歯科用語集

過剰歯(かじょうし)

歯種によって決まっている数を超えて存在する歯のことをいいます。
下顎より上顎に、乳歯より永久歯に多く存在します。なぜ過剰歯ができるのか、現在のところ原因は不明です。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証