様々な治療法 骨再生(北海道 45歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:様々な治療法 骨再生

ブリッジになっている右上奥歯のインプラントがぐらついてきたので、担当医に相談したところ、骨が細くなっているので、人工骨(牛骨)を入れるか、もう1本インプラントを入れた方が良いと言われました。人工骨(牛骨)を入れる場合は費用がかからないそうです。しかし、もう1本インプラントを入れるとなると費用的に難しいのでどうしようか迷っています。
右上の奥歯が3本無く、5年前にそこに2本インプラントを入れました。
最近その奥歯がぐらついてきたのでインプラントを入れた歯医者に行ったところ、「骨が細くなっているから、人工骨を入れるか、もう1本インプラントを入れた方が良い」と言われました。
また、「口腔内のどの部分も骨が痩せているため、どの部分からも骨の移植は難しいので牛骨を入れ、インプラントを再挿入すると今よりは奥歯が安定する。もしくはもう1本インプラントを入れると良いかもしれないけど元々骨が細いから時間が経つとぐらついてくるかもしれない」と言われました。
人工骨を入れる場合は費用がかからないけど、もう1本インプラントを入れる場合は費用がかかるとの事で人工骨(牛骨)を入れて様子を見る事にしました。
やはりもう1本インプラントを入れた方が安定するのでしょうか?
もう1本インプラントを入れるのは費用的に難しいのでどうしようか迷っています。

[北海道 45歳 女性 その他]

様々な治療法 骨再生

ブリッジになっているインプラントの奥の方が1本ぐらついてきた、とのことですね。詳細をわかりかねますがインプラント周囲の骨が吸収し動揺いている状態だと思われます。
そのような場合ですと、牛骨由来の人工骨を用いて骨を補うという処置にインプラントを支える骨となる効果があるかどうか疑わしいと思います。また、ブリッジでつながっている手前のインプラントにとても強い加重負担が発生していることが予想されますので、手前のインプラントを守るために噛み合せを外し、新たなインプラントを埋入し連結させる方が良いのではないかと思われます。インプラントが動揺をおこすほど周囲の骨が吸収するか感染をおこしているような場合、せっかくのインプラントで残念と思われるでしょうが、周囲への悪影響を考えると抜歯された方が良いかもしれません。担当医ともう一度治療の詳細についてお聞きになられた方が宜しいかと思います。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です