はやし歯科併設神戸町インプラント情報センター 医院HP

岐阜県安八郡神戸町大字前田138-3
はやし歯科併設神戸町インプラント情報センター
院長 : 林 猛
院長 : 林 猛
1991年に開業して約20年が経ちました。これまで培ってきた技術や知識を活かし、新しい歯科医療をご提供するために、インプラント治療、ホワイトニング、デジタルレントゲンの設置、電話予約確認システム、口腔内カメラ、レーザー治療と様々な新しい技術を導入してまいりました。より良い技術と充実した設備で、患者様のお口の健康を守っていく所存です。
相談室ボランティアドクター >>相談室への回答一覧はこちら
住所 503-2319
岐阜県安八郡神戸町大字前田138-3

地図 地図を見る
電話番号 0584-27-8889
※お電話にてご予約・ご相談いただく場合は、「インプラントネットを見た」と言っていただけるとスムーズです。
診療時間 月・火・水・金曜 9:00〜12:30 / 14:30〜16:00 / 17:00〜19:00
土曜 9:00〜12:30 / 14:30〜17:00
休診日 木曜・日曜・祝日
アクセス JR各線、樽見線、養老線 『大垣駅』 よりバスで約15分
養老線 『広神戸駅』 より徒歩約25分
 
休日診療 夜間診療 個室診療室 カウンセリングルーム
バリアフリー キッズスペース 駐車場 カードorローン
英語対応 女性医師 CT オペ室
入院設備 3Dシミュレーション リカバリールーム  
はやし歯科併設神戸町インプラント情報センターのアクセス
はやし歯科併設神戸町インプラント情報センターの院内紹介

当院はJR各線、樽見線、養老線『大垣駅』よりバスで約15分、養老線『広神戸駅』より徒歩約25分のところにございます。平日は19時まで、お忙しい方のために土曜も診療を行っております。皆様のご来院をお待ちしております。


ご来院されましたら、受付までお越しください。スタッフが明るく笑顔で患者様をお迎え致します。不安なことや、ご質問などございましたら、お気軽にお声掛けください。


診療前後のお時間はこちらの待合室をご利用ください。窓から光の差し込む明るい空間の待合室には、スタイリッシュなデザインの赤いソファをご用意しております。各種雑誌なども揃えてありますので、どうぞご自由にご覧ください。


カウンセリングルームでは、治療に関するご希望や、不安なことなどをじっくりとお聞きしております。PCモニタを利用し、撮影したCT画像などをお見せしながら、現在のお口の状態や、今後の治療方法を分かりやすく丁寧にご説明致します。


こちらは当院の診療室です。治療に必要なスペースを十分に取り、快適な環境で治療を行っております。ユニットに備え付けられた液晶ディスプレイでお口の状態をご確認することもできます。しっかりと衛生管理を行い、安全な環境作りに努めております。


当院では歯科用CTスキャンを導入しております。3D(立体的な)撮影が可能となっており、歯の位置や骨量、顎骨の密度、神経の位置などを、細やかに診断することができます。安全なインプラント治療には欠かせない、重要な機器といえます。


2001年8月にYAGレーザー治療機器を導入致しました。YAGレーザー治療機器を使うことで、麻酔を使うことなく、痛みを抑えた治療が可能です。殺菌効果があり、治癒が早いともいわれております。虫歯や歯周病・歯根の治療に用いることもございます。

はやし歯科併設神戸町インプラント情報センターの診療案内

インプラント治療について

インプラント図解インプラント治療は失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復する治療法です。固定式であるためガタついたりせず、自分の元の健康な歯のように強い力で噛めるようになります。見た目も元の健康な歯とほとんど変わりません。

メリット
固定式なので違和感が少ない。
見た目上で自分の歯と同様に見える。
他の歯を削る必要がない。
デメリット
外科手術が必要。
構造上、清掃が困難になる場合がある。
保険外の治療である。

インプラント治療の流れ

STEP1 治療計画を立てる

カウンセリングインプラント治療を行うにあたっては、治療後の状態も見据えた治療計画を立てる必要があります。
十分なカウンセリングをもとに、それぞれの患者様に適した治療方法をご提案させていただきます。インプラント治療のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明致します。

STEP2 手術前の必要処置

インプラント治療を行う前に、下記の処置を行います。

  • 残っている歯の治療
  • 術後からインプラント歯冠製作までの仮の被せ物の製作
  • 術前の治療シミュレーション
  • ステントの作製

ステントとは?

