歯科用語集

再石灰化(さいせっかいか)

再石灰化とは、むし歯菌などがつくった酸で溶かされた歯のエナメル質表面の無機成分(ハイドロキシアパタイト)が、唾液などの働きで再び歯の表面に形成される現象」のことをいいます。
唾液の中には、リンやカルシウムが溶けていて、そのリンやカルシウムが歯の中にしみ込むことで再石灰化がおきます。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証