(神奈川県 38歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:

上右奥3番目をインプラントにしようと思い、大学病院に行ったところ、「骨(右下のあごの骨)を移植してインプラントをしたほうがいい」と言われました。骨を移植してまでインプラントにするべきでしょうか?他に何か方法があるのでしょうか?
骨を移植してまでインプラントにするべきでしょうか?上右奥3番目の歯を2年程前に失い、その部分をインプラントにしようと思い、東京の大学病院に行ったところ、「骨(右下のあごの骨)を移植してインプラントをしたほうがいい」と言われました。私は30代後半で、上顎の骨も特別細いわけではないそうなのですが、10ミリちょっとのインプラントを埋めるのに8ミリ程の骨じゃ足りないそうなのです。短いインプラントを埋める方もあるそうですが、病院の統計上(手術の成功率や耐久率など)により、10ミリくらいのインプラントを埋めるのが良いと言われました。骨を移植する事に大変抵抗があります。出来れば、骨を移植したくないのです。骨を移植するしかないのでしょうか?他に何か方法があるのでしょうか?

[神奈川県 38歳 女性 主婦]

レントゲンを見ないとなんともいえないのですが、骨を再生移植しないでインプラントを行う方法には状況によって三つの方法があります。
1.ザイゴマインプラント(上顎洞を通過して頬骨に固定を求める。20 mm位のインプラントを埋入する)
2.斜めインプラント(周囲の既存骨を利用して斜めインプラントを埋入)
3.太いインプラントの埋入法(骨の高さが最低でも6mmあれば太くて短いインプラントを埋入)
です。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です