インプラントの症状別トラブル <治療した歯の周辺が痛い!>

治療した歯の周辺が痛くなってきた!

インプラント治療を受けた周りが痛む場合、どうすればいいのでしょうか?考えられる原因、対処法、歯医者へ行くときのアドバイスについてご紹介します。

治療した歯の周辺に痛みが出る原因

インプラントは、周りの歯、神経、上顎洞粘膜など様々な組織と近接しているところに埋め入れます。ごく稀に、インプラント治療部分が原因となり、周辺の痛みを引き起こすこともあります。

    【手術直後にその周辺が痛む場合】
    次のことが原因で起こっていることが考えられます。
  1. 1. 手術後の腫れによって、近くの組織が圧迫されている
  2. 2. 手術によって、近くにある組織が損傷した
  3. 3. インプラントを埋め入れる過程で起こった骨の火傷(オーバーヒート)
    【治療が完了した後にその周辺が痛む場合】
    次のことが原因で起こっていることが考えられます。
  1. 1. インプラント周囲炎が関与している
  2. 2. インプラントのパーツが緩み、それが関与している
  3. 3. 周りにある歯の炎症が関与している
  4. 4. 噛み合わせの変化によるもの

痛みが出た場合の対処法

自分自身で原因を特定することはできませんので、歯科医院に連絡し、症状を伝えておきましょう。放っておくと、やがて状態が悪化し、お口の機能に影響がでることもあります。

【手術直後にその周辺が痛む場合】
時間の経過とともに治ることもあれば、何らかの処置が必要となることもあります。自己判断せずに歯科医師に相談しておきましょう。

【治療が完了した後にその周辺が痛む場合】
突然現れた痛みは、お口の中で何らかのトラブルが起こっていることが考えられます。適切な処置を受けることで、周辺の痛みが改善されることもあります。気が付いたらすぐに連絡し、お口の状態をみてもらいましょう。

歯医者へ行くときのアドバイス

■伝えておくこと
  • 痛みだした時期やきっかけ
  • 受診するまでに服用した薬
■聞いておくこと
  • 日常生活で注意すべき点

痛みが治まったとしても、歯科医師にその症状を伝えておきましょう。お口の状態によっては、治療が必要となることもあります。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材