インプラントを埋め入れる際のサポートに『外科用ステント』というものがあります。
これは、インプラントを埋め入れるガイドになるように、埋め入れる位置に穴が決められた方向に形成されており、より安全な手術を可能にする装置です。
プラスチックに似た『レジン』という樹脂で作製されます。

STEP3 人工の歯根を埋め入れる

インプラントを埋め入れた下顎の模型
インプラント埋め入れ手術は以下の手順で行われます。
  1. インプラント埋め入れ箇所の歯肉を切開します。
  2. 歯肉を骨膜とともに起こします。
  3. ドリルでインプラント埋め入れ箇所に穴を開けます。
  4. インプラントを埋め入れます。
  5. 起こした歯肉を被せなおし縫合します。
  6. 止血を行って終了です。
  7. 手術説明、レントゲン撮影、薬の受け取りなどを行います。
埋め入れるのに必要な骨の厚みが足りない場合は、骨の厚みを増やす補助手術も行います。
この手術が加わると、20〜30分手術を延長致しますが、全体で1時間を越えることはほとんどありません。

STEP4 人工の歯根が骨と結合するのを待つ (3ヵ月〜6ヵ月)

手術の翌日は消毒や術部のチェックを行います。
埋め入れた人工の歯根が骨としっかり結合するまで治癒期間を設けます。
治癒期間の通院回数は、術日よりはじめの1ヵ月は毎週、その後の経過は1ヵ月に1回チェックを行います。患者様によって個人差はありますが、上顎で6ヵ月、下顎で3ヵ月の治癒期間が必要となります。

STEP5 上部構造(歯の形となる部分)の設置

人工歯をセットした下顎の模型骨と結合して安定したインプラントの上へ、アバットメントと呼ばれる土台を装着します。
埋没型インプラントを装着した場合は、この処置をする1週間前に10分程度の2次手術を行います。
アバットメント(人工歯の支台となる部分)の上に歯冠を装着し、手術は終了となります。

選べる歯冠

患者様のご希望にあわせた歯冠が選べます。

  • セラミック冠(歯と同色の冠)
  • ゴールド冠(噛み合わせにやさしい金合金を使用し、強い咬合音を減少できます。)
  • ハイブリッドクラウン(セラミックとプラスチックの混合歯冠)

STEP6 メインテナンス

一連のインプラント手術(STEP3〜5)が終わった後は、1週間後にチェックを行います。(噛み合わせの状態や、インプラントの動揺、歯肉の変化、歯冠の汚れなど。)
以後、約1年間は月に1回のチェックを行い、インプラントの安定が確認されたら、6ヵ月に1回、もしくは1年に1回のチェックとなります。

手術が終わった時点ですべてのインプラント治療は終わりだと思われがちですが、そうではありません。インプラントを入れたからといって、今後何も問題が起きないというわけではないのです。ご自分の健康な歯と同様に、インプラントは長く付き合っていくものですから、「毎日のケア」「定期的なメインテナンス」がとても重要なのです。

歯科用CTスキャンの導入

より精密な診査・診断が可能

歯科用CTスキャン

患者様のお口の状態を細かく調べることは、インプラント治療において大変重要です。
当院で導入している歯科用CTスキャンは、3D(立体的な)撮影が可能となっており、歯の位置や骨量、顎骨の密度、神経の位置などを、細やかに診断することができます。
細やかな診断は、より良い治療につながり、その後の経過を知ることで、適切な処置ができます。

快適なパノラマCT

歯科用CTスキャン

これまで歯科でよく使用されていたパノラマX線撮影装置に、歯科用CTの機能を組み込んだ装置をパノラマCTといいます。
CTは、寝て撮る時代から、座って撮る時代に変わり、そしてこのパノラマCTの登場で、立って撮る時代へと変わってきました。省スペースな設計、低照射線量、簡便性など、患者様の負担を抑え、より快適に診査・診断ができるようになりました。

ページの先頭へ戻る

はやし歯科併設神戸町インプラント情報センターのスタッフ紹介

院長紹介

院長 : 林 猛

1991年に開業して約20年が経ちました 。また、インプラントに携わって12年、インプラントの埋め入れ本数は350本以上(1999年〜2006年)になりました。

これまで培ってきた技術や知識を活かし、新しい歯科医療をご提供するために、インプラント治療、ホワイトニング、デジタルレントゲンの設置、電話予約確認システム、口腔内カメラ、レーザー治療と様々な新しい技術を導入してまいりました。

経験を積ませていただき、技術向上してこれたのは、私のインプラント治療を理解していただき、治療に踏み切っていただいた患者の皆様のおかげにほかなりません。

これからも、スタッフ一同研鑽[けんさん]を積み、より良い技術と充実した設備で、患者様のお口の健康を守っていく所存です。
ご来院をお待ちしております。

院長経歴
1986年 愛知学院歯学部 卒業
1986年〜1989年 国立岐阜大学 医学部歯科口腔外科
1989年〜1991年 佐藤歯科 勤務
1991年〜2005年 はやし歯科医院 開設
2006年 医療法人社団神樹会 はやし歯科医院

>> 詳しい内容はこちら

ページの先頭へ戻る

この医院をクリップする

クリップした医院は0件です

モバイル版

モバイル版
QRコードを携帯電話で読み取って、こちらの医院情報にアクセス!