メイさんの相談

カテゴリ:時間と期間

インプラント抜去について

虫歯で神経ない歯が破折し、1年前にインプラント埋入しました。インプラントをしてくれた歯科医が上下の奥歯の歯並びが悪く矯正を勧められ、紹介してもらい歯科矯正始めました。 (インプラントしていない歯以外に下の両側の第5が破折しているため。)
矯正歯科医からインプラント抜去しないと矯正やりにくいと言われてます。インプラント埋入後から副鼻腔炎が何度かありますが、医師はレントゲン上は特に問題ないから抜去はもったいないと言われます。そういう場合でも抜去出来ますか?抜去する値段と骨と結合しているインプラントの抜去はどの程度大変なのか抜去によるトラブルなどを教えて頂きたいです。

 インプラントの撤去が必要な症例と判断された場合を仮定した時、現時点で骨接合し安定しているものであっても基本的には撤去可能です。埋入部位の隣在歯との状態が不明なので一般論としてですが、隣在歯との間の骨においてインプラント周囲の骨ごと削って一塊として取り出すことになります。

 撤去後の骨量が少ないときは治癒に時間がかかったり再度インプラントを埋入しようとする際に骨増生のために少し大がかりな処置が必要になることがあります。特に前回インプラント埋入前に骨高、骨幅が少なく余裕が無かった状態であった時には、次に同じ位置に埋入する時の方が必ず困難さが増します。
 非常にしっかりと骨接合しており上顎洞に対する十分な配慮が必要な症例では病院歯科において入院下で処置することもあります。隣在歯との骨幅が無い時には隣在歯の処置が必要になることもあります。
 
 破折歯抜歯後のインプラント埋入でしたので、さほど大がかりな処置は埋入前に無かったと思います。そのようなケースでは埋入より機能しているインプラントを撤去する方が大変で、隣接組織に対する侵襲は大きくなります。
 インプラントの種類によっては逆回転で撤去できるツールがあるものもあり、これが使えると侵襲は少なくて済みます。インプラントを撤去しないで済めば良いのですが、非常に限られたケースでごく稀にしか適用できない方法で、インプラント上部構造部分は外し、フィクスチャー部のみ(撤去せず)残したままで対応することができることがあります。
費用に関しては担当医院で確認してください。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除
【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて