歯科用語集

脱灰(だっかい)

歯の表面の歯のエナメル質などからリン酸カルシウムの結晶が溶け出すことをいいます。
脱灰が進行するとエナメル質が白濁する初期のう蝕(初期虫歯)となり、進行するとエナメル質に穴があいて重度の虫歯になる恐れがあります。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証