インプラントの症状別トラブル <歯茎が腫れてきた!>

歯茎が腫れてしまった!

インプラント治療をした部分の歯茎の腫れがある、または、歯茎がぶよぶよと盛り上がっている場合、その原因と対処法、歯医者を受診するときのアドバイスについてご紹介します。 

歯茎の腫れを引き起こす原因

■インプラント術後の腫れ

次のことが原因で起こっていることが考えられます。

  1. 1. 術後の一時的な腫れ
  2. 2. 細菌感染
  3. 3. 何らかの理由でインプラントが顎の骨に結合していない
■インプラント治療が完了した後の腫れ

次のことが原因で起こっていることが考えられます。

  1. 1. インプラント周囲粘膜炎、または周囲炎によって、歯と歯茎の間に細菌が増殖している
  2. 2. インプラントが抜けかかっている
  3. 3. 病気やホルモンバランスの乱れなどの健康状態や、服用薬が関与している
  4. 4. 隣にある歯の炎症が波及している

腫れた場合の対処法

インプラント治療後の腫れ

自分自身で原因を特定し、状態を落ち着かせることはできませんので、歯科医院に連絡して受診しましょう。

手術直後の腫れに関して
傷口が治っていく過程で一時的に起こり、やがて治っていくこともありますが、そうでないこともありますので、確認しておくことが望ましいでしょう。

治療が完了した後の腫れに関して
放っておかずに、早めに相談しておきましょう。放っておいたことで、周りにある歯に影響したり、腫れが広がったりすることもあります。

受診するまで時間がある場合は、可能な範囲でブラッシングやうがいなどをして、お口の中を清潔に保ちましょう。また、硬い食べ物や、刺激のある食べ物(辛い物、熱すぎる物)は避けるようにしましょう。刺激で痛みが生じたり、炎症が大きくなって腫れたりすることも考えられます。

※腫れが大きく、痛みを伴う場合
近隣の歯科医院と連絡が取れない場合、各自治体で実施している休日や夜間の歯科診療所へ行けない場合は、薬局で薬剤師にアドバイスを受け、痛み止めを服用するとよいでしょう。また、水道水で濡らしたタオルなどで頬を冷やすことで、和らぐこともあります。しかし、氷や保冷剤など患部を冷やしすぎると、血行が悪くなって新たな問題を起こすこともありますので避けましょう。

歯科医院で先生に伝えること

■伝えておくこと
  • 腫れに気付いた時期やきっかけ
  • 腫れてから受診するまでに服用した薬
■聞いておくこと
  • 日常生活で注意すべき点

歯茎の腫れの多くは、細菌の増殖が関与していますので、炎症が落ち着くまで1週間〜10日ほどかかることが多くあります。内服薬はすべて飲みきることで効果が現れますので、途中で中断しないようにしましょう。 




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材