おっちゃんさんの相談

カテゴリ:ブリッジ

インプラントの被せ物

  • 投稿者 おっちゃん さん [57才 男性 会社員] 2018/03/11/ 11:59
  • カテゴリー 様々な治療法 ブリッジ 治療済
  • お悩みの歯 下あご右4番 下あご右5番 下あご右6番 下あご右7番 下あご右8番

インプラントの被せ物には、セラミック系と金属系(俗に言う銀歯)がありますが、私の通院している歯科医院では、長いブリッジはセラミック系しか無いと言ってますが、本当ですか?セラミック系の被せ物が1カ月で割れてしましました。

奥歯にセラミックを使うと、破折の危険性が大きいので、過去には金属の面で噛み合わせ部分を作ることが推奨されてきましたが、見た目が良くないですね。
しかし、ここ数年は「ジルコニア」という白い材料が主流になっています。かなり丈夫な材料で、奥歯や長い連結ブリッジに安心して使えます。
ご相談されることをお勧めいたします。
  • おっちゃん(57歳 男性 会社員 )
  • 2018年03月12日19時09分
ありがとうございます。長いブリッジでも見た目より割れない金属の被せ物も可能なのですね。
もちろん、従来の、金属の被せ物によるブリッジは可能です。
  • おっちゃん(57歳 男性 会社員 )
  • 2018年03月12日21時36分
とても参考になりました(^○^)大変ありがとうございました(*^◯^*)
 インプラント上部構造に用いることのできる金属材料はありますが、長いブリッジになると強度的に弱く咬合調整も困難なため、ロングスパンのブリッジになるほどより強度的に優れたジルコニアフレームを用いることになります。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除
【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて