手術について 審査と診断(静岡県 39歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:手術について 審査と診断

インプラントを考えているのですが、かかりつけの医師は、現段階でのインプラントは進められないとの事です。
ぎりぎりまで入歯で過ごしてからインプラントにした方がいいのでしょうか?予算的にも一度にした方がいいのですか?
幼少の頃から虫歯が多く、全歯の治療を繰り返し、ボロボロの状態です。
現在、喪失歯は10本。ブリッジや部分入歯2つをしている状態です。
インプラントを考えているのですが、かかりつけの医師は現段階でのインプラントは進められないとの事です。
でも確かに、今後数年で喪失せざるおえない歯は増える可能性が大きいのです。医療だってどんどん進歩しているので、もっといい治療法やインプラントができる可能性もあります。ぎりぎりまで入歯で過ごしてからインプラントにした方がいいのでしょうか?予算的にも一度にした方がいいのですか?

[静岡県 39歳 女性 主婦]

手術について 審査と診断

お口の健康をこれから長年維持していくためには、左右両奥歯のかみ合わせが安定していることが一番重要です。
どの部分にブリッジや入れ歯を装着されておられるのかわかりませんが、おそらく顎の位置が不安定になっていることが想像されます。
かかりつけの医師が、どのような理由で「勧められない」をおっしゃったのか、疑問です。
口のなかを総合的に診断し、今後崩壊するのを食い止めるのにインプラントが有効ならば、必要部分はしっかり修復したほうがいいでしょう。
医師の技量の限界から「勧められない」ということも考えられますので、インプラント専門の医師に相談されることをお考えになってもいいかと思います。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です