手術について その他(東京都 33歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:手術について その他

治療前に入れ歯を外し伸びてしまった歯を削る必要があると言われましたが大丈夫なのでしょうか?また歯を失って年数が経過していてもインプラント治療はできますか?
インプラントを希望している者です。
奥歯をなくして数年経過し、その間入れ歯を装着しなかったため、その上の歯が伸びてきていると言われました。インプラントの治療の前にその歯を削る必要があると言われました。問題ないといわれましたが大丈夫なのでしょうか?また歯を失って年数が経過していてもインプラント治療はできますか?

[東京都 33歳 女性 主婦]

手術について その他

> 奥歯をなくして数年経過し、その間入れ歯を装着しなかったため、その上の歯が伸びてきていると言われました。インプラントの治療の前にその歯を削る必要があると言われました。問題ないといわれましたが大丈夫なのでしょうか?

長期間安定した状態でお口の中を治療するためには、数さえそろっていればいいというものではなく、全体のバランスを整える必要があります。歯の抜けた状態で期間が経過している場合に、はなさんの様に反対側の歯が出っ張ってしまっている事が良くあります。でこぼこは、治した方が”咬み易い”し”手入れも楽”になります。どの程度削る必要があるかによりますが、エナメル質の範囲内の調整ですむのであれば全く削った影響はないと思われます。それ以上の調整が必要な場合はかぶせ物を入れたり、程度によっては骨や歯茎の整形手術が必要な場合もあります。後者の治療まで必要な場合は、「問題ない」とは言い切れません。
しかし、せっかく思い切ってインプラント手術までされるわけですから、”咬みにくかったりもちが悪くなったり”するよりも、主治医の先生の指示に従って必要な処置はしていただいた方が”はなさん”にとっても得なのではないかと思われます。

> また歯を失って年数が経過していてもインプラント治療はできますか?

「歯を失って年数が経過」してしまったからインプラント治療できないという事はありません。
しかし、歯がなくなると多くの場合、だんだん骨が萎縮してきてしまいます。現在ではインプラント治療の技術がかなり進んできていますのでそういった場合でも、「骨造成手術」という追加の手術を行う事により治療可能となります。萎縮の程度によりますが、そういった追加手術をすることによりリスクも増えるわけですからやらずにすめばそれに越した事はないです。またそういった要素以外に、内科的な疾患を基礎疾患としてもっている場合に治療しづらい場合もあります。ですから、もしインプラントの治療時期を後へと検討されているのでしたら、今の体調が維持できているかどうかも、インプラント治療の可否を決定する一つの要因として考える必要があるかも知れません。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です