歯科用語集

ドライソケット(どらいそけっと)

抜歯後、血餅が剥がれたり、傷口の治癒に異常があると、感染によって骨面(歯槽骨)が露出して、激痛を発する症状。

ドライソケットの処置は、抗生剤を含ませた軟膏やガーゼを患部に詰めて、炎症を抑えて自然治癒を待つ方法と、
炎症が落ち着いた後に、傷口を掻き出して再出血させた後、血餅[けっぺい]を形成させる方法、
傷口を糸で縫う方法などがある。
いずれにしてもこのような症状が出たら、すぐに歯科へ連絡し、受診しましょう。
ドライソケット




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証