yamagutiさんの相談

カテゴリ:その他

インプラントの除去

  • 投稿者 yamaguti さん [60才 女性 会社員] 2018/10/05/ 04:56
  • カテゴリー その他 その他 治療済
  • お悩みの歯 上あご右4番 上あご右5番

宜しくお願いします
13年くらい前に左上歯2本のインプラントを入れました。具合は悪くないのですが、最近、人間ドックを受診しようと思いましたが、MRI、CT等の検査はインプラントが入っていると出来ないとの注意書がありました。私は、今60才です。そろそろ脳も含め全身の事も考える時期にもなっていますのでインプラントの除去を考えるようになりました。歯は年齢よりも悪く家族は渋っているのですが、現在の歯科で、次のインプラントも考えていた最中です。口内全体の事にも少し不安がありセカンドオピニオンも考えていたところもあります。まずは、13年も経ったインプラントの除去の安全性とリスクを知りたいです。それとセカンドオピニオンの医療機関をどうやって探せばいいのかを教えてほしいです。

上記の記載のMRIなどの検査に関してそのような事は一切ありません。
もう一度記載のニュアンスなどが微妙に違ってるのでは無いかと思いますので再度ご確認ください。
もし本気でそのような意味で記載しているのであればそこの医療機関はやめておいた方がよろしいかと思います。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日08時52分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございました。患者ももっと勉強しなくてはいけませんね。頑張って不安を吹き飛ばすよう努力いたします。
磁石を使った入れ歯は外さないとMRIは撮影できませんがインプラントは問題ありません。銀歯や金歯も撮影の前に削り取ったりしないのと同じです。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時01分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございました。ドックの注意書きを見ていた時、そのようにも思いましたが、素人の私には、何か深い意味があるのかとも思い不安が増長してしまい、それ以上の考えには及びませんでした。悩んでいたところ、御サイトがありましたので非常に頼りになり有難いことと感謝しております。
こんにちは、
ご質問の
>13年も経ったインプラントの除去の安全性とリスク
についてですが、しっかりと機能しているインプラント除去するには、周囲の骨を一緒に除去しないと外れない場合があり除去後に骨欠損を生じる可能性があります。
既に動揺している予後不良インプラントでもない限りはっきりした安全性はないと考えられます。MRI、CT等の検査が、インプラントのすぐ近くの状態を確認する為の検査でないのでしたら、除去せずに検査を受けられることをお勧めします。検査予定の検査機関にご相談ください。
また、
>セカンドオピニオンの医療機関をどうやって探せばいいのか
セカンドということは、まずはファーストがあってのセカンドです。
今回の場合でも、最初にかかりつけ医(またはインプラント治療をしたクリニック)の意見を聞き、その上でその上で、必要があれば、かかりつけ医にセカンドオピニオンの相談先を紹介いただくのがスムーズであると思います。
よろしくお願いします。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時08分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
ご回答をいただき安心いたしました。セカンドオピニオンの件も合わせて当然のことと再認識いたしました。今お世話になっている先生と、もっとお話し出来る機会を探ってみたいと思います。
お答えに感謝いたします。
お答えします。
インプラントが入っている人でもMRI.CTは問題はありません。「出来ない」と言った人が明らかに間違えています。ただしインプラントでも自分に歯でも磁性アタッチメントなどの磁石を使っている物に関してはMRI検査で画像がその周囲で乱れます。インプラント自体に問題なければ絶対に撤去しない方がよろしかろうと思います。
セカンドオピニオンはどこでも受けてくれます。ただ前医の治療に不信感を持たせるようなセカンドオピニオンをする医療機関は、別の意図がありますので、やめた方がよろしかろうと思います。

松村歯科クリニック 松村 東栄
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時16分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございました。
仰せの事ひとつひとつが、ごもっともと反省しております。
今、お世話になっております先生にご相談ができるように頑張ります。
御サイトに、ご相談できて良かったです。


確かにMRIを撮影するときには、金属が体内に入っていると、磁気に共鳴して熱を感じることがあります。しかし、2本のインプラントぐらいでは大した問題ではありません。事前に告知することは必要ですが、撮影自体ができないわけではありません。
CTの撮影は何の問題もありません。
セカンドオピニオンの先生はインプラントだけに特化した先生より、歯周病治療や予防治療にも精通した先生をお勧めします。
あとは先生との相性などもありますので、2〜3件行かれて決めたほうが良いと思います。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時25分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
解かりやすく説明してくださり嬉しいです。セカンドオピニオンの件も「歯周病治療や予防治療にも精通した先生」と、私の年齢や口内の状態をお察しいただけたことがさらに嬉しいです。まだ生きている限り、食べていかないといけませんので、このことを今更ですがこの年齢で思い知った実情もあります。(情けないことですが)もっと、現在お世話になっている先生に本音でお話できたらと考えております。ありがとうございました。
MRI、CT等の検査はインプラントが入っていると出来ないというのは間違った認識です。日本の放射線義歯だけが間違った知識を信じています。
インプラントが入っていてもCTやMRIは撮れます。
ただ入れ歯を使っている場合、磁石(磁性アタッチメント)義歯の時は、必ずその義歯だけを取り外して撮影します。
(口腔内から磁性体を外す必要はありません)

過去にレントゲン科の権力のある研究者(現在教授)が実験室における実験で、真鍮という球形金属(最大で直径2センチ大)の周囲の像がゆがむという論文を放射線学会雑誌に投稿したことがあります。

これが、「インプラントが入っているとMRIはだめ」という間違い伝説として広がったものです。デンタルインプラントとは関係ない論文です。また尾ひれが付いて、CTもダメという放射線技師もいます。

「インプラントをしている患者はMRIを撮ってあげない」という一部の放射線技師は、その根拠となる元論文すら読まなまま、変なうわさを信じ込んでいます。患者が本当のことを言っても信じないでしょう。
しかし、単なるうわさを信じるのでなく、勉強をして経験を積んだ放射線技師もいるのです。しっかりと科学的な勉強をしている放射線技師を探すのは患者にとって難しいことなので、本当に困りますね。

  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時39分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
人間ドックの医療機関もたくさんあり無知な私共にとっては、”聞いたことある””知ってる”のような曖昧な位置づけで病院を選択します。そこに記されていることに疑う余地はなく、合わせていく・・・。といった行動に矛先が向いてしまいます。これからもっとインプラントをされている方がドックを望むことになると思います。私自身、本音で言えばインプラントは非常に有難いのです。ただ口内以外の身体についても、安全に安心を望みますし、必要であれば治療もしたいので、どうしたら良いのか、どなたに相談したらよいのやら・・・と悩むばかりです。
ご説明に感謝いたします。ありがとうございました
T,MRIの検査そのものによるインプラントがあるがための体への影響,インプラント体に対しての影響はほとんどありません。
(インプラント体に磁性アタッチメントがついている場合は、MRI撮影で影響がありますがこの場合は考えなくてよいでしょう。)
ただし、CT,MRI画像には、ハレーションによる乱れが出ることが多く全く見えないわけではないですが、若干の診断の妨げになります。
この場合も、頭部に限定されるので、首よりも下の画像に影響は出にくいと思われます。
せっかく13年ももったインプラントを外してしまわれるのは、とてももったいなく思いますが、頭部をっ精密なCT,MRI検査がどうしてもしたい場合は、人間ドッグ担当医とよくご相談されてからの方がよいと思います。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時46分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
実情を教えていただき、少し理解できたように思います。正しく理解していくことが大切ですね。ついつい不安ばかりが先行してしまいました。納得して自分の身体を健康に保てるように頑張ります。
通常のMRI 検査では、インプラント(フィクスチャー)は問題にならないことが多いと思います。
問題になるのは磁石のアタッチメントです。

インプラントに磁石のアタッチメントが装着されていれば、アタッチメントを外してMRI 検査になると思います。

同様に、天然歯(自分の歯)でも、磁石のアタッチメント(キーパー)が取り付けられていたら、除去してMRI 検査になります。

磁石のアタッチメントは、取り外しの入れ歯と組み合わせることが多いといえます。インプラントと入れ歯の組み合わせの場合は、磁石のアタッチメントが装着されているかを、歯科医に聞く必要があると思います。

通常は、磁石のアタッチメントのみを外すだけで、インプラント(フィクスチャー)除去は必要ないと思います。
磁石のアタッチメントはスクリューでインプラントと連結してあるので、スクリューを逆回転すると容易に外れます。
この状態でMRI検査が可能だと思います。もちろん、入れ歯も外して検査です。

検査が終われば、アタッチメントをインプラントに再連結してもとの状態に戻します。

ただし、MRI検査できるかどうかは、最終的にはMRIを操作する人が判断します。歯科医が判断するのではありません。
装置によっては、コンタクトレンズや化粧品でも問題がおきる場合があるようなので、操作担当者に聞いてください。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時51分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
詳しく説明していただきまして、イメージで理解ができてきました。自分の身体のなかに存在するのに、何もわかっていない自分が恥ずかしいですが、納得して取り組めるよう努力したいと思います。お礼申し上げます。
ご相談ありがとうございます。
13年前のインプラントについてのご相談ですね。

結論から申し上げますと、MRI・CT検査のためにインプラントを除去する必要は全くありません。
MRIに関しては磁石を使った入れ歯の場合、入れ歯を外して検査を受けていただければ問題ありません。
ただ検査の時に医師やレントゲン技士の方にインプラントが入っているとお伝えいただければ大丈夫です。

次にセカンドオピニオンに関しては、この様な立派なサイトもありますし、ご近所の評判で探されるのが良いと思います。
インプラント治療や矯正治療などはメインテナンスの事を考えると、ご近所で評判の良い歯科医院で受けられるのが一番と考えます。

  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日09時56分
明確にお答えいただきまして、ありがとうございます。
セカンドオピニオンの件も、仰る通りと思います。
自分の身体を維持していく良い方法が見つかるよう頑張ります。ご回答に感謝いたします。
 何年か前から、健康診断の注意書きにインプラントが入っている場合は報告してくださいという注意書きが入るようになりました。MRIもCT検査もどのようなインプラント体を使っても問題ないです。ほかの金属の補綴物と同じです。何故、このような注意書きが入ってきたかを考えた時に、インプラントだけではないのですが、磁性アタッチメントを入っていた場合はCT検査は問題ないのですが、MRIでは、磁場が乱れて、判読できなくなるからです。私も15年くらい前に普通の歯に磁性アタッチメントを入れた患者さんが歯科のある中核病院からMRIをするので、磁性アタッチメントを一時的に外してもらう依頼を受けたことがあります。ネジを回す器具がないと、取れません。MRIは急に撮影する場合もあるのでそれ以来磁性アタッチメントををすべて外して使用していません。インプラントに磁性アタッチメントを使用する場合はありますがその場合は義歯の下にいれます。今回は多分、前歯なので磁性アタッチメントを使用していないと思いますので、CT検査、MRI検査とも問題ないと思います。注意書きは、正しくは磁性アタッチメントに直して欲しいですが、それを理解している患者さんと人間ドッグの関係者が少ないので、このような表現になったのだと思います。

一般的にインプラント体の除去は、きちんと機能した状態であれば埋入の手術よりはリスクや外科的侵襲は大きいと考えられます。
セカンドオピニオンについて口コミやネットで調べるのがいいと思います。大学病院は、セカンドオピニオンはしてくれますが、すべて自費診療になります。それでも大学病院が良ければ歯科医院から予約すると待たないでみてもらえます。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日10時03分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございました。
実情を詳しく解かりやすく説明していただき非常に心強く思います。自分の身体に入っているものに対して無知なことを改めて感じます。年齢的に、これから医療機関にはお世話にならざるを得ないと思います。年を取っていく大変さを実感している最中です。アドバイスいただき大変感謝いたします。
お悩みのほどお困りのようですね。
さて、本題ですが、インプラントがあるとCT、MRIが撮影できないというのは一部間違いです。当然、撮影部位によって見えなくなったりする場合もありますが、通常は問題なく撮影できますので、何の障害もないインプラントを除去する必要はありません。そして、インプラントと一口で言いますが、歯科で入れているのは歯科用インプラントであり、インプラントは関節に入れるものもあれば全身用のもあるのです。このあたりに語弊が生じるケースがあります。
 また、単純にも考えていただければわかると思いますが、CTもMRIも医療選先進国で行われている検査法であり、歯科用インプラントも医療先進国で行われているものです。もし、歯科用インプラントが入っていると医科の検査できないというのでは、医療先進国では禁止されているでしょう。
 さらに、セカンドオピニオンも手ではありますが、まず主治医を信頼してご相談いただくのがよろしいかと思いますよ。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日10時11分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
悩みをご理解いただいて、嬉しく思っております。
自分の身体に入っているものに対して自分が理解していなかったことも不安の原因です。まずは、適切な判断を下していただけるドックを探し、口内のことに関しては、現在お世話になっている先生に、しっかりお伝えできるよう頑張ってみます。
ありがとうございました。
yamagutiさん、はじめまして。まず、MRI,CT等検査について金属による像のアーチファクトの影響でしたら心配はありません。ただし、インプラント体や歯根上部構造体に「磁石」を利用したものを装着されていると話は別になりますので分からなければかかりつけ歯科医にお聴きになって下さい。次に現在かかられている歯科以外にセカンドオピニオンを受けたいとの事ですが、理由はともあれ一般的にご家族やお友達、仕事仲間やネットなど評判をお調べになられ、ご本人様がその治療方針に対し納得いく説明をお聴きになられたら良いと思います。何々博士、何々専門医・・・最後は、歯医者と患者様との人間関係における信頼関係ではないでしょうか。お答えになっていますでしょうか。ご健口人生を頑張って下さい!心よりお祈りしています。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日10時26分
お忙しいところ、ご回答いただきまして有難うございます。
私の不安をお察しいただき感謝いたします。口内から全身の健康が維持されることを今更ながら感じている毎日です。それだけに切実な悩みでもあります。各々の悩みを地道に解決していこうと思います。健口、健康、頑張ります。ありがとうございました。
ご相談ありがとうございました。
私自身、インプラントがMRI,やCTの障害になったことはないので、
明確に回答することは難しいです。
左上のインプラント除去のリスクについては、上顎洞に近接してる場合は、上顎洞穿孔が考えられますが、CTを撮って慎重に行えば特に問題はないかと思います。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日10時29分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございました。障害になったことがないという実例は心強いです。
こんにちは。
インプラントとMRI及びCTでの検査についてですが通常インプラントを埋入していたとしてもMRI及びCTに関しては審査診断に大きな影響はないと考えられており、日本口腔インプラント学会でも同様の見解が出されています。
http://www.shika-implant.org/qa.html#q21
ただし、オーバーデンチャーなどで磁性体を使用したアタッチメントを使用している場合は影響が出る可能性がございますので診査診断時に取り外さなければならないかもしれませんが埋め込まれたインプラント体を撤去する必要はないと考えています。
また、現在60歳とのことですが、yamaguti様のこれから先の人生を考えますと不具合のないインプラントを撤去するというのはインプラント治療を受けられる患者様の多くがyamaguti様の同世代であることを考えても、非常にもったいないのではないかとも思います。
しかしながらどうしても撤去なされるのであればある程度、撤去の実績を持った医院を選択されるのがよろしいのではないでしょうか?当院ではインプラントに関する相談は無料で行っておりますが、同様に無料相談を受けておられる先生がお近くにいらっしゃるかと思いますのでお時間が許せば何人かの先生とお話いただき、その中でyamaguti様が信用できると感じた先生にお願いするのがベストではないでしょうか。
  • yamaguti(60歳 女性 会社員 )
  • 2018年10月07日10時35分
お忙しいところ、ご回答いただきまして、ありがとうございます。
貴重なアドバイスをいただきまして感謝いたします。
口内の悩みは、まだまだあります。生きているかぎり食べる行為は必要ですので、いろいろ探ってみたいのが今の心情です。ありがとうございました。
こんにちは。ご質問の件ですが、インプラントが原因でCTやMRI検査が出来ないということはありません。ですから、インプラントを撤去する必要もありません。
人間ドックの先生にご相談され、どうしても無理ならば、他の病院を当たってみられてはどうでしょうか。



相談を投稿する

【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて