(愛知県 27歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:

インプラント埋入前にとくに説明もなく、不安だらけです。この様なケースは多々ある事なのでしょうか?
初診でレントゲン撮影の結果、骨が足りないので骨移植をする事になり、
1ヵ月後の本日、骨移植の為再来院しました。歯肉を切開した結果、骨がインプラント可能な程に
形成されていたので 急遽インプラントを埋入する手術を行いました(麻酔をし、切開したので1度で済ませる為だそうです)。通常行う、骨の小型3DのCT撮影をせずに施術をしたので不安が残りましたが、
切開し骨の確認が済んでいるので、CTは必要なくなった、との説明でした。
インプラントの埋入は1回法でしたが、術前にその説明がありませんでした。何もかも、急遽行われたので、
心の準備ができず不安だらけです。

この様なケースは多々ある事なのでしょうか?
CT撮影を行っていれば、骨移植が必要でない事が分かり、切開する必要もなく、インプラント埋入も
予定された日程を組んで行う事ができたんではないでしょうか?埋入されたボルトも、歯と歯の真ん中よりは
片方に寄っていて、隣の歯に当たっている状態です。このまま、歯をつけて大丈夫なのでしょうか?

なにぶん、麻酔をし、歯肉を切開された状態だったので話す事ができず、質問ができなかったので、
ただ言われるがままに施術を受けてしまいました。
この様なケースで本当に正しかったのかどうかを教えて下さい。

[愛知県 27歳 女性 会社員]

ご指摘の状態はある程度、予想可能な状態ですので、本来はあらゆる可能性があることを
歯科医師が説明するべきでしょう。
歯肉の剥離を行えばCTをとる必要がないのは其の通りです。
CTはあくまでも、ひとつの情報に過ぎず、実際の状態と若干異なることはありえることです。
今後のこともありますので、わからないことは何でも直接ご質問された方が、
疑念を解消できる近道であると思います。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です