歯科用語集

斑状歯(はんじょうし)

正しい呼称は慢性歯牙フッ素中毒症。
まだら模様になった歯のことで、長期間にわたりフッ素を過剰摂取した際、歯の表面に白や褐色のまだら模様のシミが現れることがあります。
斑状歯は永久歯が生えてから14歳前後までに現れます。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証