手術について 審査と診断(千葉県 43歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:手術について 審査と診断

上顎奥歯にインプラント手術をする際、サイナス部に人工骨、または自分の骨を使用した場合、手術の成功率や正常に使用できる期間はどのくらいでしょうか?
上顎奥歯2本(6番・7番)を抜きました。
インプラントを入れたいのですが、サイナス部に人工骨または、自分の骨を使用した場合、約5年後にはぐらついてしまうとのことで、部分入れ歯を勧められております。

そこで質問です。

/郵骨、または自分の骨をサイナス部に使用した場合、インプラント手術の成功率、正常に使用できる期間は、どのくらいでしょうか?

▲汽ぅ淵紘瑤帽を埋め込まずにインプラント手術するためには、自分の骨の厚みは何mmあれば可能でしょうか?
※斜めにインプラントを入れたくはありません。

アドバイスよろしくお願い致します。

[千葉県 43歳 男性 会社員]

手術について 審査と診断

‐絣榮兇某郵骨とご自身の骨を使用した場合、骨量が少なく側方から窓開けをしてアプローチする状況でお答えします。
人工骨も多種多様であり、DBBM(牛由来脱灰骨ミネラル)を用いた九つの論文では、インプラント荷重開始12−60ヶ月後の生存率は、89-100%(中央値94.3%)でした。
インプラント埋入後、荷重開始期間は3ヶ月以上が一般的です。
インプラント埋入前に骨増生を行う場合はさらに5−9ヶ月の治癒期間を必要とします。

⊂絣榮兇紡个靴謄▲廛蹇璽舛鮃圓錣覆ぞ豺隋∨棒綸距離が十分にある場合、スタンダードな長さのインプラントを使用する場合、10mm程度は必要となります。


クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です