ミヨチャンさんの相談

カテゴリ:アフターケア

インプラントの周歯病

インプラントとを挿入してから 約7・8年経過しています 使用始めてから 2ヶ月・3ヶ月おきにメンテナンスいってます。 2年前にはかぶせがが揺れていたので かぶせを外してインプラントを閉めました この2ヶ月前からインプラントの歯茎に歯ブラシが当たると 少し痛いです たまには 歯が浮いた感じもします。 食べ物をかむには 支障はありません 痛くありません その都度歯医者に行くのですが 歯茎の掃除を行い、薬を入れてくれます そしてこのまま様子を見ましょう これしか治療の方法がないとのことです かぶせを 取って 中の様子を見てくださいとお願いしましたら レントゲン写真では 骨が下がっているので インプラントも一緒にとれることもあるし まだそこまでしなくても よいのではないかと 言われました。 次は 1ヶ月後に 歯医者に行きます このまま  この状態を続けていくしかないのでしょうか とても心配です 診断を よろしくお願いします。

骨が下がっているとのことと、歯茎に歯ブラシを充てると痛いとのことだけで、最終診断はできませんが、
インプラント周囲炎が疑われます。
昨今、インプラント用にメンテナンスも進化して、
天然歯で起こるような歯周病治療を施すことにより、
周囲炎の進行を食い止めたり、周囲炎により減った骨を
ある程度戻せるまでになってきて、今や不可逆的に進行してしまうという考えは過去のものとなってきつつあります。
しかし、それは徹底的なインプラント周りの除菌と清掃によってのみ可能となります。また、被せの形状、全身状態にも
敏感に反応します。今回の相談では、食べ物をかむには 支障はありません 痛くありません とのこと。まずは主治医に徹底的なメンテナンスをしてもらい、場合によっては光触媒療法や、抗菌療法を駆使して、非観血的に様子を見ていくのは第一段階として大切なことと思います。
天然歯の歯周病のメンテナンス・治療も長期間かかるわけで、インプラントも同一口腔内であるわけで、定期的に観察は必要と考えます。
  • ミヨチャン(70歳 女性 主婦 )
  • 2018年06月19日10時45分
ご丁寧な 返答ありがとうございます
この返答を 参考に 先生と相談しながら治療に 当たっていきますありがとうございました。
ご相談ありがとうございます。
インプラントの違和感についてのご質問ですね。
 レントゲン写真で骨が下がっているとのことより、インプラント周囲炎と思われます。
 治療法としましては、今のまま歯茎のお掃除をして薬を入れる方法と歯ぐきを剥離して積極的に周囲炎の治療を行う2通りあります。ただ、インプラント周囲炎に対してこの方法を行えば必ず治癒すると言うエビデンスはまだありませんが治癒する可能性はあります。
 ですので、積極的に治療されるか経過観察されるかを主治医と良くご相談されることをお薦め致します。
  • ミヨチャン(70歳 女性 主婦 )
  • 2018年06月19日10時41分
早速の返答 ありがとうございます
参考にして 先生と相談しながら 治療していきます ありがとうございました
こんにちは

僕は
インプラントの上部構造を 維持する状態が続いているなら
積極的に 上部構造を外したりしません
車のホィールのネジを緩んでないかを確かめることはあっても しょっちゅうそのネジを外してみることはないのに似てます
テッシュインテグレーションと言われ チタンと粘膜が
それなりに 密着している状況をそっとしておきたいからです

ですから ネジを緩め冠を取り外したりするときは 以下の目的があります
ヾГ侶疎屬髻\響歙のいい形に整える
▲ぅ鵐廛薀鵐箸離優奪部を 外科的に粘膜を開いて
  機械的清掃や薬剤塗布にて郭清する

9とインテグレーション(骨結合)を失っているインプラント の撤去
ぁヾГ梁蚕のため 冠をはずして 修理する

つまり これらのチョイスがない限り 冠は外さないということになります

つまり インプラント周囲炎に対して 積極的外科処置を
選択しないなら 現在の担当医のアプローチも 現実的で
妥当だと言えます

そこらの 判別ポイントを 担当医とご相談なされたら
いかがですか?



  • ミヨチャン(70歳 女性 主婦 )
  • 2018年06月21日10時28分
ご返事
ありがとうございます 先生のご返答を 参考に 引き続き 先生と 相談しながら 治療に 当たります。 ありがとうございました。



相談を投稿する

【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて