やのさんの相談

カテゴリ:その他

ネジ穴の蓋

こんにちわ。相談いたします。
右下7と6番をインプラント終了しましたが、1週間ほどでネジ蓋が削れてへこんできます。
もう4回埋め直してもらいました。
3回目から接着剤?を変更したので、1か月くらいはもちましたが、また削れてきてます。
たぶん土台がセラミック、蓋はプラスチックと思います。
素材の相性が悪いのでしょうか?
また、土台と蓋の素材の組み合わせがあればお知らせください。
宜しくお願いします。

インプラントと補綴物をネジで固定するためのネジ穴のことだと思います。最終的には強度のある充填剤で充填されると思います。心配の必要はありません。
  • やの(55歳 女性 会社員 )
  • 2017年05月11日22時22分
有難うございました。
ネジ固定タイプではよくあることです。しかしながら、難しい問題です。完全に強固な蓋をしてしまうと、セラミックを外す時にネジ山を削ってしまい、全てやり直さないといけない可能性があるので、わざとセラミックより脆い素材を選択しますし、入れすぎるとプラスチックを取り除く時にネジ山を削ってしまいます。
このあたりは、ネジ固定タイプのしかたない特性と理解していただける方がよいかもしれません。
一応セラミック用の接着剤は随分進化していますが、基本的にセラミックは接着には向きません。定期的にやり直すほうが、固めてしまうよりも、ネジが緩んだり、インプラント周辺が感染したときの補綴物を外せるメリットと考えた方が長い目で見ると良いと思います。ドクターと相談し、将来性を見据えて材料の相談をオススメします。
  • やの(55歳 女性 会社員 )
  • 2017年05月11日22時26分
有難うございました。
参考になりました。
こんにちは

インプラント上部構造は、ネジ固定 と セメント固定 があります。
やのさんの上部構造は前者みたいですね。

ネジ固定は、問題が生じた時に術者が、冠を壊さず容易に上部構造をはずすことができるという大きなメリットがあります。
実は私もほとんどのケースで、このネジ固定を選択しています。
ネジ固定のデメリットはコストが高いことの他、今回問題となっているネジをとりはずす穴 アクセスホールがあることです。
そもそも、このアクセスホールは点検穴ですから、外せるようにしておかなければなりません。
したがって、へこんだり、摩耗するのはいたしかたないことです。 
仮に、このアクセスホールが長期にわたって外れていたとしても、骨吸収に至る感染には至りませんので、大きな問題とは考えられていません。
確かに、金属よりセラミックのほうが仮封材料のレジンが接着しにくいのは事実ですが、私はアクセスホールの入り口を粗面にしたりの工夫をしています。
レジンについての選択の結果は、大して差はないと考えます。

たとえ、とれたとしても大きな問題は出ませんので、次の検診の時に補修してもらう、そんなところで問題はないと思いますよ。

O型の僕はそう思いますがいかがでしょうか。
  • やの(55歳 女性 会社員 )
  • 2017年05月11日22時36分
有難うございました。
もう少し気楽にとらえれば良いのですね。
AB型゛て少々神経質なのかも、
参考になりました
ご相談ありがとうございます。
ネジ蓋がへこんでくる事へのご質問ですね。
かぶせ物(上部構造)にネジ穴があるということは専門用語でスクリュー固定方式と言います。スクリュー固定は上部構造を何らかの原因で取り外ししたい時にネジを緩めるだけではずれますので便利な方法です。
しかしおっしゃる通りネジ蓋の材料がへこんだり、はずれたりするのも事実です。
はずれることに関しては各種プライマーを用いることで接着力は向上し解決しますが、へこみに関してはおそらく上下の隙間(クリアランス)が少ない為に上顎の歯が下のインプラントのネジ蓋に当たっているのが原因かと推測します。
そんな時は患者様の了解を得て、当たっている上顎の歯を少し削らせていただくか、もしくは上顎の歯を矯正でポジションを変更させるかなど対処法を相談することになります。
ですので、主治医の先生に対処法についてご相談されるのが良いと考えます。

  • やの(55歳 女性 会社員 )
  • 2017年05月11日22時42分
有難うございました。
へこみは、上の歯にも原因があるのかもですね。
参考になりました。
こんにちは。
早速、ご質問にお答えさせていただきます。

インプラントの上部の被せ物をネジで固定するタイプと推測します。
現在は、主流のインプラント上部の固定方法の一つです。
メリットは、〇肉炎を起こしにくいこと⊆茲螻阿靴必要になった場合、比較的用意に取り外せること
デメリットは、(数の連結が必要な場合は適合が難しいこと  ∈2鵑里漢蠱未離院璽垢砲覆襪隼廚い泙垢、ネジにアクセスする穴を防ぐ蓋(レジン)が削れやすいこと が挙げられます。

セラミックとレジンは接着力が弱いので、外れることもあります。
特に、対合の歯が、噛み込んで来る場合は、削れやすくなります。(少し調整してみるのは一つかもしれません)

削れると、舌触りが悪くなるので、気になると思いますが、実はそれほど大きな問題ではありませんし、レジン以外の蓋は、あまりお薦めはできません。
定期的なメンテナンスで、必要があればつめ替えを行うことで十分かと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
  • やの(55歳 女性 会社員 )
  • 2017年05月17日21時32分
こんにちわ
削れるものだと教えていただいて、あまり神経質に気にしないように気持ちを切り替えました。
ご丁寧に有難うございました。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除
【 インプラントネット ドクター特集 】

専門家が教える歯科インプラントのすべて