歯科用語集

オステル(おすてる)

別名:共振周波数分析器
インプラント(フィクスチャー)の安定と骨の質を測定する機器です。共振周波数分析器とも言います。
フィクスチャーあるいはアバットメントに取り付け、電子音叉のような機能を持ったトランスデューサーを用いて共振周波数を測定します。
測定した結果は、ISQ値(インプラント安定指数)として表示されます。この数値は、インプラント周囲の骨の高さや質、結合力やその固定の状態によって変わります。
これによりインプラント埋入時の安定性、および骨結合と骨形成の変化を時系列で測定することができます。
インプラント(フィクスチャー)への機能時期の予測から、発生する可能性のある不具合を予見が可能であるため、早期負荷・即時負荷インプラントに対してオステルは有効とされています。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証