは歯根だけの状態で、残すことはできません。特に右上の6番目の歯は上顎洞炎の原因となっています。上顎洞炎とは、上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)に、炎症が起こっている状態です。一般的には蓄膿症[ちくのうしょう]といいます。レントゲンで白くなっている部分が、上顎洞炎です。左と比べて白くなっているのが分かります。

治療中のレントゲン写真

症例3:治療中のレントゲン写真

上顎洞炎の治療後、歯の無い部分をインプラントで治療し、噛み合わせを改善します。

治療後のレントゲン写真

症例3:治療後のレントゲン写真

上顎洞炎の治癒後、サイナスリフト法を用いて上顎右側の奥歯の部位にもインプラント治療を行いました。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

いづみや歯科の治療サービス

手術の種類
骨造成治療
手術環境
笑気麻酔 / レーザー治療

費用

料金表

処置など

項目・内容 備考 価格
基本診断料(模型・ステントを含む)   40,000円(税抜)
血液検査   20,000円(税抜)
CT撮影+3Dシミュレーションソフト解析 片顎のみ 30,000円(税抜)
上下両顎 40,000円(税抜)

1次手術

項目・内容 備考 価格
基本料金 1本あたりのお値段です 30,000円(税抜)
麻酔 静脈内鎮静法 70,000円(税抜)
インプラント埋め入れ措置 人工歯根1本あたりのお値段です(局部麻酔含む) 100,000円(税抜)
骨移植 自家骨のみ(手術1回あたり) 20,000円(税抜)
自家骨+骨移植材(手術1回あたり) 50,000円(税抜)
骨移植 非吸収性の膜1枚あたり
※メンブレンを骨に固定するために使用する、ボーンタックの値段も含んでいます
50,000円(税抜)
吸収性の膜1枚あたり 40,000円(税抜)
PRP併用の場合 患者様自身の血液中の血小板を高濃縮した血漿を用い、組織を再生させる細胞を活性化させることで、治癒の促進、痛みの軽減などの効果が期待できます。 100,000円(税抜)
上顎洞底挙上手術 オステオトーム(ソケットリフト)
※人工歯根1本あたりのお値段です
40,000円(税抜)
サイナスリフト(片顎) 300,000円(税抜)
サイナスリフト(両顎) 500,000円(税抜)

2次手術

項目・内容 備考 価格
パンチ処理 ヒーリングアバットメント暫間補綴物含む。
人工歯根1本あたりのお値段です。
20,000円(税抜)
アピカリーポジションフラップ
(歯周ポケット除去療法)
ヒーリングアバットメント暫間補綴物含む。
人工歯根1本あたりのお値段です。
30,000円(税抜)
遊離歯肉移植加算
(骨としっかり結合する、丈夫な歯茎を移植する手術)
ヒーリングアバットメント暫間補綴物含む。
人工歯根1本あたりのお値段です。
10,000円(税抜)

補綴処置(印象・バイト・暫間補綴物・技工料等を含む)

項目・内容 備考 価格
セラミック(人工の歯根部分)   200,000円(税抜)
ゴールド(人工の歯根部分)   180,000円(税抜)
セラミック(人工の歯根部分以外)   150,000円(税抜)
ゴールド(人工の歯根部分以外)   130,000円(税抜)

お支払いについて

保険診療について

いづみや歯科では一部の保険診療も取り扱っております。健康保険証をお持ちの方は、初診時やカウンセリング時にご持参ください。

無料カウンセリング

30分程度の一般的なカウンセリングは無料とさせていただいております。なお各種検査をご希望の場合は保険診療となります。あらかじめご了承ください。

※保険適用外の検査(CT検査、血液検査、セファロなど)は自費診療となります。ご了承ください。

お支払い方法について

お支払いは窓口にて現金払いか、銀行振り込みから選択していただけます。(分割支払いも可能です。)

セカンドオピニオン

いづみや歯科では、セカンドオピニオンとしても皆様の口腔内の健康をお守りしております。他院で治療中の方からのご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

院長 : 俵木 勉

院長 : 俵木 勉

患者様へのメッセージ

私達は患者様に信頼・信用していただくことを心掛けております。そのためには、第一にご来院の理由をよくお聞きしてから、お口の中が現在どういう状態なのか、どうなっていったら健康を保てるのかを、しっかりとお調べします。そして、その結果をより分かりやすくご説明し、よく相談して方針を決め、その上でインプラント治療をさせていただいております。

私達はいつも、ご来院された皆様の口腔内を守り、噛む機能を改善させ、ひいては健康の増進と笑顔の美しさを得ることによってストレスを減らし、生活の質を向上させることを目標として、日々研鑚[けんさん]しております。何でもご相談いただけたら幸いです。

経歴

1982年
城西歯科大学 卒業
1986年
城西歯科大学大学院 卒業
歯学博士 取得
1989年
埼玉県狭山市にて開業
1991年
明海大学歯学部 兼任講師

>>詳しい内容はこちら

文字サイズ
ふつう
大きく
この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!