歯科用語集

埋伏歯(まいふくし)

何らかの原因で、歯が生えてくる時期が過ぎても、歯(歯冠[しかん])の全部、または一部が、歯ぐきの下またはあごの骨のなかに埋まって出てこない状態の歯のことをいいます。
乳歯が早く脱落したり(早期脱落)、遅くまで残っていた場合(晩期残存)や、あごの骨が十分に発育していなくて永久歯の生えてくる場所が不足することなど、さまざまな原因があります。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証