歯科用語集

小帯切除術(しょうたいせつじょじゅつ)

歯肉歯槽粘膜形成術(MGS)の1つで、歯ぐきと唇の間のすじの一部、あるいは全部の切除することにより、歯ぐきと唇の間のすじの異常発達、形態異常などによるそのまわりの歯肉や歯と歯の間の歯肉への異常な張力を緩和して、歯周病や歯間離開の原因を除去する。




このページの先頭へ


【 インプラントネット ドクター特集 】
<PR>
インプラント10年保証