歯科用語集

歯ぎしり(はぎしり)

別名:ブラキシズム
寝ている間や無意識的に、上下の歯を噛みしめたり、すり合わせたりすること。
以下の3つの型に分類されている。

1. グラインディング
いわゆる「歯ぎしり」で、ギリギリと音をたてて、強く歯をこすり合わせる習癖。
就寝中に発生することが多く、歯のすり減りが起こりやすい。

2. クレンチング
上下の歯を強く「噛みしめる(食いしばる)」習癖。
音をたてることがなく、他人に指摘を受けることがあまり無いため、気づきにくい。

3. タッピング
上下の歯をカチカチと連続的に速く噛み合わせる習癖。グラインディングやクレンチングと比べて、起こりにくいといわれている。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証