歯科用語集

擦過痛(さっかつう)

虫歯や歯周病や誤ったブッラシングや噛み合わせが原因で、象牙質が露出し、
歯ブラシの毛先や爪楊枝などで、歯の表面を触れた(すった)際に生じる、一過性の痛みのことをいいます。
虫歯以外で擦過痛が生じる場合は、象牙質知覚過敏症(知覚過敏)の疑いがあります。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証