歯科用語集

根分岐部病変(こんぶんきぶびょうへん)

歯根が2〜3本ある複根歯(上あごの大臼歯、小臼歯、下あごの大臼歯)の歯根が分かれる部分に生じる病気による変化。歯周病などが原因で歯根の間の骨がなくなり、悪化した場合、貫通する。
進行程度により、処置が異なる。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証