主婦さんの相談

カテゴリ:手術前のケア

抜歯時のトラブル

左下5-7にインプラントを予定しています。顎関節症が少しあります。今回相談させていただくのは昨年抜歯した部分の痛みです。(6番は10年ほど前に抜歯) 5番は根の先が太く骨を少し削り、縫合し経過は順調でした。7番は根の形は普通でしたがなかなか抜けず、先生は根っこが病気になっていた?ようなことをおっしゃいました。更に7番は軽度でしたがドライソケットになり、2週間ほどで回復しました。3ヶ月ほどたった頃にたまに痛みがでるようになりました。この痛みが自分でもあいまいなのですが、顎関節症、5番、7番のどこなのかわからない感じで左下が全体に時折ズキズキする感じで、再受診し、レントゲンでは骨は回復していて問題ないとのことでした。
インプラントは抜歯とは違う歯科で予定しており、レントゲン、CTとも特に所見はないのですが、現在もたまに痛みがあり、このまま予定通りにインプラントの手術をするのが心配です。顎関節症は確かに自分でも自覚しているのですが、歯のあった場所まで痛くなるものでしょうか?また、抜歯前の根の病気や抜歯後のドライソケットがあった場合、インプラントに何か影響はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

抜歯時に根の病巣などがきれいにできていない場合はそこに骨が出来ずに軟組織として残るのでインプラントの入れるところにその病巣があればインプラントが感染して骨と結合しない可能性はあります。ただしっかりとした骨があればCTでも確認ができますので、問題なければインプラントは可能かと思われます。
当院へのお問い合わせありがとうございます。

 ご質問頂いた内容に関してですが、可能で有れば左下の痛み等の原因をお調べしてからインプラントを行う事が理想だと思います。
 抜歯前の根の病気に関してはインプラントに影響する事が有るのでインプラントを予定している歯科医院様があるのであれば、そちらで診て頂いた方が良いかもしれません。

また、上記の治療に関してですが大学病院へ紹介する形になる可能性も有るので宜しくお願い致します。
ご相談ありがとうございます。
現在左下5.6.7番がない状態で顎関節の症状がでている可能性もあります。
また連関痛と呼ばれる原因周辺とは離れた部位で痛みを感じる可能性もあります。
また、ドライソケット周辺の骨の状態は治りが悪い場合も考えられます。
インプラント手術前に顎関節の状態と痛みの原因を特定してからのインプラント手術
をおすすめします。

ご不明な点がございましたら、ご連絡くださいませ。
山林歯科医院 山林一公



相談を投稿する

【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて