手術について 審査と診断(北海道 45歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:手術について 審査と診断

現在、海外に住んでおります。 一番奥歯の手前の歯(親知らずの隣の隣)がグラグラ揺れ、時々長時間痛みます。将来的に日本にてインプラントをしたいのですが、いつ抜歯をすべきでしょうか?
現在、海外に住んでおります。
左上親知らずは、15年ほど前に抜歯済みですが、現在ある、一番奥歯の手前の歯(親知らずの隣の隣)がグラグラ揺れ、時々長時間痛みます。舌側は、歯茎が痩せて歯の根元が見える状態になっています。
将来的に日本にてインプラントをしたいのですが、今は海外在住で当地でのインプラント治療は考えていません(医療設備・技術ともに不安な国の為)。
日本への本帰国は、1年半から2年後の見込みです。
いつ抜歯をすべきか考えております。このまま本帰国まで抜歯せずにおくか、一時帰国の際に抜歯だけして何か処置を施すべきなのかアドバイスをよろしくお願い致します。(今月末から10日間ほど日本へ一時帰国を予定しております。)

[北海道 45歳 女性 主婦]

手術について 審査と診断

確かに前歯であれば、抜歯と同時にインプラントの埋め込み等行った方が良い場合がありますが、今回のご相談部位は奥歯ですので、抜歯しておいても問題ないかと思います。
ただし、咬み合わせのバランスが崩れてしまいますので、辛いかもしれませんが、応急的な入れ歯等を入れておいて下さい。
歯が無くなると咬んでいる相手の歯が飛び出してきます。1度飛び出してしまうと矯正を行うか、大きく削るか面倒な状況になりますので、この処置は重要です。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です