歯科用語集

オッセオインテグレーション(おっせおいんてぐれーしょん)

インプラント体の素材であるチタンが骨に結合すること。1952年にスウェーデンにある大学教授のペル・イングヴァール・ブローネマルク博士がチタンと骨の組織が拒否反応を起こさず結合することを発見し、ラテン語で骨を表すosと英語で統合や一体化を表すintegrationの組み合わせた造語からこの名称を名付けた。チタンの膜を覆っている酸素分子を通し、顎の骨と強く結合する。チタンと骨が結合するまでに数カ月かかる。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】

<PR>
インプラント10年保証